2018.05.01 (Tue)

GW前半戦?(の後半編)

合間にNetflix観たり。

『ロスト・イン・スペース』、満を持しての解禁。第2話を観終わった所だが、「次から次~」の難事に対するソリューション(解決)ぶりが痛快。宇宙家族たち、やたら賢いし、勇者。(家族以外で最悪キャラも出てくるけど。)

SFだと忘れちゃいけない。とっくに観終わっちゃったけど『オルタード・カーボン』もブレードランナー的世界観で魅させてもらいやんした。原作本だと他編があるらしいから、こちらは新章期待出来そうか。但し、製作費半端なさそう。

ほんで、自分的には3月末に『ビリオンズ』S3がスタートしたのは大きいですね~。
まあ、ドラマや映画には観ててどっか気が散ったりするようなものもなくはない(どれとは言わない)のだが、『ビリオンズ』については再生ポチ直後からソレ皆無!毎週の更新待ち。

4月中かけて『ナイルの秘密』というのを観ましたよ。設定は20世紀中盤、エジプト・アスワンの高級ホテルを舞台にしたミステリーで全30話。(うん、ドラマ愛好家捕獲系。10話ぐらいで一件落着?しそうになったが、そうではなかった。30話まで完走。こちらも止まらない感。いやあ、ナイル川の風景が綺麗でしたね。エジプト行きたいなー。

時代モノだと、大恐慌時、殺伐とした背景下のアイオワ州某町が舞台の『ダムネーション』もカナリ気に入ったのに、S1で打ち留めの様子。。。続き観たかった…。無念。

去年の秋頃に観た『またの名をグレイス』も印象に残っておりんす。こちらも「I can't keep my eyes off~」のミニシリーズで、1843年にカナダで起きた実際の事件をベースにした原作ありの、過酷な生い立ちの美貌のヒロインにまつわるサスペンス。原作とはストーリーに相違箇所あるそうだが、これもイッキ観しまして。

ミステリーなら(海外ミステリーファンなら言わずもがな?)【特捜部Q】シリーズの映画化『Pからのメッセージ』も好かった。
北欧ミステリーのドラマでいうと『THE BRIDGE』のシーズン1~2、すんごく面白かった訳ですが。素晴らしかった。

-----------------------------------
スペイン・マドリッドのA BLACKENED SIGHT“Kintsukuroi”。新シングル。

「Kintsukuroi=金繕い」というのは工芸の技法で…
…て、アートワークもオリエンタルな出で立ちですが、和楽器が流れてきたり、とかの東洋的演出は(予測に反して?)無いです。
無いですが、プログレシッブ、テクニカルなプレイに美麗な歌メロがコーティングされたこの曲は、表の音がエクストリームなのにどこか静的な気がしないでもない。



(ぶっちゃけ「美メロが金」のような、です。)

***************

フランス・パリのFRACTAL GATESの来る5月12日にリリースされる3rd「THE LIGHT That Shines」からの先行曲#3。

再びダン・スワノがMix&Masterという事でして、言わば「期待を外さない」、ある意味、手堅くも、素敵な作品になるのでは、と、“Chasing the Line”を聴いていて思いましたです。

イントロの閃光G、伝統芸なリフもストレートにメロデスかっちょいい。



2週間後をお楽しみに。

P.S.
先般、ランス王の新作アートワークも披露されてますし。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : スペイン BLACKENED SIGHT フランス FRACTAL GATES

00:05  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/932-e02cad36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |