2017.11.09 (Thu)

歌コンシャス。

土曜日は買い物がてら向かった先で紅葉も愛で。

「菊花展」開催中、中央公園の脇でっす。
cyuohpark_01.jpg
入り口付近。
cyuohpark_02.jpg
秋だなあ。
cyuohpark_03.jpg

紅葉=もみじといえば、山村紅葉さん(たぶん)だが、Abemaの『72時間テレビ』。

全部観た訳ではないが、色々な意味で凄かったし、胸アツもあり、考えさせられもした…が、朝6時からスタートする運動会って。ぶはははは。(紅葉さんもお疲れ様でした。)

それと、西部警察ばりのカースタントもナイス。

大阪へ嫁いだ友人が森くんのファンだったなあ(年上の女性からモテるお人なのかな?)と思い出したりしたが、それ程までにオートレースに対する想いがあったのだね~と。そして、オートがかなり過酷な世界だとも知り。

***************

フィンランド・ヘルシンキのDEAD END SCENE

大筋…は、djentishでヘヴィ・ロックな感性も持ち合わした、豊かなメロディ有するオルタナティブなモダン・メタル、という印象のバンド同名のEP。

だからか分かりません?が、“Dance In The Rain”のような曲の部分部分で、嘗てご紹介した事もあるカナダのINTANDEM(もしや解散…?してなかったら済みません)が脳裏掠めたのは大陸的な、男臭く、厚い&熱いボーカルも相俟って、でせうか。

大陸的といえば、グルーヴィな“Bite Of The Underdog”なんか、サザン方面のアーシーな匂いが漂いまくっているサウンドなもんで、「えええ、フィンランドなんだ?」反応に至らしめる。…だけど、やっぱりお国らしくKeyやクワイヤも存在感示しておりますがね。ふ。



FAVはメロディックな“In Disguise”。80's風ポピュラーな逸品メロがたまらん!というこの曲が代弁するが如く、当バンドはもっとこう歌コンシャスな気が。

スピードメタル、メロスピばりの瞬間も孕んでいたりで、次々表情を変えていく「一枚岩ではない」「発見がある」布陣の本EPなのです。

P.S.
イタリアン・ミステリー本『パードレはそこにいる』の下巻突入。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド DEAD END SCENE

00:05  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/924-ff8e8547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |