2017.07.17 (Mon)

ワガママ人間。

夏ですね…。アヅい。ここまで暑いと流石に食欲が落ちてきたな…。(物にもよるケド。桃の氷菓子は最高。)

昨日は引越しの手伝いに。爆汗。しかし、この時期の引越し、難儀だね。。

すこし前に訪れた萩山駅近くの民設公園。
shikinomori_001.jpg

こじんまりしているが、手入れが行き届いているようだ。元はテニスコートだったそうな。
shikinomori_002.jpg
紫陽花はまだ咲いてる?

****************

Netflixで『サバイバー: 宿命の大統領』のシーズン1の後半(#11~#21)が解禁になっていたのでコンプ。

えーーと。直ぐにでも続編観たい。(我儘人。)

本作では大統領役という事で、キーファー自身の飛んだり跳ねたりはないが(代わりに女性捜査官役マギーQが大活躍~)、次々と難局を乗り越えてゆく様や若者達が自己実現しゆく様が観ていて心地良いし、スピーディな展開とスリル感は『24』の感覚リバイバル。

先に『ハウス・オヴ・カード』を観ていたせいもあるが、あちらの大統領とは明らかに異なる…
というか、対極軸にいる人物像だなって。
共感し易い主人公だし、こちらは感情移入できるキャラ多しという点でも対照的。

(次シーズンへの展開を匂わせつつも)カタルシスを得られるラストも後腐れ無くスッキリ。

それと、映画『ピクセル』も鑑賞。嫌っ気無いアメリカン・コメディ。ワラタ。

(世代なもんで、80'sの洋楽満載のBGMと映像にもアガりました。) 『ピクセル』観て以来、時々耳奥でTEARS FOR FEARSの“Everybody Wants To Rule The World”が蘇り。

****************

ICED EARTHの最新作「INCORRUPTIBLE」は、、、

結構早い段階で個人的に名盤認定してしまいました。(←ドキドキ)

「シェイファー節脈打つ」という点はデフォとして、いずれの曲も入念に「肝入りに」作られている感が自ずと迫り来る、「これでもか!」な琴線刺激度数激高の、輪郭強い曲のオンパレード。

粒揃い。という。

IE歴代ボーカルではマット・バーロウもGreatなのだけども、ステュウ・ブロックはIEの曲世界を体現出来るボーカルなのだと再度感服。
INTO ETERNITYの頃から十分上手い人だが、バンドがステュウを選んだ審美眼(耳)は確かだったんだな、と。
----------------------------------

QUIETKINDウィスコンシー州ウォーソー出身の、ボーカル・ギター・ドラムのトリオなのらしい。

自分、夏場は涼を求めて割方Djentに寄っていく感じがある人なのですが、こちらが奏でるサウンドもイマドキの冷涼でスペーシーな、アンドロメダ感(アンドロメダ感って何だ)のあるジェントコア。
で、叙情をしっかり捉えているという旋律が好感。Gソロでも。



“Limbo”“Dawn”“The Worst of Us”“Dusk”…etc、扇情力の仕業、ササるなあ。

ヒショ(避暑)りながら、堪能しています。

P.S.
サークルKに入ったらファミマブランドのお菓子置かれてて。思い知ったり。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ICED EARTH QUIETKIND ウィスコンシー

17:00  |  バンド紹介(北アメリカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/917-491c811b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |