2017.06.11 (Sun)

ジワアツ。希Prog。

そろそろサンダルか、というフェーズになっていますが。とっくに扇風機は回している。

しっかし、梅雨入りしただろう割りにはあんまり雨が…。(空梅雨?) さっき、ちょろっと降ってきたけど直ぐ止んじゃうっぽい。

午後、寄ってみました都立薬用植物園。確か2度目。
yakusoen_onshitu_01.jpg
温室。温室育ち。
yakusoen_ike_01.jpg
池のある風景っていいね。

まあ、今日も朝なんかジワアツかったです。

アツイと言えば、アベマの生放送チェックしてたけど、「パンクラス287」は激アツでしたね!

『うおおぉお』の興奮印なカード多かったのだけど、石渡伸太郎VSハファエル・シウバ戦、あれは、本当アツかった。

スタート早々は「シウバつえーなー。石渡勝ってほしいけどなー。」と弱気な目線で観ていた。
が、その後形成逆転して、粘りの応酬に競り勝った最終ラウンド。興奮したとしか言い様がない。うぬ。

そして。

5月30日に解禁された「ハウス・オブ・カード」シーズン5。
ゆっくり鑑賞するつもりだったのに、、、
イッキ観してました。

このドラマなので今更何が起こっても驚かなくなってはいるといえど、ナルホド。本シーズンのラストはそういう…。

にしても、感情移入出来ないキャラクターばっかりなのだけど(出来るとしたら、今シーズンではかろうじてハマーシュミットさんくらい?)、相変わらず視聴者をグイグイ惹きつけて離さない脚本力は凄まじかった。

引き戻せないまでの誇大化した権力欲の「協働?幻想」(いや、主人公達にとっては「幻想」などではなく、是が非でも叶えなければならない「現実」なのだろうが)、その行く末は…。次シーズンありますかね。

****************

ギリシャ・アテネで結成されたWHATEVER END

オペラティックでシアトリカルな歌唱が相応しい、不穏なオドロ感を散りばめた雰囲気満載のProgメタルは、まっこと堂に入っており、俄かにデビュー作とは信じ難い…

…って、2007年結成のようだから(その間、かっなりメンバーチェンジあったっぽひ)10年選手ではあるのですね。

doomfulな“Birth of Loss”もあれば、荘厳さも備えた“Triarchy”は上品・上質な力系メタル曲だし、進行するにつれ激性・劇性音圧が増す、どこかエキゾチックな“Turgon”もタイプだし、何つっても“Evershift”にはズバリ【一聴惚れ】。

別途アコースティックverも提供している位だから、きっと自信の一曲なのでは?という気がするが、『自信然り。』の出来映え。華があって翳りがあって威勢があって◎。



prog heavy/doom metalと。

インスピレーション源のNEVERMOREや、曲によってはKAMELOTなどのファンにもアピールするかも?と考えてみたりする。

※話が逸れ:
『そういや、KAMELOTもICED EARTHもフロリダのタンパで同郷~』とイロイロ検索なんかしてたらMETAL STORMの「Kamelot vs Iced Earth」なるスレや「Top 10 Power Metal Bands - TheTopTens」発見。

P.S.
ニッポンMMA探訪、初回からぐっと来た。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ギリシャ WHATEVER END

22:05  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/915-28294ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |