2009.01.18 (Sun)

『Censoring Truths/ANDROMEDA』

昨年発表の「THE IMMUNITY ZONE」より、
ANDROMEDA“Censoring Truths”

スウェーデンの名prog metalバンド・アンドロメダの4th「THE IMMUNITY ZONE」は総体的にはダークなトーンが顕著だと言えるだろうが、テクニック、精錬された構成、加減を心得たメロディの作り込みは依然として流石であり、当バンドの軸にブレはないと確信させる内容。

この曲はアンドロメダの特性をストレートに感受し得るナンバーだろうが、攻撃性を含むリフ、モダン・ヘヴィネス的?要素も合いまみえつつ、当バンドが得意とする派手(華やか)でフューチャリスティックなkeyも目の醒めるかの鮮烈さで舞いに舞う。緊張感引き上げながらの豪奢なエンディングも◎。
(サビメロも甘過ぎず、丁度良い感じ。)

◆4th「THE IMMUNITY ZONE」
“Slaves Of The Plethora Season”等も非常にcool。
ジ・イミュニティ・ゾーンジ・イミュニティ・ゾーン
(2008/08/20)
アンドロメダ

商品詳細を見る


時に激しく【ドッキリ瞬間】をもたらすセンセーショナルなリズムワーク、key…
…これ、案外(自覚的に)アンドロメダに求めている部分の一つかも。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ANDROMEDA アンドロメダ スウェーデン

18:47  |  一曲一献(Prog Metal編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/91-2e01cfa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |