2008.12.31 (Wed)

【2008年】衝撃!感動!のバンド達(振り返って名付けるで賞)

どうにか年賀状も出したぞ~という事で、…遂には大晦日~!
本年【特に】インパクト大だったcoolなバンドをサクっと振り返ってみたいと思う。
とはいえ、正直手薄な分野やバンドもあるし、あくまで自分の耳で聴いた限り&思い入れでのピックアップだが、何卒ご了承の程。
(※一部拙ブログで未だ取り上げてないバンドもあるが、お含みおきを。)

《スラッシュ編》
DESTRUCTION 「D.E.V.O.L.U.T.I.O.N.」⇒どこまでも兄貴に付いていくで賞
PARADOX 「ELECTRIFY」⇒劇的大復活で賞
TESTAMENT 「THE FORMATION OF DAMNATION」⇒強力作に感涙で賞
HEXEN 「STATE OF INSURGENCY」⇒オールドスクール+進化形態で賞

ひと言:
基本的にはジャーマン勢の底力を思い知らされた感が強い。TANKARDも相変わらずだし、(どんだけ~)パワフルなんだ…の基礎体力に恐れ入る。来年リリースされるというKREATORの新譜が待ち遠しい~。
又、オールドスクール・スタイルの若手バンドの活躍も華々しく、『スラッシュリバイバル~』と昨今騒がれる状況は全く虚妄じゃないという現実。ELIMINATORやWARPATHといった新人にもご注目。更にはTESTAMENT、LAAZ ROCKIT等々、熱きベイエリアの誇りを見せ付けて頂いた。

《メロデス編》
NORTHER 「N」⇒ずばっと一歩突き抜けたで賞
KALMAH 「FOR THE REVOLUTION」⇒練り込みっぷりに酔いしれたで賞
DEADLOCK 「MANIFESTO」⇒アートとポピュラリティが昇華したで賞

ひと言:
(勿論、相対的に考えればクオリティは高いし好きな曲もあったのだが)本音言うとCHILDREN OF BODOMとIN FLAMESにはもちっと…な思いが残存する…が、そこは人気バンドの辛い所で(悲しい哉)ファンがmore×2と求め過ぎてしまう実際がある。
NORTHERは新作でone step弾けた姿が頼もしく、KALMAHは練り込んだ「自分色」とリフメイキングがやはり素晴らしかった。

《デスラッシュ編》
DARKANE 「DEMONIC ART」⇒相変わらずのモダン風味がかっちょええで賞
ONE MAN ARMY AND THE UNDEAD QUARTET 「GRIM TALES」
                    ⇒そのまま(悪っぽ)で居てほしいで賞
HATEFORM 「DOMINANCE」⇒技巧&構築性が光るニューカマーで賞

ひと言:
デスラッシュ勢も元々演奏陣が手堅いだけはあって、安心して聴けるものが多かったが、新人?のHATEFORMは技師っぷりに惚れたので次作にも期待が高まる。CODEON、DEAD SHAPE FIGUREなどもかなり好感触。
THE HAUNTEDは個人的にもう少し聴き込みが必要かも。

《メタルコア/エクストリーム編》
RAUNCHY 「WASTELAND DISCOTHEQUE」⇒やたら耳を聴張ったで賞
UNEARTH 「THE MARCH」⇒良質メタルとして聴きましたで賞
LIGHT THIS CITY 「STORMCHASER」⇒やっぱ解散しないでくれ~で賞
EPICUREAN 「A CONSEQUENCE OF DESIGN」
        ⇒アヴァンギャルド寄りでも骨しっかりの洋画みたいで賞
BECOMING THE ARCHETYPE 「DICHOTOMY」⇒ツボ突きの進取性で賞

ひと言:
この分野、今年は豊作だったんではないかと。それだけシーンが成熟してきたのかもしれないが、各々実に巧者だなあと。RAUNCHYはやたらハマッたし、MAメタルではUNEARTHのギターソロにもメタルを感じたし、LIGHT THIS CITYが生み出したリフの心地良さには沁み入った次第。progな展開を持ったメタルコア勢も着々と快心の一撃?感あり。

《ネオクラ/様式美編》
ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE
  「ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE」⇒どうにも顔がニンマリするで賞
RATA BLANCA 「EL REINO OLVIDADO」⇒リッチー先生愛に感服するで賞

もはやニンマリするばかりというか、とりわけVOODOO CIRCLEは「そ…そこまでストライク(ど真中)ですかあ~」の様相に驚愕しきり。(←耳に美味し過ぎ…これ嫌いな訳が無い。)
EVIL MASQUERADEも新作聴いてないのだが、力作に間違いないんでは…と想像が膨れ上がり。

《メロディック/Power編》
ICED EARTH
   「THE CRUECIBLE OF MAN: SOMETHING WICKED PT.2」⇒己がスタイル貫くスルメで賞
EVERGREY 「TORN」⇒情感盛り上げっぷりに痺れたで賞
DARK EMPIRE 「HUMANITY DETHRONED」⇒キラーパスよこしまくりで賞
ALMAH 「FRAGILE EQUALITY」⇒めくるめく華麗な音絵巻で賞

ひと言:
新人所ではDARK EMPIREの秘めたる実力と秀逸な曲作りにエキサイトさせてもらった。EVERGEYもじっくり聴き惚れてしまうドラマチズムと沁み様だったし、ALMAHも「ANGRAは一体いつ…?」の思いが募るばかり~の華麗な音世界。

《その他編》
MESHUGGAH 「OBZEN」⇒メシュガーにしては?聴きやすかったかもで賞
MISERY SIGNALS 「CONTROLLER」⇒浮遊感と爆音の高次な融合で賞

ひと言:
MESHUGGAHは過去作に比較すれば聴きやすい楽曲が目立ったと思われるが、まあそこは何といってもメシュガーなので変態性は健在であり、やっぱ圧倒的なオーラを放っている。MISERY SIGNALSは最高傑作と言われるのも理解出来る内容。

《BIG NAME編》
WHITESNAKE 「GOOD TO BE BAD」⇒<悲願>デビカバの声が聴けたで賞
TRIVIUM 「SHOGUN」⇒新世代メタルの筆頭格で賞
METALLICA 「DEATH MAGNETIC」⇒原初的なメタル渇望を想起したで賞
GUNS N' ROSES 「CHINESE DEMOCRACY」⇒世界待望~が実現したで賞

ひと言:
新譜でデビカバの声を拝めただけでも深く感謝申し上げます~のWHITESNAKEは元より、上に挙げた中だとTRIVIUMはバランス感覚が優れているなあ…と卓越なセンス力に興奮。
あとGUNSが凄かったかな~(流石に17年かけてるだけはあったの中身だと)。
SLIPKNOTは期待値が高過ぎてしまったやもしれんが…。
JUDAS御大に関しては何処に音像を求めるかによると思うが…GODの熱唱も聴けたので何より。


…という訳で、サクっという割には案外長めの記事になってしまったが。。
今年もいい曲めっちゃんこ聴けました。(メタル有難う~!!)

※上記網羅していないバンドでも後追いで、今後感想UPするかと思いつつ。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

17:21  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/85-c54f5304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |