2014.09.27 (Sat)

アイスランドのプログレ・デス。

秋分の日(Autumnal Equinox Day)も過ぎたという事で。金木犀の香が漂ってきます。

彼岸花が咲いてますね。


※加工してまふ。

あ…THE HAUNTED「EXIT WOUNDS」が届きましたよーーーーー
(ひゃっほー!)

喜んで勇んで聴きます。聴きます。

**************

さっき、家族ぐるみで巨人ファンの友人に聞いたら、昨日横浜まで観に行って今朝帰ってきたという。(うお。)

父親が巨人党なのに今ではすっかりプロ野球に疎くなってしまった自分が言うのも何なんですが、さぞ嬉しかったコトと思います。

野球といえば、ご近所のおばあさんが20代の頃に名古屋で生活していて、その当時、中日の選手の追っかけみたいな事をしていたと仰ってました。

格好イイ人がいた(誰だったのだろか?)とかで、球場で選手が到着するバスを待っていたと。

------------------------------------------------------------

AETERNAアイスランドはレイキャヴィーク出身のプログレ・デス。five guys。

当国のバンドは拙ブログで過去触れた事無かったように記憶しますが(多分)、カナリ女性の社会進出度の高いお国だと聞きますね。
アイスランドと言えば、ポピュラー音楽的にはビョークが有名なのでしょうけど。)

さて、音楽学校で数年の教育を受けた方達がメンバーの殆どだというAETERNAの初アルバム「ESCHATON」ですが…

…(ええ)そうです。

ハマってしまううううう」のです!

それは…

例えば、突如「!?こ、この濃厚なメロは…!」が差し込まれたりする“As The Wall Breaks”や、当意即妙にツボ突きリフを絡ませる“Obliteration Of I”などの各曲でも明白であり。

コンプレックス(複合的)な構築性を持ってしながら、【癖になる】【たまりません】フレーズを巧妙に的確に配してあり、狙った通りの効果を聴き手に発揮しているだろうと。



“Clarity”も、摩訶不思議・メタかっちょいい。痺れる。

そもそも、メンバーはサイケデリック、プログレ、デス・メタル、ブラック・メタル、スラッジ、メロデス、その他多くジャンルが顔を出す「mixed bag」なバンドの音楽性をラベリングされたくないよう。

が、多くの人は"progressive death metal"と感じるのでは?と自己分析している。

確かに、SADISTとかATHEIST等々を好まれる方にアピールするかもしれないと思ったりするし、
全体的な持ち味としては、オドロ妖しく、不穏で、スリリングで、ポップで、メロディアス。(※メロディアスという表現で良いかと思う)。

うぬ。やっぱり、ハマる。

奇想天外プログレ・デスに夢中です。

P.S.
今頃の気候、とてつもなくイイ。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : AETERNA アイスランド

15:33  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/842-8059a5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |