カナダのフリーダムでmelodiqueなメタラー。(と、PROJECT ARCADIAの最新作につき。)

カテゴリー: バンド紹介(北アメリカ)

「ぱちぱちぱちぱち…」「ぱぱぱぱぱぱ…」「ぱーん、ぱーん、ばーん」。

夜になると聞こえて来ます。

夏シーズンは西武園で土日の夜、花火揚がっているんですよね。
なもんで、イイ感じに音が聞こえて来ます。

**********

…というコトでお盆の前後。

何かこう、私的な事情でアワアワしてまして、病院に行ったりと。(自分の体調不良ではないのですが)

溜まっていたものもあって身体に不調が出やすい時期なのでしょうか。。。
どうぞ皆様もお身体をご自愛下さいますよう。

にしても、総合病院は混んでますね。特に整形外科。

-----------------------------------------------------

Nightmare Records=NMRからのメールを熟読…

(…て、前記事からはちと日が経過しましたが、、、)

NMRのメールで知りましたが、ブルガリアン・ヘヴィ/パワーメタラー、PROJECT ARCADIAの最新作「A TIME OF CHANGES」が9月にリリースだそうです!

PROJECT ARCADIAは…

現ボーカルがスウェーデンのBLOODBOUNDなどでも活動していたUrban breedで、vo以外のPlamen Uzunov<g>、Dobromir Paraskov<b>、Daniel Dimitrov Dimitrov<dr>、Vili Neshev<g>のメンバーはブルガリア出身という、実質上ブルガリアのソフィア拠点のバンドで御座います。

尚、NMRサイトの紹介文には「MSG、TAD MOROSE、蠍団(※祝・活動休止しない宣言)、ACCEPTのファンに」とありますね。

ではでは早速ですが、新作に収録の新曲PVにアクセス。

Project Arcadia - Formidable Foe (Official)  

(うぐぐぐ、、、)キマスね。誠にキマスねーーー

哀愁×熱気×男気のHMがじりじり胸を打ち付け。

-----------------------------------------

MAY CATCH FIREはカナダ・ケベック州レヴィを拠点とする5人組。
(フランス語が公用語というケベックですし、facebookなどは仏語で記載されてますね。)

え……と、、
「FREEDOM…」
フリーダムです!!

それは、フォーキーで、エレクトロで、パッキッシュで、シアトリカルで、メロメタルで、メタルコアでも、メロデス(etc)でもあるという自由の極意。

…ともなれば、野放図になっても不思議ではない筈でしょうが、アレンジが秀逸なのと濃厚なメロディが一本束となっているのか整合感を失っておらず、最後の最後まで耳を引っ張ってくれまする。

しかも、「アガる」コーラスもドシバシ投入されるし、男性と女性ボーカルが各々デス&クリーンを駆使するという変幻さが素敵です。


(コミック調のアートワークがイケてますです。)

民謡調でファンタスティックなアレンジの“Endless Battles”は歌メロの残響感が強力で。(「ハイ!ハイ!」の合いの手、非常に好ましいです。)

“Never to Stop”はその名の通りにシンガロングな勢いに駆られて止まらんという「掛け合いも善哉。」の舞踏要素たけなわな好曲。『ら~ららら~ららららららら♪』

“Ashes of the Past”は獰猛グロウルとクリーンの相互?男女デュエットがオキニだけどもドラマティックなニュアンスを持つメロデスとしても気に入っており。

ちょいっとSYSTEM OF A DOWN辺りを思い起こさせるようなテイストもあるやなしやで。

私は一撃(一聴)でLOVEになりましたyo。

P.S.
GRAVE DIGGERの新譜出荷、再・再延期とな。(落涙)
関連記事
2014/08/17(日) 11:20 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/837-69916542