2008.12.17 (Wed)

『Shattermind/CODEON』

ユニークさに惹かれました~の、
CODEON“Shattermind”

フィンランドのメロデス/デスラッシュバンド。
収録されているアルバム「SOURCE」は1stという事だが、未だややこなれていない部分はあるにせよポテンシャルの高さを感じさせる作り込み…で、他の北欧メロデス/デスラッシュの音とは多少なり毛色を異にしているかもという?。

この曲、introで自分なんかは「ネ…NEVERMORE…?」と誤耳しかけた位だが(←マジです)、そんな類の緊迫感を漂わす曲調…で、然もQUEENSRYCHEの“Speak”のインストフレーズみたいな(多分?)要素とか、それらUS勢の影響源もあるんかな~と想像したり。
その一方、同郷のMORS PRINCIPIUM EST風のムードも醸し出したり…と、ナカナカに堂に入った?ユニークぶり。
ソロもオリエンタルなテクニカル速弾きを聴かせるが、他の曲でもやはり技巧派なギターを頻繁に絡ませてくるので、ギタリスト>ちょっぱや弾きに自信ありと見た。

◆1st「SOURCE」
 ⇒Codeon/Source

ネヴァーモアをデスボイスでやったらこんな風に?…とトリッキーな錯覚をもたらしたかも。(そういう意味では結構斬新。)

※もう17日か…。はやっ。
(ここに来て、他にも記事で書きたい曲がタケノコ的に。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : CODEON フィンランド ギタリスト

22:34  |  一曲一献(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/80-77815e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |