2013.04.14 (Sun)

OTHER VIEW(アザー・ビュー)の新作「GOING NOWHERE」。

イタリア・ミラノ出身のHeavy Metalバンド、OTHER VIEWの新作「GOING NOWHERE」。

先般、新作のチェックしていて、何も存じ上げずに当バンドの本作に辿り着いたのだが、、、

辿り着いた時、その時…、私は…

「ガッツんんん!」の構え(ポーズ)を取りましたっっっ!という。

(いや~いや~、私、好きですねえええ)と心の中でシャウトし。

…というOTHER VIEWは、古典的メタル/パワーメタルに焦点を当てた音楽の創作を目指したLon Hawkさん<vo>とStefano Candiさん<g>を発起人とする2003年結成の現在6人組バンドという事で。

耳を傾ければ、そこはかと『(おっ!)イタリーのBandですなぁ』を香り漂わせる淡くない・薄くない風合い、音触りがありまして。

…あるのだが、総じては、むやみ過剰な華美さ、派手さといったものを抑え控えたピュア筋志向の王道気質なヘヴィメタル/パワーメタルという趣きで。

とはいえ、「がつがつがつ…どかどかどか…」とひたぶるに勢いのみで征服しようというのでなく、歌のメロディで「聴かせる」「歌わせる」、また、ギターのソロで以って「痺れさせる」といった基本的姿勢を覗かせるメタル楽曲が脈々とラインナップされており。

その、自ずから聴き手の感情を引っ張りゆく(随所にコーラス絡める)歌メロが齎す「懐かし」テイストや、又、ギター・ワークにはメイデンを想起させるフレーズも存在したり、曲の構成手法も相俟って、メスタルジックな心象も曲に持ち込まれているが。

当バンドの元来の思念にプラスして、プログレッシブ・アレンジの導入や優美なパワーバラード調にも見られるように、「柔」と「剛」が調和した具合良い内容でもあるなと。

…だが、当作のどういった部分に最大魅了されたのかな、とワタシなりに考えると…

愁い、翳りの情感やロマンチズムを裏打ちした、じりっとする「熱の気」でしょうか。
(というのがやっぱり…)

◆1st「GOING NOWHERE」
Amazon他、取り扱いあります。


OTHER VIEWmyspace   facebook

鐘の音、足音、さざめく雨の音、雷の轟き…で情景を描きつつの“Exile”はウェットなトーンを映し出した、どちらかといえば(イタリーだけど)ブリティッシュなキメっぷり。サビ、Gソロが「滅茶苦茶」雰囲気良好。
硬派に始まる“Doppelganger”は各パートの歌メロも味わい深いが、丹念にドラマチズムを紡ぐGのPlay…たまらないですね。(この世界に浸っていたいという気持ちにさえなり。)
イタリアン・プログレなintroが華やかしい“Rebirth”は鍵盤のバッキングもアクセントともなっているBメロ~サビメロへのエスカレーションに燃え!なパワフル・ナンバー。メイデン風なニュアンスありGからKeyへ連なる間奏も◎。
“Balder's Dreams”は穏やかに美しいピアノの調べからテンポ・チェンジ、徐々にラウドにアップしゆくパワーバラードな渡しという。
“In a Tower of Lies”は…「おっそろしく」佳い曲だ!と自分は感動・感激・雨あられですが。(知らず知らず虜になっております)メロが際立っているし、曲の展開もお見(聴)事。感服。
ヘヴィ・メタリックな“Lost in Heaven and Hell”のサビで私はとんでもなく盛り上がる!んですが…っ(テンションMAXーーーー!)こちらの曲もGソロがピリっと山椒のように心憎い。本当にニクいです。
“Every Friday”は(もしかするとサビよりも)Aでのノリが好ましいかという楽曲だが、そのホロっとさせるギターソロには…(涙)。
“Reason of Life”はワイルドでラフで骨太で(イタリーだけど)アメリカンな味もあるハードロック寄りなチューン。
“Spawn”はぐっと焚きつけるAメロにはもう…。曲中で「ふはははー!」って聴こえてくるが、そういうフック溢れる活き活きしたラスト・ナンバー。(そういうラストなのが誠にイイ。)

出身のミラノです。

大きな地図で見る

聴いていると、「熱さ」を沸き立たせるその根っこに、変にギラっギラと衒ってないシンプルに「滲み出るようなもの」を感じるのですね。
それは、音自体が持っている(であろう)温厚な性格・性質というのでしょうか。

だからこそ、直裁に入ってくるのかな、と考えたり。

Lon Hawkさんの歌唱と声質がよく合っている楽曲作りも好感だが、自然に歌が口を突いてくるボーカル・メロディの質は当バンドの強みだろうし、その実直さで日本人にも好かれる向きがあるように思う…

「純」で「粋」なヘヴィメタルであります!!

P.S.
「いなかっぺ大将」がイタリアでも放送されていたとは知らなかったです。(にゃんこセンセーーい!)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : イタリア OTHER VIEW

01:10  |  レビュー風の感想かも(正統派編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/766-1ee9ab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |