2012.07.04 (Wed)

ブルガリアのDeath'n'Roll。

ロンドン五輪が近づいて来ましたね。(などと私が言うまでもなく…)

「ロンドン」と言えば、そうそう。

Earache RecordsさんからDMが届いておりまして。

「明日、EVILEとSAVAGE MESSIAHがロンドンで無料のチャリティGIGを演るよ!」という内容で、こちらのメールが届いていたのは日本時間の昨日(3日)の早朝4時前であった為、この告知のショーは終了しているだろうが、(そりゃもう)アツかったでせうね!

(何と言っても、このツートップ。)

------------------------------------------------

ブルガリアのソフィア出身のDeath'n'Rollバンド・EUFOBIA

今から6年前にトリオとしてスタートを切ったようだが(08年になるまではアクティブに活動をしてなかったそうな)、以降は欧州各国で名だたるアクト達とステージを共にするなど数多くのLiveを重ねてきたという当バンドは、2010年には「INSEMINATION」、翌2011年には「CUP OF MUD」を発表している。

…というEUFOBIAの音楽は、「ラフで爆走なDeath'n'Roll」というより、「Lower(速度落とし)な摩訶不思議Death」という感で。

つまり、単純にDeath'n'Rollというだけに括れない代(しろ)がありそうで、例えば、エストニアのMETSATOLL(は、Folkメタルのバンドだが)のような風合いが聴世界に広がったりもする。

(尤も、デス&ロールを標榜しているだけに「揺らして、転がす」な動性を保持しているのは確かだが。)

いずれにせよ、何かしらがトリガーとなって中毒性が高まりそうな気色を秘めているのではないかと。



EUFOBIAmyspace   facebook    official

(…ぬ。) 自分はもう嵌っているのでは?

P.S.
なっなっ懐かしい本を読んでます。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : EUFOBIA ブルガリア

23:06  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/682-b9a7481c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |