2008.04.29 (Tue)

Children of Bodom(チルドレンオブボドム)

強引ですまないがここはフィンランド繋がりでChildren Of Bodom
メロディック・デスメタル(メロデス)を聴き始めた頃は「何でわざわざデスボイスにするんだ~?訳分からん…」とちと馴染めなかったものだが、も~全く平気。いやそれ所かカッコ良いな~と感じちゃっている位だが。(まあ、受け付けない人はダメなのかな。)美麗なメロディにギャオギャオだったりゴボゴボな声を被せると美醜の対比が際立つと。メロデスとはデスメタルにメロを加味したものとも、正統派メタルをデス声で歌ったものとも発祥は取り沙汰されているが、私はチルボドを聴いたからメロデスに入っていけたというか、登竜門だったみたいなチルボドだが。(自分に限らずそういう人多いみたいだけど)
アレキシ・ライホという天才ギターヒーローが紡ぎ出す音色はブルータルで鋭利で鮮烈でロックで…とりわけ絶曲“Needled 24/7”には、まさしくアイ・サレンダー(by Rainbow)。こんなカッコいいものが21世紀を過ぎて聴けるとは思わなかった(←位の…)。破壊力抜群、中盤のギター&キーボードの掛合いも効果絶大。てか、キーボードのヤンネも凄すぎるんだろう。
…という次第で、1th,2ndのクラシカル路線より特に4th「HATE CREW DEATHROLL」辺りが好物なので(以下↓例)
“Hate crew deathroll(ロック!ロール!)”
“Lil' bloodred ridin' hood(出だしのウッ!)”
Bodom beach terror(リズム、リフの勝利)”
“Trashed, lost & strung out(サビの畳み掛けが良い)”
“Sixpounder(中間のギターが!)”


ヘイト・クルー・デスロールヘイト・クルー・デスロール
(2003/02/05)
チルドレン・オブ・ボドム

商品詳細を見る

やはりアレキシの炸裂ギターに痺れるなあぁ。それはアグレッション、スラッシー、モダン、フックの【メロディックデスメタルロック】(そんな言葉、多分無い)の世界~。

新譜「BLOODDRUNK」だと“Tie my rope”が気に入っているんだが。
ブラッドドランクブラッドドランク
(2008/04/09)
チルドレン・オブ・ボドム

商品詳細を見る

所でChildren of Bodomって、曲によってはアリス・クーパーに空耳るのは私だけ?(ゴージャス系って事かな?)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : Children Of Bodom アレキシ・ライホ チルボド メロデス

18:37  |  ★Pick UP!HR/HMバンド~熱き心に~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/6-ce2db83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |