2011.09.09 (Fri)

ARKONA(アルコナ)の新譜

本日は時期ハズレな「夏休み Part2」?を頂戴しまして。
(この贅沢をお許し下さい m(_ _)m)

8月に1日ほど休暇を取得したのだが、9月中にもう1日ばかり休み取りたいものだと考えていたので。
※比較的、副交感神経(の方)の作用を活性化させて頂きたい目的。

が、こうして休んでいても「何らかのハプニングが発生して職場から連絡が来るかもしれない」と気になる(携帯を時折ちろちろ見てしまう)のは致し方の無いコト?である。
ナカナカ頭の切り替えが。。。(ダメじゃん。)

-------------------------------------

(前作「Goi, Rode, Goi!」で知名度を上げたのではないかと推測される)ロシアのPagan/Folkメタルとしてよく知られているARKONAの新作「SLOVO」。

02年以降活動している当バンドは女性のMaria“Masha Scream”Arhipova<vo,key>を擁するバンドとしても有名だが、Mariaさんはフォークロア・シンガーとしての神秘的で深遠な声色もさることながら、「語り」や時には動物の鳴き声風?やら、時にwitch風?、またドスの利いたデス・ボイス(及び勇猛な絶叫)までもこなすという、彩りも豊かな秀才であり。

サウンド的には(元々)アトモスフェリックな音作りが得意なバンドという印象なのだが、今作にあってもロシアン民謡とスラヴ神話をベースにした異次元へ誘うその香り芳しい音楽性が変わるものではなく…(嬉しいデス)、
然も(随所で耳に出来る)フックのあるフレージングも立っていて、メタリックなキック力やケレンミの無いポピュラリティも増しているだろうし、麗しいメロディも自然に溶け込んでいるともなれば…
(当然ながら)己に異存はありません…!

◆「SLOVO」
SlovoSlovo
(2011/09/06)
Arkona

商品詳細を見る

ARKONAmyspace  official

いずれの曲も聴き応えばっちり×2ですが、少しだけコメントを↓。

冒頭のダッシュに(心)奪取の“Arkaim”は交互に押し寄せる「押し」と「引き」の巧みな技も圧巻な、エピカルで交響曲的でもある曲。ノーブルな歌唱は勿論、重層なクワイアや攻勢な絶唱もたっぷり堪能出来る素晴らしさ。(感服…m(_ _)m)
“Leshiy”は愉快&陽気なアコーディオンで始まり、そこへ図太いリフが絡んでくる、そしてサビは牧歌的だという(ちょいっとTURISASの“Rasputin”のcover思い出したかもの)ダンサブルなナンバー。サビ直後のアレンジなどには捻りもあり。←すっごい好き。
“Zakliatie”は変幻自在なMasha Screamのボーカルを傾聴OK!というだけではなく、落ち着いたトーンながら、ある種ポピュラー・ミュージックの歌モノとしてもしっかり聴かせるという感想のミドルテンポ。(あ、ブラスト・ビートも入りますけども。)ふふふ。
ラウドなintroでぐぐっと引き込む“Nikogda”は獰猛や厳つさや幻想や…が交錯するめまぐるしい曲展開で、当バンドの力量を見せ付ける構築力に脱帽。
“Tam Za Tumanami”はしっとりした美しい女声、のみならず男性コーラスも「ボーカルを明快に味わえる」歌唱メインの曲であり。(…人間の声っていいな。)
タイトルの“Slovo”はフィンランドのINSOMNIUMにも通じる様な叙情溢れるメロデスと、哀愁漂うフォークの味わいが合流したという素敵さかと。しみじみと琴線に触れて来る感のメロディが良いなって。
“Odna”は…何というのでしょうか…。割りとシンプルな方な?だけど、「曲好きのする」曲だというのか、グロウルもいいのだが適度にパンチがあって。
“Stenka na Stenku”もアップテンポの「踊るっきゃないっしょ!」ダンス・チューンで、シャープなギターも◎であるしノリノリなのであるが、これまた細かい部分で作戦?仕掛け?が張られており…(案外あっさりではなく)。
“Zimushka”は「映画のサントラに使っちゃう?」というか、曲そのものがシネマティックなのか。(音がストーリー・テリング。)→という訳で完全に旅へ向かい。

出身の首都モスクワです。

大きな地図で見る

フォーク・メタルのファン、エピカルなメタル好きにアピール>なのはまるで想像に難くないが、それだけに収まりきらないキャパ(シティ)を秘めているんじゃないかと思う。

しっかし…、、、実に「ドリーミング」なアルバムでありますねぇぇ。

暫しは空想に浸っていたいものだけども。

(そろそろ現実に戻りませうか。)

P.S.
「砂の器」をやるのか。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ARKONA ロシア

17:55  |  レビュー風の感想かも(フォーク/ヴァイキング編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/562-d2b58180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |