2008.09.29 (Mon)

『Kirisute Gomen/TRIVIUM』

カネガネお待ち~の新譜「SHOGUN(将軍)」収録、
TRIVIUM“Kirisute Gomen”



日本でも人気の高いバンドなのは今更なのだが、今作の曲達を聴いてみるにつけ、率直にやはり…トリヴィアムの音楽は新世代USメタル/コア勢の中でも頭一つ抜けたレベル群にあるように思える。(思えるというか、うーん、そうかと。)

24時間ダウンロード解禁でも話題になった当ナンバーは、映像が目に浮かぶが如くの構築美を堪能させてくれる名曲。
2th「ASCENDANCY」の“A Gunshot To~”にも相通じそうな?ハード・ボイルドな曲調だが、こちらは(タイトルが示す通り)ジャパネスクなそれ。
特に(ジャポンムードの強い)introに於ける【アコギ→dryなドラム~ギターフレーズ】は、よもや「TRIVIUMだからこそ成し得たかもしれない…」と実感させる独自のもので、その後のブっ込み(キイチの激唱)への流れも秀逸。
ヘヴィ・パートでのリフも胸に刺し込んでくる快心さであり、メロディックなセクションも「このメロディ故にしっくり来るんだろう」という浮つか無さ・収まり良さ。長めに割かれたソロも、メタルの様式を押さえながら熟成されゆく重厚さに酔いしれる。
(オープニングと呼応する様に、乾いたドラムで終焉を迎えるエンディングもオツ。)

◆4th「SHOGUN(将軍)」
日本語歌詞~
将軍~CD+DVD スペシャル・エディション~将軍~CD+DVD スペシャル・エディション~
(2008/09/24)
トリヴィアム

商品詳細を見る


この曲は【斬り捨て御免】の殺伐とした非情なアトモスフィアはもとより、緩急が生み出す綾も美しく、綿密に作られた出色の完成度だと思うが、「よくぞ…これ程の…!」という感動もさながらに、(結果論なれど)期せずして当にこういう曲が聴きたかったのだという気さえしてくる。
そう思わせてしまう辺り>トリヴィアムが持つsensitivityの高さに舌を巻く。

“Kirisute Gomen”を聴いて私が視覚的にイメージしたのは>モノクロのキル・ビル?
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : TRIVIUM トリヴィアム キイチ

18:10  |  一曲一献(メタルコア編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/55-25b9912a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |