2010.12.30 (Thu)

【2010年】衝撃!感動!のバンド達(振り返って名付けるで賞)その(1)

どうもここに来てのドタバタ感が…。(あわあわ。。。)

年賀状作成運動とか清掃活動とかその他の合間合間で記事を書いているという(マルチタスク、否「ながら」な…)現況だが、恒例的風習により自分勝手な独り言を絡めた拙文をお送り致したく存じますm(_ _)m。

尚、私が拝聴した中で「ビビビ!」が走ったチーム(バンド)を中心にお話しさせて頂く形となる為、偏りも限りもあろうかと。…なので「かの人達だって~」というご意見もあるかとオモイマス…(ご容赦をば。)

※可能であれば2010年については今記事や「楽曲」以外にも「アルバム」の方ももちっと踏み込んだ記事を纏めたいと願望している次第だが、それは年を越しそうでありんす。。

《スラッシュ編》
SODOM 「IN WAR AND PIECES」⇒ソドムはソドムなのだ『どれでもない』で賞
FORBIDDEN 「OMEGA WAVE」⇒テクニカルで柔軟なリバイバルで賞
OVERKILL 「IRONBOUND」⇒絢爛なヤバイずくしで賞
ALKOHOLIZER 「DRUNK OR DEAD」⇒THRASHと共にどこまでも呑んでいくで賞

ひと言:
(やはりと言うべきか?)ここ数年の流れに逆らう事なく「活気づいてるじゃん!」という印象のスラッシュ界隈であったが、スラッシャーの諸兄(姐)を想う時、「人間てスゴイな…」とその底力に感服致し候、なのである。
ジャーマン三羽ガラスのベテラン・SODOMからはその存在性を語る音に打ちのめされ、
東海岸代表のOVERKILLの強力千万さ、西海岸ベイエリアの強豪EXODUS、DEATH ANGELのエナジー、はたまた13年ぶりのニューリリースとなったFORBIDDENは確かな技巧、感性の柔らかさにもド肝を抜かせて頂き。
又、イタリアの新人ALKOHOLIZERがTANKARDばりの酒浸り方(?)でブイブイ荒ぶれて下さったのが何とも頼もしい所。個人的には密かにフレンチ・スラッシュにも熱視線を送っている最中。(そりゃもう…来年も期待しちゃいますぜ~!!)

《正統派/Power編》
KISSIN' DYNAMITE 「ADDICTED TO METAL」⇒メタル中枢神経を刺激するで賞
GRAVE DIGGER 「THE CLANS WILL RISE AGAIN」
 ⇒【祝・30周年】墓堀人に幸あれで賞
SINBREED 「WHEN WORLDS COLLIDE」⇒剛毅な彼らは独逸な重金属音楽で賞
BURNING BLACK 「MECHANICALHELL」
 ⇒イタリアンな濃さが嬉しいpowerメタルで賞

ひと言:
(「アレレ?あのチームは?」については恐らくBIG NAME編でコメントさせて頂くかと思うが…)ドイツのKISSIN' DYNAMITEは(超)フレッシュな若手ながらツボり方も甚だしい実に「我々(って誰?)泣かせ」なサウンドであった!
結成30周年記念のGRAVE DIGGER【墓掘人】は迷い無き怒涛の鋼鉄音を轟き響かせ…(熱き血潮がざっぱーん!!)
又、同じくジャーマンのSINBREEDもメロよしの剛毅ジャーマン・パワーで好感。(演奏隊もバツグンの安定感!)
イタリアのBURNING BLACKもイタリー香漂う(欧州での人気もナットク)腕っぷしのいいオトコのパワーメタルに興奮状態。

《メロディック/シンフォニック編》
GAMMA RAY 「TO THE METAL」⇒【リアルMETAL人】にアーライで賞
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA 「THE WICKED SYMPHONY」「ANGEL OF BABYLON」
 ⇒トビーの才能留まりしらずで賞
BLIND GUARDIAN 「AT THE EDGE OF TIME」⇒本オケとの共演はかくも豪華で賞
ANGRA 「AQUA」⇒(力量に疑念なし)心豊かに酔いしれるで賞
IMPERIO 「LATIDOAMERICA」⇒アルゼンチンの魂の旋律に心奪われるで賞

ひと言:
こうして回想すると…実にそうそうたるでゴージャスな一年だつた~!!
カイ先生のメタル心に心服したガンマ、トビー&ゲスト陣の多彩な多才さとめくるめく楽曲に恐れ入った(本年は来日公演も!の)AVANTASIA、(本オケとのコラボも実現!)壮麗・華麗なブラガ世界を描き上げたBLIND GUARDIAN、民族音楽との融合はサスガでやはり巧いと心酔したブラジリアンの雄・ANGRAと…ゼイタクにも程があろうか(喜)。
上記といったべテラン勢のみに限らず、若手も中堅も続々と陣列が連なっている分野でもあり、来年以降の未来も明るいものと!
※(私的には)アルゼンチンのIMPERIOが放った「魂」の復活作にもひどく胸をえぐられたっす。

《メロデス編》
KALMAH 「12 GAUGE」⇒【カルマー流】此処に極まれりで賞
BE'LAKOR 「STONE'S REACH」⇒スルメもスルメ過ぎるmelodeathで賞
THE ABSENCE 「ENEMY UNBOUND」⇒率直な好き好き感が◎で賞
DARK AGE 「ACEDIA」⇒職人芸な巧さが眩いモダン・メロデスで賞

ひと言:
(まぁ…そのぉ)カルマーはやつぱ…凄かったですねぇぇぇ。「彼らの道」を研ぎ澄ました感にひれ伏すオモイ。
オージーのBE'LAKORは構築美であり。(更にはスルメでもある。)
フロリダのTHE ABSENCEも北欧型の正統?メロデスのベースを押さえた作りがやたら扇情的であり、ジャーマンのDARK AGEはモダンで達者なmelodic deathにヘビロテ度が非常に高かった。
来年はNORTHER、そしてCOB等々の新作も控えている訳なので、今からそれなりの?心構えが必要かと。(いやーー、モウレツに楽しみなんだけども~~)

P.S.
なんとかこの調子?で明日?へ繋げたい…(そうしたい)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:15  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/397-28a72e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

男性が恋愛のおかげで「いいオトコ」に成長できる理由8つ【後編】

“男性が恋愛を通して成長できているところ”についてお伝えしています。前編では、誰にでも優しくできるようになった、人の話を聞くようになった、女性のことに詳しくなった、カッ...
2012/10/18(木) 21:04:33 | 恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~

▲PageTop

 | HOME |