2010.09.23 (Thu)

いつぞやエリート女医のなんらかを見て。

数ヶ月前だったか?帰宅後にTVを付けてたら、ある人格障害の症例を示す(とTVでされていた)エリート女性外科医師が引き起こした事件の顛末が紹介されていたのだ。
USのどこかの州の話で。(「ア〇ビリバボー」だったか?)記憶定かでなし。。

その女医は小さい頃から「自分は特別な存在」だと信じ込み、周囲の人間達は自己より劣るものと見なし、何かにつけ周りの人間の些細な言動が許せず、罵倒しまくるといった人物だったらしい。(実際に能力的にはかなり優秀な人だったみたいだが。)

よって、周囲との折り合いが悪かったのだが、職場に入ってきたある男性医師(彼女が自身と釣り合いが取れると初めて認め得た人物)と出会い、「何としてもこの人と結婚を…」と考え、自己の本性を隠して優しく接し続けた末、その男性との結婚を手に入れたのだった。

が、次第に仮面は綻びて、余りにもムチャクチャな女性の言動に対して旦那が愛想を尽かし始め、他の女性へと心が移ってしまい…、、それを知って逆上した女医が旦那の殺害を企て……。(という様な話だったと覚えている。)

*-------*-------*-------*-------*

(一旦間に挟みます…)
流離っていたら、びびび!というバンドと出会ったので。(少々書かせて頂きたく。)

JIM JAMS
ウクライナのメタルコア。公式サイトが見つからず、マイスペでも殆ど情報が無いのでこちらのバンド名の由来もはっきりしないが、骨っぽさ、太さ、重さのあるサウンドで、モダン・ヘヴィネスの感性も受け取っているものと思われる。
※JIM JAMS→myspace

AFTERIMAGE
08年からのスターティングというフレッシュなイリノイ州シカゴ出身の若手デスメタル。曲によってややメロいし、Key入ったり、ほんの僅かクリーンvo入るメタルコアっぽかったりするので、恐らく純正のデスではないと思うが、センスと力量を感じる。“Nexus”という曲はガチで心持って行かれたかと。

※AFTERIMAGE→myspace

*-------*-------*-------*-------*

(話を元に戻す…)
前述の話に関して、私はTVで流されていた部分しか知り得ておらず、専門家でもなんでもない門外漢なので、この女性に対して人格障害という定義そのものが適切なのかも分からない。

だが、(誰しも自己尊重感というのは持っているものだとはいえ)上記の顛末に至るまでの元凶になっている「非難や批判、攻撃する行為に熱心、懸命になってしまう」という性向は、どういった条件によって生まれるものなのか、またどういった心(脳)の作用によるものなのか>と、少々考えてしまった。

うーん、、、。(ここまで顕著ではないとしても)その傾向があるかなぁという場面に……遭遇しなくはない。
軽いからかいとか、口が悪いとかの次元を超えて、(対象に非がない場合でもあっても)アラ探しと攻撃こそがミッション?みたいな感じになっているというか。

因みにネットなんか見ていても、時に(我が意を得たりと)他者が発した批判に乗っかって同調する向き、比較でもって片方貶める向きなどにも出くわすが…。

うーん、、、。非難されて妥当な事象・現象に対してその行為が発動されるというのならばモチロン理解も出来ようが、自己優位性の主張・喧伝(もしくは優越感の獲得)や、あるいは自身の不快な状態などに起因する八つ当たりや憂さ晴らしの目的にそれをやられてはたまったものではない。

(そもそも、「自己優位性喧伝」のケース:本人の意思に反してその狙いが成功しないというのが現実としては多そうで、もしひたすらそれに心身費やしているとすれば時間の浪費になってしまわないかと…)
それだけ、その行為自体に快楽が秘められている一面があるのかもしれないが。

うーん、、、。意見は多様であって然るべきだし、「けして批判・中傷は言うべからず!」>な聖人君子みたいな意図で今記事を書いている訳ではナイのだが(己だって言う時にはそれなりに言いますんで)、より以前に果たしてそれが何処から来ているのか、個人的には自問自答したい所である(したいものだと思ったのだった)。

正当なプロテクト・抗議なのか、実りある発奮的スパイスなのか、ポジティブなコミットメントや期待なのか…とか。

P.S.
秋分の日の面目躍如?な気温降下。「分け目」。

なんでこういう記事(結論も出ない感じの)になったかようわからんです??
(恐らく雨降りがスゴいから?だとオモイます。)

※【9/25】一部記述を修正しました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ウクライナ シカゴ

21:15  |  メタル雑的雑談(DVDや番組、動画が絡むもの)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

SILVERWINGERさん、毎度~。
くぼちゃんでございます~。

今日の雨降り…激しかったですね。雷もゴロゴロ鳴りましたし。
ちなみに俺も部屋でゴロゴロしてました。(汗)

あ…エイトプリンスに来られたんですね~。俺の住んでる街です~。(笑)
この手の直訳系は…好きですよ~。たまにギャグのネタにしております。

渋谷…ビリー・バレー
新宿…ニュー・ホテル
銀座…シルバー・シート
秋葉原…オータム・リーフ・フィールド(←なんかメロデスバンドみたい…汗)
と、まぁ…感覚で直訳してますハイ(汗汗)

で…今回とりあげられた人格障害の事についてですが、その事との関連なんですが…。

俺の友達で解離性同一性障害(一般的な表現だと、いわゆる多重人格)の方がおります。
人格が複数あるんです。

その友達は長年専門医を探してましたが、近年都内に専門医がある事がわかり、現在通院しております。
人格が変わるのを俺は目の当たりにしてます。
症状に対する知識の無い方等は「演技じゃないの?」と言われるかもしれませんが…本当に人格が変わるんです。
で…友達の症状がひどくなり俺もこの専門医に同行、診察に同席しました。
…この人格障害という症状…理解がなかなか無いのが現実です。
しかも、その人格が必ずしも良い人格とは限らない…。
人格障害の症状にもよるのですが…自分自身を悪い方向へ向けようとする悪い人格が存在する場合もあるんです。

複数の人格がある事により長年苦しんでいる方々が多数いらっしゃるのが現実です。
…これらの事は俺なりに専門の書籍を入手し、基礎的な情報を得ました。
ちなみに…この友達は、俺が田舎から都会に引越しをして、初めて出来た友達です。
友達になりたかったので、症状を知る必要があると想い、書籍を入手し、情報を得ました。
この友達と出逢って、まだ数年ですが…お互い、もう何十年来の友達の感覚になってます。

ちなみに…この友達は性別的には女性なのですが…
実は、今言った症状の他にもう一つ障害を抱えています。それは…

性同一性障害です。

体は女性…でも心は男性なんです。
俺も最初は戸惑いました。
でも、考え方は完全に男性です。
時々、彼と逢うんですが、俺は彼を男性として接してます。つーか男性なんで。
ちなみに…顔立ちが良く、美人の方です。

…ただでさえ、障害一つあるだけでも大変なのに、この友達は二つの障害を抱えているんです。
で…友達は今に至るまで、あまりにも過酷な体験を数多く体験してます。
話を聞いて俺は何度も涙しました…。
友達は厳しいですが優しい…凄く誠実な方で、俺個人的に尊敬しております。
ちなみに…俺とは一歳違いで、友達が俺より一個上です。

あ…話が長くなりましたね。すみません。

ま、このような方が俺の友達にいる、という事で。
ちなみに…解離のメカニズムについて。
簡単に表現すると…。

人は物事に夢中になってると、時が経つのを忘れる…没頭する事柄があったりしますよね。この現象が「解離」です。

人格が複数ある場合、ある人格が起こした出来事を他の人格に切り替わった時…今まで何があったのかわからない…というような事案が、個々の病状・症状にもよりますが、人格障害を持つ方々にある特有の症状です。
それが解離症状です。

…幸いな事に、友達の複数の人格は、人格同士が繋がっているので、人格が何をしたのかは他の人格は理解しています。

…ちと頭がこんがらがる話ですみません。

ま、こんな感じです。
今日は涼しいですね。
体調崩されないよう御注意下さいね。
では、とりあえず失礼しまーす。
くぼちゃん |  2010年09月23日(木) 23:09 | URL 【コメント編集】

おひさしぶりでございます^^

まず記事の後半部分について失礼をば。
攻撃や批判はよくネット上で目にしますよね。
そういう場面に出くわすとなんだか悲しくなります(´・ω・`)

特に音楽やゲームなどのジャンル間の争い(というか誹謗中傷)
は酷いものもあり、なぜ互いに貶め合うようなことを言うのかと
不思議に思うこともしばしばあります。

私自身としては自分の受け入れられないものに関しては、
華麗にスルーすれば良いと思うのですが、
(それでも無意識に記事にしてしまう時もありますが^^;)

「不満や怒りを他者に対して過剰に発信しなければ気が済まない方」
がいるのも事実で、
この女医さんの場合はそのヒドイバージョンなのかなと思いました。

批判なんて自分に余程の自信がなければできませんし、
その自信というのも結局不安の裏返しでもあるような気もします。
自分が正しいと信じるあまり他者にそれを発信してしまう
(自分の正しさを確認したいという不安?)

そもそも絶対の自信を持っていれば他者と関わり合う必要もない訳で・・・
過剰反応は自己の正統性を認めてくれない他者に対する潜在的な恐怖
なのかななどとつらつら思ってみたりしました。

などと色々書いてみましたが、書いてるうちに頭がこんがらがって
何が言いたいのか自分でもイマイチ分からなくなってきました(;´∀`)
もし意味の分からない文章になっていたら申し訳ありません(汗

あ、紹介いただいたバンドはどちらもステキでしたが、
特に「AFTERIMAGE」の方がツボで、
マイスペで思わず握りこぶしでございました(゚∀゚)

これはアルバム買わなきゃですね~。
アマJPにはなかったんでまた海外からのお取り寄せっぽいですが^^;
ステキバンドのご紹介ありがとうございますm(_ _)m

ではでは長文失礼いたしました。
またお邪魔させていただこうと思います(´∀`)ノシ
LITANY |  2010年09月24日(金) 03:37 | URL 【コメント編集】

心から感謝シマス!m(_ _)m

くぼちゃんさん 江

こんばんわ~!毎度です!!
昨日はゴロゴロでしたね~~(何でしょ、あの雷??)
(パソに向かう時間が基本的に後手後手ですまみせん…m(_ _)m)

> 俺の住んでる街です~。(笑)
おおお、エイト・プリンスにお住まいなんですか!
K○線ユーザーだとは存じておりましたが、終点でしたか^^♪

> 秋葉原…オータム・リーフ・フィールド(←なんかメロデスバンドみたい…汗)
ナイス直訳ぎゃぐ!(笑)ぐーーっど

> この友達は二つの障害を抱えているんです。
> で…友達は今に至るまで、あまりにも過酷な体験を
> 数多く体験してます。
人格障害をご本人が自覚・自認されて、
通院されている方がこれまで私の身近には
おりませんでした。
大変に貴重なお話を有難うございます。
(ただ…、私にも嘗て身近にそうだったのでは
ないかという方はおりました。)

ご友人の話を読ませて頂いて、
自分はくぼちゃんさんのご友人と、
今記事で触れた女医は何かが違うのでは
ないかと思いました。

女医は(その気になれば)優しいフリをして
接する事が出来た、実際には自己の行動に対して
コントロール可能だったのでは、という点ですね。

とすれば、TVでは人格障害の症例として紹介されて
いましたが、事実は違うのかもしれないと
思い始めました。
(とはいえ、それが正しいのかワカラナイのですが…)

・本人の自覚の有無によっても対処、対応が変わる、
・障害と非障害のボーダーラインはあるのかないのか、、
・障害を抱える方の人権も存在する一方で、
攻撃を受けてしまう側にも人権が存在するといった事も、
併せて考えていかねばならないと。

また障害に対して人によって理解・認識の程度の差が
あるに違いなく、、、
非常にナイーブで、単純な事柄ではありませんが、
まずは知識をより深めていく必要があるものと
感じました。
(研究が進んでいる海外の国ではシステマティックに
対応が行われていると聞いたりしますが…。)

今回少々思い切った内容かもしれない(大汗)と
思いながら記事UPしたのですが、
お話を窺えた事に心から感謝申し上げたく思います。

少し整理する為にこの記事を若干手直しをさせて
もらいつつ(…相変わらず誤字も多いし…)、
改めて再考記事が書ければ良いなぁと。

> 体調崩されないよう御注意下さいね。
> では、とりあえず失礼しまーす。
急にサムサムなので(ホントに寒い。。。)
くぼちゃんさんこそお身体タイセツに~!!m(_ _)m
silverwinger |  2010年09月24日(金) 23:33 | URL 【コメント編集】

おひさでゴザイマス~^^!

LITANYさん 江

> おひさしぶりでございます^^
おひさでゴザイマス~^^!

TO DOリスト>が盛況中のご様子なのに、
ずみまぜん…m(_ _)m
自分が迂闊で不用意な記事を書くものだから、
お手間を取らせてしまったようで…
(ですが、コメ>大変に有難うございます!!)

> 結局不安の裏返しでもあるような気もします。
障害の有無で事情は異なるのかもしれませんが
(いや、線を引くのが正しいものなのか
私も分からないのですが…)、
恐らく仰る通りの心理はあるのでは、と私も思います。

> 過剰反応は自己の正統性を認めてくれない他者に対する潜在的な恐怖
もしかするとその恐怖感は…
誰しも持っているものかもしれないという事を
考えました。
と考えていたら、先程「日本人の97%は不安遺伝子を
持っている」>とTVでやってました…
(他の国はそんな高いパーセンテージではないらしく。。。)
不安が根底にあって、だから自信が持ち難いのでせうか…
しかしきっと国で括られる訳ではない筈…

> もし意味の分からない文章になっていたら申し訳ありません(汗
いえいえ…私も(益々)頭がごちゃごちゃ気味です(汗

> 特に「AFTERIMAGE」の方がツボで、
おおお、気に入って頂けたようで!
細部に芸が宿る>ではないかと!( ̄∀ ̄)
(フレッシャーらしからぬ巧さ♪)

> ではでは長文失礼いたしました。
> またお邪魔させていただこうと思います(´∀`)ノシ
いつも有難きに存じます~~
こちらこそ、またアクセスさせて頂きます^^!
silverwinger |  2010年09月24日(金) 23:40 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/302-f3b73762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |