2008.06.14 (Sat)

『Please Don't Leave Me/PRETTY MAIDS』

普段バラードを積極果敢的に聴くとは言い難い方なのだが、これは…と耳を奪われるバラードというのは確かにある。
例えば、夏が近いんじゃという事でPretty Maids“Please Don't Leave Me”
名を馳せた曲だが(この曲はジョン・サイクス作がオリジナルのカバー曲だが、流石は稀代のメロディ・メイカーでもあるサイクスの面目躍如という)、如かしてこのカバーの出来が素晴らしい余り、Pretty Maidsを代表しゆくヒットとなったという。→更にはサイクスのシングルで再リリースされたという。(蛇足)
タイトルからも伺い知れる様に歌詞は未練ありありな、えぇっと、つまりが~失恋ソングという。「In the summer we'd be crazy~」←であったけれども、フラレ…という歌詞内容(簡略し過ぎな説明…汗)。このプリティ・メイズversionの引きの強いintroから全体を覆う哀愁感の旋律がね…実に麗し過ぎるので、HR/HM聴かない方でも聴ける、万民受けするバラードとなっている。ロニー・アトキンスはクリーンだったりタフだったりの歌い分け出来る人だが、この曲においてはソフト・ケースでよくフィットしていると思う。

“Please Don't Leave Me”収録の「SIN-DECADE」
SIN‐DECADESIN‐DECADE
(1992/03/26)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


Pretty Maidsのこのカバーは非常に完成度高いが、とはゆうてもPretty Maidsでカバーである当曲しか、もし聴いた事ないとしたら寂しい。
デンマーク出身の彼ら、ヨキ曲沢山作っているので~。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : Pretty Maids プリティ・メイズ デンマーク ジョン・サイクス

20:15  |  一曲一献(正統派編)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お邪魔します。
私は、一番最初にPretty maidsのを聴いてしまい、
これ以外ありえない!てなことになってます。
ほんとに染みるんですよね。大好きですよ。
さらに Pretty maidsの中でも、この曲を一番に聴いてしまったので、「SIN-DECADE」なんて、びくりした記憶w
聴く順番も、好きになれるかの要因ですよね。
あ、びっくりしましたが、かっこいいのでこのバンドは大好きですよw

JMJ |  2008年06月14日(土) 23:28 | URL 【コメント編集】

コメント、大変に有難うございます!
「SIN-DECADE」>ヘヴィめな曲満載で驚いたというのも凄く分かります。
最近Pretty Maids聴き直したりして、新たな発見もあったりで
(当時と聴き方が変わったのかな?)、いいバンドだな~って再認識してます!
silverwinger |  2008年06月15日(日) 19:32 | URL 【コメント編集】

お邪魔します

この曲をはじめて聴いたとき、鳥肌がたった事を思い出しました。
私の場合どちらかと言うと、メロディアスなメタルが好きな方なので、
これは私にとって名曲!\(^o^)/!!
また遊びに来ます。
命泉パパ |  2008年06月15日(日) 22:38 | URL 【コメント編集】

先日ブログに訪問&コメントをさせて頂いた方ですね!
再びコメント下さり>誠に有難うございます。
この曲はそうです、鳥肌級の名曲ですね。(圧倒的です!)やはり、人気あるのですね~。実感します。
silverwinger |  2008年06月18日(水) 21:46 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/23-36a65c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |