2010.06.05 (Sat)

【流離旅】フォーキッシュ・ミラクルなバンド達(前編)

自分は民謡(フォーク)メタルが好きで。

考えてみれば、メタルと平行して(特に80年代後半~90年代前半?)当時、脚光を浴びていたワールド・ミュージックなんかも喜んで聴いていたのだが、有名所ではイスラエルの(故)オフラ・ハザとかフランスのジプシー・キングスとか。
(あと、エンヤ、THE CORRS等々のアイリッシュやケルト音楽をモダンに再生させたものとか…。)前々からトラッドな音色を好ましく感じる方で。

フォーク・メタルで言うと、まず「笛好き」という自身の趣向もあるにはあるが(バクパイプ等々の笛が登場する場合が多く…)、笛以外にも時にオーガニック、時に神秘的でもある民族楽器の豊かな音色にも心惹かれるし、又、この類のメタルで聴く事の出来る民族音楽の階調が持つ心地良さというのも大きい。
更には異文化に対する率直な関心というのもある。

(表面でこそ)異文化性やアイデンティティを伝える音像ながら、その実、音楽というもの自体に国境を越えた人間の普遍性に訴える力…人間の底流に共通するものが存在すると気付かせるといった面での再考も然り。

因みに「融合」という言葉を自分も(割と?)ホイホイっと使ったりするのだが、実際には「異質と異質が溶け合う」というのはそんなに容易な所作でも無く。
(何せ…「異なっている」訳なので。)
だけども、先日久しぶりにANGRAを聴いてて「…これぞMETALと民族音楽の融合だっ!」と(今さらながらに感動しながら)思い知った瞬間が訪れり。
↑それは、皆さんご存じの通りかと。。
遂に新作がそろそろ…(涙)。LOUD PARKにも出演決定したみたいで。

(※日本の三味線の音はエモーショナルで大変に好いと思います。)

*-------*-------*-------*-------*

ごちゃごちゃ呟いた?が、最近勉強させて頂いた中でも個人的にインパクト絶大だったバンド達を…心に刻まんが為に書き留めさせて頂きたい。

HELJAREYGA
フェロー諸島出身。ついつい?屈強なメンバーの方々に目を奪われそうになるが、楽曲の確かさに度肝をぬかれた。同郷のTYRは勿論、かのRUNNING WILDを思い出すパワフルな向き。“Regnio”のメロの強健さに痺れて。。
※HELJAREYGA→myspace

THUNDERTALE
リトアニアのバンド。(既にご存じの方も多いかと思われるが)フォーク・メタルというよりも「トラディショナル」なメタルとしてのアピール力を秘めているものと信じる一方で、笛のフューチャーぶりが甚だしいご様子の為、触れさせて頂いた。
影響受けたアーチストも「AVANTASIA、HAMMERFALL、HELLOWEEN、IRON MAIDEN、EDGUY」とあり、納得しつつも東欧州ならではの哀愁感映すメロディ・ラインも◎。
※THUNDERTALE→myspace

YAWARHIEM
ペルー。紹介文には「ハードロック、交響曲、オペラ、アンデス民俗の融合」「インカ帝国の復活」みたいな事が書いてある(?)みたいだが、シンフォニックな音像でかなり演奏がかっちりしている印象。…本気で素晴らしいと思われる。
※YAWARHIEM→myspace

探求しゆけば、累々と夢が広がる。。。

P.S.
(「前編」としてしまったので…)明日?の記事でも続けるつもりですm(_ _)m

※【6/9】:一部訂正しました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:02  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

毎度~。

夜分遅くに失礼します~。
SILVERWINGERさん毎度~、くぼちゃんでございます~。

おぉ!オフラ・ハザとは実に懐かしい名前!

俺も一時期ワールドミュージックにプチはまりをしてました。
最近なんかも、それ系の音が欲しくなりついオムニバスアルバムに手を出したくらいでして。(笑)
俺個人的に、ブルガリアンヴォイスグループ、スモリアンフォークアンサンブルというグループのCDを現在捜索中です。
国立合唱団の声も悪くないんですが、俺的にやはりスモリアン~です。
もし興味があれば是非!

GIPSY KINGSは現在も聴いてます。
時代劇のエンディングで流れた涙ちょちょ切れの名曲INSPIRATIONはいつ聴いてもいいですね~♪

俺的にオススメは、フランスの女性Vo、SAPHO(サッフォー)ですね。
SAPHOはかなり昔、車のCM(確かMR-2という車のはず)に楽曲が流れた事があります。
巻き舌でパンチ力あるVoですよ~。
曲によっては中東に影響を受けたかのような感じがあったり、若干シャンソンな感じもあったりします。
これまた、もし機会あれば是非!

あと…多分御存じかと想いますが、アイルランドのパンクバンド、FLOGGING MOLLYもド・アイリッシュですよね~♪
ここのVoって確か昔、あのHR/HMバンドFASTWAYのVo、デヴィッド・キングがこのバンドでVoをしていますね。(現在は…どうなんだろ…やってんのかな?汗)
ま、まぁとにかく多国籍な音は俺も大好きでございます。

てな訳で最近はまたSOULFLYの2005年リリース作品「DARK AGES」を聴き直しております~♪
俺個人的な感想ですが…以前の作品よりトライバル色は薄まり、よりメタルになってますよね~。
鬼気迫る楽曲群です~♪

日々暑くなってきますね。
体調崩されないよう御注意下さいね。
では、とりあえず失礼しまーす。
くぼちゃん |  2010年06月06日(日) 01:03 | URL 【コメント編集】

こんちはぁ~

Folk Metal!
誰がつけたか?考えると眠れなくなります 笑
 
牧歌的な感じがそんなジャンルになったのかなぁ~。
ジプシーキングス、流行りましたよね!
私もベスト盤的1枚購入した覚えがあります
ジュンビキ |  2010年06月06日(日) 08:23 | URL 【コメント編集】

ジプシー・キングスで思い出しましたが、
僕の場合、"フラメンコ"が大好きなんですよね~。
あの、情熱というか喜怒哀楽を表現した"魂"のこもった楽曲に魅了されます。インド民謡にも通じるものがありますが、

フラメンコとヘヴィ・メタルの融合ってのを是非聴いてみたいといつも思っているのですが…

無いですね。

むかし、TRIUMPHが曲と曲の間に"フラメンコ・ギター"を入れていたりしていましたが、曲の流れの中で、"フラメンコ"が欲しい!!

余談でした。
hirokawai |  2010年06月06日(日) 10:03 | URL 【コメント編集】

共鳴しました

前段の文章を拝見して、やはり趣向が似てるんだなと^^つくづく思いました。土着の文化が染み付いたものには独特の魅力がありますよね。近頃ディスカバリーモードなので、挙がっているもの聴いてみたいと思います!

私の場合は津軽三味線の上妻宏光(Agatsuma)氏ですね。
こちらはJazzとかFusion的セッションですが、プログレマインドもあり、心にグッとくるものがあるのでずっとフォローしていますよ。
和モノのTV番組なんかでは頻繁にBGMとして使われたりします。

>hirokawaiさん
勝手に横レスしちゃいます^^;と、フラメンコあります。その名もFlametal!アニメタル系とかではなく、米カリフォルニアのバンドらしいです。
フラメンコ自体、アイデンティティのひとつが手拍子だったりして、ドラムに置き換えるとあの感じを出すのは難しいのかもしれませんね。
Master T |  2010年06月06日(日) 16:25 | URL 【コメント編集】

いや~FLAMETAL試聴しました!!
素晴らしい!!
素晴らしい!!
これは、即GET
hirokawai |  2010年06月06日(日) 17:10 | URL 【コメント編集】

毎度です~。

くぼちゃんさん 江

> SILVERWINGERさん毎度~、くぼちゃんでございます~。
くぼちゃんさん、毎度~

> おぉ!オフラ・ハザとは実に懐かしい名前!
オフラ・ハザはマジで懐かしい。。。
素晴らしい歌声だったです。
(亡くなってしまうとは…。)
ブルガリアン・ヴォイスは一時期(今でもか?)
結構話題になってましたね~
「神秘のなんとかかんとか」的なコピー?で。確か…?

> GIPSY KINGSは現在も聴いてます。
GIPSY KINGSのINSPIRATION>鬼平っすよね^^
(アレは…真面目に名曲でございまして…っ)
胸が締め付けられる~!

> 俺的にオススメは、フランスの女性Vo、SAPHO(サッフォー)ですね。
オススメですか!
名前は聴いた事あるんですが…未聴?
でも、CMで使われたりしてたのであれば
きっと何処かで耳にしている筈ですよねぇぇ。

> アイルランドのパンクバンド、FLOGGING MOLLY
はい~、存じてオリマス~m(_ _)m
(キャリア長いっすよね^^!)
んで、今でもデイブは??と思ってさっき調べたら、
現在も同バンドでご活躍の模様?デス。

> SOULFLYの2005年リリース作品「DARK AGES」
現在、ガンロテ中ですか~!
そうそう、鋼鉄感がより増しましたね♪
(て、新作はどんな感じでせうねぇ)
うーん…、、自分も聴きたくなってキマシタぜよ!!

> 体調崩されないよう御注意下さいね。
> では、とりあえず失礼しまーす。
くぼちゃんさんこそ、お身体ご自愛をば!!
ではでは
silverwinger |  2010年06月06日(日) 22:42 | URL 【コメント編集】

こんばんはぁ~

ジュンビキさん 江

> Folk Metal!
> 誰がつけたか?考えると眠れなくなります 笑
睡眠不足になります 笑
(ニワトリが先か卵が先か。←違 )
「70年代Folk」…とはまた異にするもの…。

> 牧歌的な感じがそんなジャンルになったのかなぁ~。
そういう感じのものがカテゴライズされたかもしれませんねぇ~。
(自分>ストレス的な時に聴きたくなる傾向がやや?)
あ、今は大丈夫ですんで~!(^^)/

> ジプシーキングス、流行りましたよね!
> 私もベスト盤的1枚購入した覚えがあります
かっなり流行ってましたよね!
(私めも同じものを聴いてたかもしれません 笑)
silverwinger |  2010年06月06日(日) 22:47 | URL 【コメント編集】

フラメンコとの融合…!

hirokawaiさん 江

> ジプシー・キングスで思い出しましたが、
> 僕の場合、"フラメンコ"が大好きなんですよね~。
> あの、情熱というか喜怒哀楽を表現した"魂"の
> こもった楽曲に魅了されます。
> インド民謡にも通じるものがありますが、
フラメンコも素晴らしいですね~。
まさに「魂」を感じるというか。
そうそう、私は一時期インド映画にハマッてまして。
(↑インド音楽は不可欠で…)また観ようかと^^

> フラメンコとヘヴィ・メタルの融合ってのを是非聴いてみたいといつも
> 思っているのですが…
> 無いですね。
> むかし、TRIUMPHが曲と曲の間に"フラメンコ・ギター"を
> 入れていたりしていましたが、曲の流れの中で、"フラメンコ"が欲しい!!
スパニッシュ・ギターを挿入して>みたいなのは
割りと見かけますが…
(ちゃんとしたフラメンコですよねぇ。。)
「融合した姿形」>自分も余り覚えがない??
…と思っていたら、Master Tさんが見事解決して
下さった様で♪(ヨカッタヨカッタ^^!)
silverwinger |  2010年06月06日(日) 22:48 | URL 【コメント編集】

嬉しき偶然です~!

Master Tさん 江

> 前段の文章を拝見して、やはり趣向が似てるんだなと^^
> つくづく思いました。
おおっ、そうでございますか~!
(嬉しい偶然ですねっ♪)

> 土着の文化が染み付いたものには独特の魅力がありますよね。
仰る通りスペシャルな魅力があるんですよね!
> 近頃ディスカバリーモードなので、挙がっているもの聴いて
> みたいと思います!
もし宜しければ…追々どうぞ!m(_ _)m

> 私の場合は津軽三味線の上妻宏光(Agatsuma)氏ですね。
> こちらはJazzとかFusion的セッションですが、プログレマインドもあり、
> 心にグッとくるものがあるのでずっとフォローしていますよ。
> 和モノのTV番組なんかでは頻繁にBGMとして使われたりします。
Agatsumaさん、有名ですよね^^
(なるほど、継続的にフォローされてるんですね!)
吉田兄弟さんは(結構)TV露出してますよねぇ。

> >hirokawaiさん
情報提供頂いて、有難いですm(_ _)m
(流石です♪)
Flametalですか!←自分も是非聴いてみたいですねぇ^^!
silverwinger |  2010年06月06日(日) 22:51 | URL 【コメント編集】

よかったですね!

hirokawaiさん 江

> いや~FLAMETAL試聴しました!!
> 素晴らしい!!
> 素晴らしい!!
> これは、即GET
よかったですねっ!←Master Tさん>有難うゴザイマス!
(自分も視聴してみます♪)
silverwinger |  2010年06月06日(日) 22:52 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/225-b49e8870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |