2009.12.13 (Sun)

『The Laws of Temptation/HIRAX』

US・カリフォルニア州出身のスラッシャー、
HIRAX“The Laws of Temptation”

例年この時期になるとちょっくら血圧が上がるみたいなのだが?まぁ、そもそも年の瀬で慌しい故かもしれないが~(To Doてんこ盛り~)。…その上、こちらを聴いたから尚更なのだな!じわじわ冷え込んで来たこの気候をものともしない(蹴散らす)、荒馬の如き血湧き肉躍りの(血圧上昇に拍車掛かる)スラッシュ~。
(気分的には寒さ対策要らんかも。)

ワルっちさの中にも(ある種の)スカっとした空気を導入させたラフでスピーディでアグレシッブなこのクロスオーバー・スラッシュに於いて、黒人ボーカリストのKatonによる天空を切り裂くかの?雄叫びの存在はやはり大きいものと。
再結成後に、04年にリリースされた「THE NEW AGE OF TERROR」でも当時のノリを失わずに復活させた姿に胸をトキめかせたファンも多いものと信じるが、新作「EL ROSTRO DE LA MUERTE」にあっても、ベイエリアのザクザクなリフは痛快極まり無く、HIRAXの進撃はこの先止まりそうもないじゃん!…というその気配が何とも頼もしい。
(時を経て、Katonのボーカルは80年代時の頃に加えて別の魅力=つまりは「味わい」を増しているし。)

この曲、緊張感を煽るintroをたっぷりめに割いたその直後に訪れるヘドバン確実の流れが待ち受ける到達点…の瞬間がたまらなく痺れる訳だが、雪崩れ込んでしまってからの【おらおらおら~】の暴走とKatonの絶叫畳掛けで…血管ふつふつモノ。(大音量で聴くに額の血管浮き出そう…)

◆「EL ROSTRO DE LA MUERTE」
ジャケはエド・レプカちゅうコトで!


HIRAXmyspace

作品的には“Battle of the North”“Cuando Cae la Oscuridad(When Darkness Falls)”といったインスト曲、又はSEを絡ませたりの長めにintroを取ったナンバーを配置する事で緩急を生んでいるのだが、スピ狂スラッシャー至福の“Baptized By Fire”“Eradicate Mankind”等で身震いさせられ、重厚な“El Rostro de la Muerte (The Face of Death) ”のコンポージングでもベテランゆえの凄みに思い至る。

(師走の時期に激熱なthrashが聴けてタイヘンに有難く。)

P.S.
ただでさえIMPIOUSもかっちょええのに、THE CROWNが再結成って!(涙)

毎年親から名簿(リスト)が送られて来て、作る年賀状>これが結構heavy級。
(やっとこドウニカ終わらせたが…)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : HIRAX カリフォルニア

22:33  |  一曲一献(スラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

聴いてて・・・

昔のOVERKILLを思い出してきました(*^_^*)
沙羅斗牙 |  2009年12月14日(月) 02:16 | URL 【コメント編集】

そうですね~!

沙羅斗牙さん 江

> 昔のOVERKILLを思い出してきました(*^_^*)
そうですね~!
スラッシュ化していった頃のOVERKILLとか、
1stの疾走感、勢いとかも?
(あ、OVERKILLは何ちゅうか…もちょっと整ってるかも?)←どうだろ?
ボビーの不敵なvoがこれまたイイんですよねぇぇ^^!
silverwinger |  2009年12月15日(火) 22:17 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/174-429de4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |