2009.12.03 (Thu)

『Under A Pitch Black Sky/SKYFIRE』

フィンランドのシンフォニック・メロデス、
SKYFIRE“Under A Pitch Black Sky”

先日、ENSIFERUMに胸トキメいた直後だったが、SKYFIREもキターーーーーー!

SKYFIREはツイン・キーボードの編成で知られており、シンフォニックなキラキラ洪水が強烈だったという記憶…、とりわけ1st「TIMELESS DEPARTURE」の異臭騒ぎ?と突っ走りと綺羅デスぶりが記憶に根強いのだが…次第にクサみというよりもシンフォライズされたサウンドにプログレッシブなエレメントを練り込んだ作風へと進展させて来た。
※当バンドのJohan Reinholdz<g>は現在ANDOROMEDAにも参加してオリマス。

敢えての?己への命中度で言うと、1st「TIMELESS DEPARTURE」の“The Universe Unveils”や2nd「MIND REVOLUTION」の“Nightmares Nevermore”“Haunted By Shadows”とか3rd「SPECTRAL」の“Effusion of Strength”“Shadow Creator”辺り>特に高いものがあるかもしれない。
(モチロン、他にもいい曲manyあるのであしからず…)

最新作に当たる「ESOTERIC」でもSKYFIREらしい道理を通した満足感得られる内容であり、テンポチェンジや凝った構成のプログレッシブな手法も見せつつ、品の良いシンフォ・アレンジのメロデスを基調としている…というのは継続している所で、SKYFIREらしく「このフレーズ綺麗だぁ…」と思ってウットリしてると突然激走へ急変したりが…やっぱドッキリ楽しい(?)
全体的なトーンとしてはより厳かにシリアスで陰影ある劇的な印象なのであるが、ブラストの効果で迫力を増し、(特にGソロ等で)直裁にメタルなエッジが強調され、プログレ気味であっても散漫ではなく、楽曲の引き締まりも良い。
更には、随所でグレード高いメロディを聴かせてくれる。

この曲はのっけからイケイケ(死語)の掴みオッケーであり、疾走、ブラストで描くブルータルさと(翻っての)サビメロの清々しさとの対比が素晴らしい。
間奏部への流れもよろしく、その間奏部こそがマストな存在の仕方でして…。
今年聴いたフィンランド・メロデスの中だとサビメロの秀逸さと間奏部の必須感、曲の纏まり具合で言えば、EToSの“Midnight Bird”と双璧?かなぁと(個人的に)考えていたりする。←マダ今年終わっちゃないが…

◆4th「ESOTERIC」
EsotericEsoteric
(2009/10/13)
Skyfire

商品詳細を見る

SKYFIREmyspace

“Rise and Decay”はしっとりした序章から転じての哀愁疾走が狂おしく胸を打ち付け…(圧倒的ドラマチック・ナンバー)。
“Let the Old World Burn”はメイデン風のintroでニンマリしたが、この曲はリフが大変に魅力的というか(好きなのだが)、エモーショナルなソロも併せて、とかくギターが光っているなぁと。
“Misery's Supremacy”でも突如の激動?もさる事ながら中盤にFUNK調のアレンジが入ったり、でもピアノ鳴っているし…で忙しいけど良質なプログレ・メタルを聴いてるかの様。

1stの頃の様な「ギラギラ」した絢爛さを際立たせるシンフォというより適所の「キラキラ」であって、しっとり落ち着いたゴシック風味のシンフォ・アレンジも美しい。

一曲一曲の作りの丁寧さに唸るが、それらが重なり合いせめぎ合い、作品そのものが相当の高みへと。

P.S.
そういえば…
イングヴェイがM・ジャクソン「今夜はビート・イット(Beat It)」をcover(リッパーのボーカルで)>って読んだ。←モノスゴク聴いてみたいのだが。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド SKYFIRE

22:08  |  一曲一献(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/172-e7f243e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |