2009.10.19 (Mon)

ディスコミュニケーション?

昼休みに隣の席にいた2人の男女が口論(議論?)していたのだ。
(因みに痴話喧嘩とかそういったものではない。)

2人とも同じ会社の人間らしく、営業畑の男性の方(←言ってみれば井筒監督を想像させる人物である)が立場的には上の方みたいだったが、やたら「ディスコミュニケーション」という言葉を乱発しており、話の内容から察するに、社内でのコミュニケーション不足?が原因でトラブルが発生し、取引先に対して何らかの不利益を与えてしまった様だった。
男性は女性を強く詰問していたのだが、女性の方にも言い分があるらしく、男性の話の進め方に問題があると反駁して引き下がらない。
女性が指摘する男性側の問題点?というのはどうやら「さみだれ式」とか「バランス悪い」とか「主語が抜けている」という事らしい?のだが、バランスが悪いと言われたのが癇に障ったのか男性は「お前何様!そんなに偉いのか!」と(殴りかからん勢いで?)怒り出したが…しかし、女性も怯まずに主張を通していた。

自分は休み時間も終わりかけていたので(2人の収拾を見ないまま)その場を立ち去ったが、結局その後、両者の会話はどこに着地したのか(そもそも着地したのか?)どうなったのか気になる所だった。

過日、ロブ・フリンがコミュニケーションの取り方について今も尚学んでいるというのをインタビュー記事で読んで、(仙人にでもならない限り)生きている限りコミュニケーションはつきもの、一生モンなのだろうなと自分も改めて思ったのだが。

(個々人で育った環境や状況、価値観、理解様式…等々が異なるという実際があるので)コミュニケーションを通して必ずしも自己が理解した様に他者が理解して、他者が理解した様に自己が理解しているとは限らないのだが、どこかしらに共通項を探るという事は出来る筈で。
特に欧米の様に曖昧さを許さない言語体系の文化では突き詰めて議論し続け、理解するまで語り合うだろうと想像するのだけれども。

そして、音楽は「非常に深淵な言語であると言える」とのロバート・フリップの言葉があるのだが、…確かにそうなのだろうと。

(…そもそもこの記事自体がうまく着地しなかったが。) 

P.S.
何だかんだで土日にちょこちょこ用事が入りがちな私は…行けないだろうなと予想していたが、ラウパ行けず。。。
ここは行かれた方のレポートを楽しみにするしかないっ!

てか、もたもたしている内に続々新譜が~。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:28  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ふむ、何やら興味深い記事ですな。
コミュニケーションとは…

しかしディスコミュニケーションとはどういう意味なのですかね?
コミュニケーションという言葉自体曖昧模糊なのに
更に否定の接頭語が付くとはw
記事読む限りでは♂の方がディスっぽい気が…

個人的には「完全な相互理解など有り得ない」という
前提条件がないとコミュニケーションは上手く行かない
と思いますね。。。
みんなそれぞれ違う世界に生きてるワケだし…

うん、しかし面白い記事でした!^^
たまにはこんな記事もイイですね!
KALI YUGA |  2009年10月20日(火) 22:50 | URL 【コメント編集】

disナシの「communication」とは…

KALI YUGAさん 江

> ふむ、何やら興味深い記事ですな。
> コミュニケーションとは…
男性は連呼してました>「ディスコミュニケーション」を。
ならば、disの付かない「communication」とは一体何者なのか?

> しかしディスコミュニケーションとはどういう意味なのですかね?
和製英語だそうですねぇ。
どうやら、
・コミュニケーション 0(ゼロ)状態
・コミュニケーション不全
の2つの意義(説?)があるらしいですが、
男性は後者の方のニュアンスで使っていたと思いますね~。

> コミュニケーションという言葉自体曖昧模糊なのに
> 更に否定の接頭語が付くとはw
> 記事読む限りでは♂の方がディスっぽい気が…
女性の指摘点が分かりやすく伝わってきたというのはありますが、
真相はどうなのかは…当事者ではない為に不明です…
実の所はお互い様だったのかもしれません??
(男性は井筒監督似だったのだけは確かですが。)

> 個人的には「完全な相互理解など有り得ない」という
> 前提条件がないとコミュニケーションは上手く行かない
> と思いますね。。。
> みんなそれぞれ違う世界に生きてるワケだし…
よくあるケースとして「自分が言っている事を理解していない」
と怒り出すというのがありますが、うーん。。。
発信者側の情報伝達の仕方と受手側の知・情・意も絡んで、
コミュニケーションというのは単純ではないのでしょうね。

> うん、しかし面白い記事でした!^^
> たまにはこんな記事もイイですね!
お粗末さまでした~m(_ _)m
(たまたま聞き慣れない言葉に遭遇して、興味が湧き…
収拾つかない記事になりました^^!)
silverwinger |  2009年10月21日(水) 22:17 | URL 【コメント編集】

Communication かぁ・・・

 真っ先に LED ZEPPELIN の「Communivation breakdown」を思い出した俺って・・・

 それはともかく、非常に興味を引く記事なので、思わず激しく反応してしまいました。

最近は、(自分の場合、特に仕事の場では人対人のコミュニケーションが必要不可欠なのですが)きちんと伝えたい内容が相手に伝わらない,というような事例が身近な所でありまして、・・・あ、これ以上詳しくは言わないでおきますね、まぁ「そんなことがあったんだ」と軽く流してください。私の極めて個人的 ・・・じゃない、内輪の問題なので。


 ともあれ、互いに、自分の伝えたいことを相手に伝え“ようとする”気持ちを持つことも、忘れてはならないと思います。言葉遣いだけを選んでその結果相手に意図が伝わっても、自分の意思が伝わらないこともあるので。


・・それでは、失礼しました。
Knacker-Molly |  2009年10月23日(金) 00:10 | URL 【コメント編集】

「向」を込めて。

Knacker-Mollyさん 江

初めましてm(_ _)m
コメント有難うございます!

>  真っ先に LED ZEPPELIN の「Communivation breakdown」を思い出した俺って・・・
いやいや、ZEPの↑を思い出すのは、
HR/HM好きとして自然な?流れではないかと(^^)

>  それはともかく、非常に興味を引く記事なので、思わず激しく反応してしまいました。
「ディスコミュニケーション」なる言葉に興味引かれ、
ついつい記事にしてしまい…。

> 最近は、(自分の場合、特に仕事の場では人対人のコミュニケーションが
> 必要不可欠なのですが)きちんと伝えたい内容が相手に伝わらない,
> というような事例が身近な所でありまして、・・・あ、これ以上詳しくは
> 言わないでおきますね、まぁ「そんなことがあったんだ」と軽く流して
> ください。私の極めて個人的 ・・・じゃない、内輪の問題なので。
そうでしたか…了解です、深読みは致しません。
(その事例は…モチロン自分にも心当たりアリマス☆)
仕事でもそれ以外でも^^

> ともあれ、互いに、自分の伝えたいことを相手に伝え“ようとする”
> 気持ちを持つことも、忘れてはならないと思います。言葉遣いだけを
> 選んでその結果相手に意図が伝わっても、自分の意思が伝わらない
> こともあるので。
仰る通りですねっ。
如何にスキルを磨き(スキルは否定しませんが)、言葉を尽くしても、
「向」を込めていなければ実が無いかと。
仮に言葉がたどたどしくても非常に心打ちつける場合もありますし、
逆にどんなに饒舌でも何も心に残らない場合もありますよね。
(自戒も込めつつ…)確かに重要な視点だと思いました♪(ホントにm(_ _)m)
silverwinger |  2009年10月23日(金) 22:36 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/163-d4820b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |