2009.07.23 (Thu)

『Question Within/NeVeR』

ポーランドのテクニカル&メロディックなデス、
NeVeR“Question Within”

アンジェラ(ARCH ENEMY)、マウザー(ex.VADER)が新作「BACK TO THE FRONT」でゲスト参加しているポーランドのバンド。

結成は97年という事で今回の新作以前に過去2回アルバムをリリースしている様なのだが、ギタリストのセバスチャン・セバ・シノヴェツが直前に在籍したSEPSISというバンドを離脱後に新バンドを…と志したが、ボーカルが見つからんので仕方なく自らボーカルも兼任でスタートしたらしいのだが、やむを得ずだったとは言え、セバスチャンのボーカル>中々ドスの効いた暴虐ボイスで良いと思う。

2ndから新作をリリースするまでに7年間ものインターバルがあったそうだが…というのもセバスチャンがギターに集中するべく一時期女性ボーカルを迎えたが、その女性が原因なのか分からんが?メンバー間のスッタモンダ(?)があったらしく暫しバンド休止状態の時期があった模様。
再始動後、セバスチャンは女性ボーカリストを是非ゲストで~と考えていたので、まずDECADENCEのメタリック・キティに声を掛けたが都合付かなかった為(←こちらも聴いてみたかった気も…)、思いきってアンジェラ姐にオファーしたら、「曲の好みがバッチシ!」という次第でOKが出たという。
(※その他詳細はBURRN!8月号のインタビュー記事やオフィシャルサイトなどを。)

そして、当バンドのサウンドだが、ダークネス、テクニカル/プログレッシブ、ブルータル、メロディックな性質が絶妙なバランスで同居した音で、ポーランドのバンドらしくデスメタルのアンダーグラウンド性も匂わすやたらと雰囲気のいい高質なメタルとなっている。

この曲はアンジェラが参加した曲の1つで、“Within”と来たからにはアクエネの名曲がどしてもよぎってしまいそうだが(自分だけ?)、静と動の対比が印象に残るサマはかの曲に通じるものが~と考えたりもするし、動の箇所では強力なリフを備えたスラッシー&デスな猛々しさ、静の箇所では叙情的で麗しいメロディを紡ぐギターソロ…などといった魅力に富んだ要素を合わせ持つまことかっちょええ一曲。
(アンジェラがお気に召したのも~納得。)

◆3rd「BACK TO THE FRONT」
バック・トゥ・ザ・フロントバック・トゥ・ザ・フロント
(2009/06/24)
ネヴァーアンジェラ・ゴソウ

商品詳細を見る


NeVeRmyspace

全体を覆うダークなトーンが小気味良く、ギターなんか「おっ?メガデスみたい」って思わせる様なスタイリッシュでインテレクチュアルな動き方もするし、タイトル曲“Back To The Front”等々もテクニカルで飽きさせないし、…自分は好きですねぇぇ。

P.S.
皆既日食>「その時」仕事中で肉眼では見れなかったが。
(というか、悪石島は何故この名前なのかが気になる。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : NeVeR ポーランド

22:15  |  一曲一献(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おっ、購入されましたか!
スラッシー且つメロディアスなギターサウンドが
大変魅力的death!!
(と言いつつまだ買ってないんだが…^^;)

ところでちょっとお聞きしたいのですが、アンジェラ姐
の歌声は聴き取れますか?
(Amasefferの方はほとんど聴き取れなかったので…)

ちなみに皆既日食ですが自分も仕事中につき
見れませんでしたが(そもそもそんなに興味はないが)、
同僚曰く「皆既日食を見てる人を見てるのが面白かった」
とのことw
KALI YUGA |  2009年07月23日(木) 23:23 | URL 【コメント編集】

キョーレツ~!

KALI YUGAさん 江

> おっ、購入されましたか!
> スラッシー且つメロディアスなギターサウンドが
> 大変魅力的death!!
> (と言いつつまだ買ってないんだが…^^;)
ふっふっふ☆
無論、ゲストが有名人で話題を呼んだ部分はあるかもしれませんが、仮に今回ゲストの招聘が実現していなかったとしても、こりゃもう充分にキョーレツ~!
(過去作にも俄然興味が!)

> ところでちょっとお聞きしたいのですが、アンジェラ姐
> の歌声は聴き取れますか?
> (Amasefferの方はほとんど聴き取れなかったので…)
アンジェラのonly verも入っているし、その点は安心です(笑)
デュオverでは…うーん、割とアンジェラとセバスチャンの声似てますかね。。。
(でも、ここかも?という獣っぽい瞬間はあります。)

> ちなみに皆既日食ですが自分も仕事中につき
> 見れませんでしたが(そもそもそんなに興味はないが)、
> 同僚曰く「皆既日食を見てる人を見てるのが面白かった」
> とのことw
一点に向かってみんなで見上げているのがオモロイのかも(笑)
皆既日食の正にその時真っ暗になって、急速に気温が落ちた>みたいな話を聞くとやっぱり太陽ってスッゲーんだなと。太陽あっての生命体~(併せて地球もなんちゅう奇跡的な星なんじゃ)と改めて思い知る機会ではありました。
silverwinger |  2009年07月24日(金) 23:13 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/146-8d4f57bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |