2009.07.20 (Mon)

『The Gift Of Life/THE TROPHY』

ジャーマンのエモーショナルでメロディアスなHR/HM、
THE TROPHY“The Gift Of Life”

HUMAN FORTRESSに関連して何気無しに聴いてみたら…ボディブローみたく(←喰らったコトはないが)じわじわと効いて来た。

80年代の産業的ロックやヒットチャートを騒がしたHRのテイストもある様な、腰を据えて聴くに按配の良い歌メロ重視のHR/HMだと思われるのだが、当バンドの音楽性に関して「ポップ、クロスオーバー、AORとモダン・メタル少々」が主たる影響源とあるし。
メロディが優れているのとマイケル・ボーマン(ex.JADED HEART他)のボーカルの説得力があるので安心して聴ける内容というか。

トッド・ウルフ<g>がメインのバンドであるHUMAN FORTRESSで演るには「商業的に過ぎるので」こちらのバンドを立ち上げて…といった記載があり、確かにHUMAN FORTRESSが(薄味程度のモダン・アレンジもあるにせよ)「メタル」を感じさせるサウンドであるのに比較すると、こちらは幾分か(リンキンなどの)今風なデジタル音なども溶かし込んでお洒落だけど、かーなーり懐かし気でもあるエモーショナルな情感を携えたハードロック色強い作風>になっているものと思う。

このタイトル曲はオープニングで、モダン・ゴシック調?の静謐なintroにボーマンのソウルフルな歌唱が乗り始め、次第にパワフルなエッジの利いたギターが投入されながら、感情のこもった熱唱と劇的なサウンド・メイクが魂に響いてくる…ドラマチックでエモーショナルな良ナンバー。

◆1st「THE GIFT OF LIFE
…ジャケ画から想像される音とはやや相違があるという気がしなくもない…と一瞬思ったのだが、よく聴いてみると?
Gift of LifeGift of Life
(2009/07/14)
Trophy

商品詳細を見る


THE TROPHYmyspace

“Get The Cup”もサビメロがぐっと来る(←こういうメロに弱い)ミドルナンバーだし、“Rescue Me” といった染み入る良バラード等々、テンポを抑えた曲が揃っているが、じっくりと歌モノを聴きたい~というタームにとりわけジャスト感あるかと。

こういった音楽性だとすればvo上手くないと目立って厳しそう…なので、ボーマンが歌って下さって正解かと。

P.S.
「日食ハンター歴46年」って…(モノホン。)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供の月探査衛星「かぐや」から撮影されたハイビジョン映像



地球がアップで映し出されたりするのだが、感動…。
(地球ってやはり大半「水」で出来ている星なんだなあと。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : THE TROPHY ジャーマン GIFT OF LIFE

11:21  |  一曲一献(ハードロック編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/145-ce333485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |