2009.03.29 (Sun)

『Young Man/TEXTURES』

オランダ出身のプログレッシブ・デス、
TEXTURES“Young Man”

THE OCEAN/GOJIRA/ARCH ENEMYとの、更にはALL THAT REMAINS/MISERY SIGNALSとの欧州縦断ツアーも経験済で、特にヨーロッパで(いまやワールドワイドでも)評価も人気も高く、受賞歴等も華々しい当バンド。
デビューアルバム「POLARS」はスウェディッシュ・メロデス影響の余波も見て取れるが、近年作ではよりMESHUGGAH他の音楽性とも接近している印象。

この曲は未だしもメロデス色の名残ある往時の、扇情的な旋律が胸を突き刺すナンバーであるが、その高ポテンシャルの片鱗も存分に嗅ぎ取れるし、AT THE GATESの如き劇的疾走感を放ちつつ、DARK TRANQUILLITYの曲で感じるかの慟哭、狂おしい哀感が波の様に押し寄せる曲。
(漣の様にフェイドアウトする叙情的エンディングも美しい。)
そもそもタイトルからして狂おしいが…。

◆1st「POLARS」
※ジャケもダリ(?)っぽくていい。
PolarsPolars
(2007/02/26)
Textures

商品詳細を見る


…そんなこんなで?無論、こちらの5人組も期待は尽きない。

P.S.
今夜の世界遺産:
古くは迫害を恐れたギリシャの修道士達が移住して開拓を進めたというイタリア・マテーラの話。(断崖絶壁にそびえ立つこの洞窟都市の光景は圧巻。)
20世紀前半には疫病が蔓延する貧民窟と化した都市の惨状を知った首相の強制命令で戦後、全住人が退去し仮設の新住居へ移り住んだという。
今では再生する形でこの都市が見直され、新しい生活の場として入居する人々が誕生していると。
(…て、ご覧になった方もいらっしゃるでしょうが。)感銘受けたので。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : TEXTURES オランダ

20:46  |  一曲一献(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/118-7229a9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |