2008.05.10 (Sat)

Iced Earth(アイスド・アース)

Priest連携でIced Earth
こちらのバンドもベテランと言えるだろうが、米国はフロリダ産のドラマティック・スラッシュ/パワーメタルバンド。しかし、フロリダって不思議な所だよね?デスメタルのメッカだし、カオティック・コアなんかも流行っているらしいし、自分的には「マイアミ・バイス」位の貧困なイメージしか無い(おいおい)。あと竜巻が多い地域だそうで(だから?)。
Primal Fear同様、Iced Earthも日本では評価がイマイチ…、って納得いかん!陰影のあるドラマ性とスラッシュ感兼ね備えた、実に味わい深いメタルやっているのだが…(時に欧州のバンド?と錯覚起こしそうだが、曲によってはしっかりアメリカやなぁと思ったりする。)

ハルフォードの後任として7年間Judas Priestのボーカルを務めたティム・リッパー・オーウェンズ。その彼が近年加入していたのが、紛れも無くこのIced Earth。(←けど、最近脱退…)マシュー・バーロウが出戻ったみたいだが、それだけIced Earthにはこのマシューの声が上手い云々でない独自の魅力を引き出しているのかもしれん。

ビビビッな曲を挙げてみる(以下↓例)。
“Dracula(印象:冷血な熱情)”
“Burnt Offerings(作り込みの冴え)”
“The Coming Curse(うわ、カッコイイ!)”
“Melancholy (Holy Martyr)(至極単純な作りだが、何故こんな胸を打つのか…)”
“Slave To The Dark(ちとメイデンぽい?)”
“Prophecy(これも展開美だな~)”
“Disciples Of The Lie(スラッシー)”


サムシング・ウィキッド・ジス・ウェイ・カムスサムシング・ウィキッド・ジス・ウェイ・カムス
(1998/12/19)
アイスド・アース

商品詳細を見る


聴いてて感じるのはやはりIced Earthは重厚リフが醍醐味かな、と。
コンセプトメイキングなアルバム作りで、ホラー映画キャラ(「HORROR SHOW」)とか南北戦争(ティム加入作「THE GLORIOUS BURDEN」)、自作のSFストーリー?(最新「FRAMING ARMAGEDDON SOMETHING WICKED PT.1 」)等々、題材の取り方も多様多彩でその辺もクリエイティブでよか~。

ホラー・ショーホラー・ショー
(2001/06/21)
アイスド・アース

商品詳細を見る

ザ・グロリアス・バーデンザ・グロリアス・バーデン
(2004/01/11)
アイスド・アース

商品詳細を見る

「FRAMING ARMAGEDDON~」収録のメロディアスで熱い“Ten Thousand Strong”は、改めてティムの実力思い知った次第。タイトル曲“Framing Armageddon”などもIced Earth節健在でツボめ。(→ティムじゃないけど…)マシューが歌う続編(PT.2)に関しても早くも期待大。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : Iced Earth アイスド・アース ティム・リッパー・オーウェンズ マシュー・バーロウ

19:33  |  ★Pick UP!HR/HMバンド~熱き心に~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://silverwinger.blog62.fc2.com/tb.php/10-cfc38e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |