アルゼンチンのモダン/デスラッシャー。(は、有名な日本の漫画/アニメを…)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

レタスの芽が出て(多分)順調に育っているのに気をよくして、小松菜の種も植えた。

あと、ラディッシュやミント、シソなんかも生育したいと画策。

難易度の低そうな(ビギナーでも育てられそうな)ものに狙いをつけているのだが、はたして今後の展開如何に。

-------------------------------

すこーし前に「追撃車」というスウェーデンのスリラーを鑑賞したが。

※1月にUpされたtrailer→映画『追撃車』予告編(日本語字幕)

かの「ミレニアム」は観た方も多いだろうが、「追撃車」が個人的にHITしたのもあり、北欧のミステリー・サスペンスが面白いのではないかと思い始めてもっと見聞を広げたくなってきた。

ので、図書館でパっと目に留まった本を予備知識ゼロにて借りてきた。
「静かな水のなかで」(ヴィヴェカ・ステン作)を。

掴みはオッケーで164頁目なう。
-------------------------------

アルゼンチンはブエノスアイレス州ラモス・メヒアを出身とするモダン/デスラッシュのHELLVOX

05年の結成で、09年に初フルレングス「Increasing Hate」をリリースしており、この度、2ndとなる「THE KILLING HAND」が登場!

本作は「世界的に有名な日本のmanga / animeの"DEATH NOTE"をベースにしたコンセプチュアルなアルバム」だという。

『manga』=漫画、『anime』=アニメ

…は、すっかりインターナショナルに通用するワードとして定着しているようで。
(『Kawaii』や『Mottainai』なんかもそうらしいですね。)

デスノートは(松平健ではない)まつけんが出ていた映画版を観たことある程度で、私はさほど明るくない為、このmanga / animeの世界観が如何様に投影されているかについては心許無い。。。
きっと詳しい方が聴けばより感じる所はあるかと。

…あるかと思うが、パッと聴きでも反射的に「(うわあああ…)カックイ・イ!!」と痺れさす楽曲が其処彼処に。

「キターーーーーー!!」感も甚だしいクール&ダークな“Black Book”はその実、[込んだ]作りだし、【抗う者・物ともせず】の“The Eye”“Remembrance (God Of The New World - Part II)”は「突っ走りデスラッシュかくありなん」のトキメキ。



“A Better Place To Live”はインド音楽(シタールらしい)のエッセンスも絡ませた、渋くもパワーなバラード佳曲。
美とブルータリティが調和した“Imprisonment (God Of The New World - Part I)”ではクラシカル・フレーズも顔を覗かせ。

そ・し・て!
“Sakura”…「アイ・サレンダー」。カッチョ良過ぎます。参りましたm(_ _)m

コンセプチュアルな作風とそれを生かす曲作りに魅せられもするし、リフが立っているデスラッシュは根本的にかっちょええなあ、と。

P.S.
アルゼンチンといえば、パタゴニアで世界最大(か?)の恐竜の化石が発見されたそうで。動画見たがシッカリした骨。確かにデカい。
関連記事
2014/05/21(水) 23:50 | trackback(0) | comment(0)

21ではなく11ですが。

カテゴリー: 本日の〇〇METALマイ・ベスト(10曲)

連休明け(正確には7日から)何故か「恒常的フルスロットル」状態に。。。
何でしょう、毎年こういう感じだったかな??(よく覚えていない。)

…それ故に土日も少なからずヘタバリ気味でしたが、ふと見かけたライフハッカーの記事「ガーデニング初心者におすすめしたい手軽に栽培できる7つの野菜」 に触発されまして。

というのも、先月参加した浄水場の見学会で頂戴した培養土の存在を思い出したというのもあるが(ええ)、記事を読んでいる内に「ウチでもイケるかもしれない」という気になったので。
レタスの種を買ってきて蒔いてみた。

以前、観葉ガーデニングにハマッた(といっても毛が生えた程度のものだが・・・)時期もあったのだが、ここ最近じゃ土いじりはすっかりご無沙汰で。

野菜モノはお初だが、さっき確認したらちょいと発芽してきた様子。育つといいな。うん。

--------------------------------------

こちらも目に入ってきたamassのニュース。

→『歴代最強のメタル・リフ TOP21』を英サイトWhat Cultureが発表

関心さながらに見ましたが、、、「うむむ!」「おっ!」と思わすような曲が挙げられてました。

…というコトで、私も負けじと?今のリアルな気持ちのままに選んでみました。

そのパワフルなリフ・ワークを全力で満喫したい本日のMyセレクション・11曲です。

“Thunderstruck”AC/DC
“Wherever I May Roam”METALLICA
“Towards the Sky”KALMAH
“Deep Inside”NORTHER
“Bestial Invasion”DESTRUCTION
“Excalibur”GRAVE DIGGER
“Symphony of Destruction”MEGADETH
“Slashdead”PARADOX
“The Downward Spiral”PARADOX
“Metal Machine”U.D.O.
“Disciples of the Lie”ICED EARTH

やっぱりアガる凍土tune。ぐれいと。


P.S.
FC2ブログの投稿画面が変化。(あたふたしてしまった。。。)
関連記事
2014/05/15(木) 00:19 | trackback(0) | comment(0)

【4/1~4/28】ツイまとめ。

カテゴリー: メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)

4月分のアーカイブです。

Tue, Apr 1~Mon, Apr 28


    silverwinger

  • ANNIHILATOR “Brain Dance”。>ホント、自由だなあ//^^) posted at 04/01 08:59:33

  • データの移行は土日にゆっくりやるしかないか…;(その事で結構頭がモリモリ) posted at 04/02 08:58:42

  • ANNIHILATOR “Fight The World”。>introから転じてのヘドバン posted at 04/02 20:10:02

  • ANNIHILATOR “One Falls, Two Rise”。>素晴らしい曲だ!と思わずには… posted at 04/03 20:13:05

  • ハナキン。今晩はリアルに花金感ありo(^▽^)o posted at 04/04 20:10:39

  • 新パソコンのセットアップ&データ移行(の大まかな所)は完了した(^^) posted at 04/07 08:58:21

  • 電車が混んできたね。新学期だから? posted at 04/07 08:59:30

  • GREEN NOVICE GREEN NOVICE “Kuovis lauka”。>今週も始まりました! posted at 04/07 09:03:03

  • GREEN NOVICE “Vylkataks”。>アガります//(終盤インストは叙事詩的。) posted at 04/08 09:02:58

  • GREEN NOVICE “Zyli malni padebesi”。>吸い込まれそうな音律……☆★☆***☆★☆… posted at 04/09 20:13:43

  • 物凄く画家っぽい人が間近に居る (見るからにpainter) posted at 04/10 08:58:28

  • GREEN NOVICE “Parkiuns vede vedeklenu”。>女性ボーカル曲。(3:20過ぎから頓にメタリック) posted at 04/10 20:22:12

  • 「華麗なるジャポニスム展」は観てみたい気がする。…しかし、世田谷美術館に最後に行ったのっていつだっけ… posted at 04/11 20:05:24

  • 展示はイギリスの現代アーチストの、だったと思う。自然材を使う作風で……(名前を思い出せないのが気持ち悪いので調べよう) posted at 04/11 20:07:48

  • JULIUS SEIZURE “Sixth and Falling”。>今週も始まりました! posted at 04/14 08:58:44

  • …で、芸術家の名はアンディー・ゴールズワージー(Andy Goldsworthy)だった。展示の開催年を確認したら丁度20年前だったみたい= posted at 04/14 20:11:03

  • 画像検索で久方ぶりに作品を拝見したが…やはり素晴らしい。動画もあった/// posted at 04/14 20:15:16

  • JULIUS SEIZURE “Second Coming”。>華麗で荘重、且つ変幻。ナイス。 posted at 04/15 08:58:44

  • KARLAHAN “Skyline”。>微プログレ+黄昏の憂愁美メロ(激しく沁みる…)デス posted at 04/16 20:13:16

  • なんだか混む日とそうでない日があるよね。昨日はギュウギュウ混んでいたが posted at 04/17 08:58:38

  • KARLAHAN “The harvest”。>至極旅情を誘う…! posted at 04/17 20:15:47

  • KARLAHAN “Twilight”。>メロスピ的華々メロデス曲! posted at 04/18 20:16:22

  • ICED EARTH “Plagues of Babylon”。>今週も始まりました! posted at 04/21 08:59:31

  • TERAMAZE “Transhumanist”。>1曲目からもう心の臓が熱くなり……凄。。。(鬼クオリティ) posted at 04/22 09:00:05

  • ※誤解なきよう→“Transhumanist”は3曲目です posted at 04/22 09:06:27

  • TERAMAZE “Bodies of Betrayal”。>メロ、特にサビの歌メロが物凄く綺麗。Gのリードも胸締め付けられ posted at 04/23 09:00:06

  • 車内で西武HDが今日上場した報告と御礼が出ているね。(再上場したのはニュースで先に知ったが) posted at 04/23 20:05:46

  • TERAMAZE “Punishment By Design”。>先行発表曲。凝ってるのにCatchy(^^) posted at 04/24 20:14:44

  • 停電だったようだが…運転再開した posted at 04/25 20:01:19

  • TERAMAZE “Esoteric Symbolism”。>タイトルチューン。トーンがひたすら美しい…**☆★☆**… posted at 04/25 20:20:16

  • TERAMAZE “Parallels / Dual Reality”。>今週も始まりました! posted at 04/28 08:58:13
関連記事
2014/05/14(水) 23:56 | trackback(0) | comment(0)

スウェーデンのデュオ・プロジェクト。

カテゴリー: バンド紹介(ヨーロッパ)

黄金週間最終日。

GW中は実家に顔出しに行ったり、骨を休めたりしてました。

映像も色々と観たのだが、「ホワイトハウス・ダウン」や「ラストスタンド」他、GyaO!2日間限定の「ミッシング」(10話)が面白かった。

特に「ミッシング」はロケしたヨーロッパ各地の風景が目の保養でしたねー。

目に贅沢というだけでなく、キャラ設定、テンポも良く引き込む展開が気に入ったのでシーズン2がないのかを調べたが、そうか。。。
シーズン1自体、大人の事情?で途中打ち切られたらしく。(ざ、残念…)

--------------------------------------

Firefox派生系でアップグレードが公開されたので適用。

新マシンになってからは触ってなかった「about:config」もアレやコレやしたので、自宅環境で過去最高レベルにブラウジングが高速化された。と思いたい。

--------------------------------------

EMPIRINEスウェーデン出身の、Robin BrinckさんとAlexander Edlundさんの二人によるデュオ・プロジェクト。

※Last.FMで写真を見たが、知的な雰囲気のお二方ですね。

2010年初頭の結成で、以後最新EP「OCULI」を含めて計4つものEPを出している辺り、旺盛なクリエイティビティが窺え。

作曲は二人でやっているみたいだが、演奏面は(メインの)ボーカルとギターはRobinさんが、キーボードとグロウルとドラムはAlexanderさんが担当されているようで。多才。

“影響を受けた…”では「The Faceless, Cynic, Obscura, Opeth, Dimmu borgir, Daath, Meshuggah」の名が挙げられているが、その音楽性といえば、シンフォニックだったりエレクトロなアレンジを衣がけした、ハイセンスでディープな味わいのプログレッシブ・デス。

…が、何といっても、「メロディが綺麗!強力!」。←この点、スルーできません。

それは、“Polarity”“Io”の、胸を掻き毟る慟哭、哀愁の旋律でも明らかだが、シンフォ・ブラックな猛々しさを混じえた“Oculi”スウェーデンらしい美麗でキャッチーな歌メロであるし(※当曲、間奏のキーボードがグッド・アクセントです)、“Crowned in the Undergrowth”のソレもまた誠に沁みる。


“Crowned in~”は1:56前後のブラストビートへの流れ込みが圧倒的。)

冗長にならずにセンスはしっかり伝える構成力を見せつけながら、良質なメロディの存在がとっつきのいいプログレ・デスにもなっていると。

聴けば聴く程、酔わされます。ね。ね。

現在重回転中のTERAMAZE「ESOTERIC SYMBOLISM」でもそう実感したのだが、メロディというものの重大さを改めて思い知り。

P.S.
只今の気温低そうです。
関連記事
2014/05/06(火) 23:53 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |