2013.01.27 (Sun)

SHADOW VENGERのプロジェクト作「AGE OF THE GOLDEN DRAGON」

SHADOW VENGERさんの(概ね)インストゥルメンタル・プロジェクト「AGE OF THE GOLDEN DRAGON」。

UKロンドン出身のShadow Vengerさん<g>のネーミングは、真剣Loveしていた「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のアニメキャラを基にしたものだそうで。(すると実名では…?)

94年からギターをプレイしているというVengerさんだが、ThrashcoreバンドのSTAND ASIDEなどを経て、06年にボーカル兼ベースのCyclonis Niyil-Kaさんと共にメロデスバンドのEMPYREAL DESTROYERを結成したという。

その後、音楽活動に対して一種の燃え尽き…というか音楽から離れた時期もあったみたいだが、09年、一人の女の子を感動させる為にプレイを再開した(とあります)…が、それはうまくいかなかったそうだけれども音楽を続ける契機になった模様であり。

本プロジェクトは、「歌うのは好きじゃないし、楽曲はパーソナルなものでちょっと恥ずかしい」という理由で本腰入れてなかったらしいが、2010年の末に「My favouriteで、自分が求めていた人生を獲得する可能性が最も高いもの」と(本プロジェクトに)注力しゆく意志を固めたのだそう。

(以上はfacebookの略歴から、です。)

…と、赤裸々で飾り気無いお人柄が伝わってくるVengerさんの想いが詰まった本作について、(先だってのパッと聴きの段階で)「日本人好みかもしれない」旨、書かせてもらったのだが…

聴き込めば聴き込む程、その「日本人受けが良さそう」な印象が強化されていく…し、

インスト/ボーカルあり問わず、いずれの楽曲もメロが口を突いて出て来る&出て来る!!という。

(ボーカル・フィーチャリングの楽曲に関しては各々の曲調に合わせた男性&女性のミュージャンをゲストに迎えて作られた様だが)
実際、凛々しくも哀愁を含んだ叙情的でドラマチックな旋律は自ずから感情移入を誘う力に溢れているだろうし、
又、VengerさんがThrashcoreのバンドで活動されていたキャリアもあってだろうか、フックのあるリフ・メイクにも長けていらっしゃる、と感じ。

よって、「メインはインストのProject」を銘打っている当作だが、インスト・チューンであってもvoありの楽曲であっても、全体的に「身体動かされる」、あくまで「METALの作品」をベクトルにした曲作りが為された内容ではないかと。

◆「AGE OF THE GOLDEN DRAGON」


Shadow%20Venger

SHADOW VENGERmyspace   facebook 

ツインGのintroで引き込む“Striking Thoughts (Instrumental Edit)”は、スラッシーな展開も持たせたARCH ENEMY風とも言えるメタリックなインスト・ナンバー。恐らくボーカル入ってもSo Coolだろうと想像させるに十二分なカッコ良さ!
“Final Survival (Ft. Morgan O'Faye) ”は可憐なフィメールvoによる哀メロのパワーメタル・チューン。で、ブラストビートを利かせたりBlackendなアレンジも含み。尚、Morgan O'Faye女史はVisual ElectronicaやAlternativeといったジャンルでもシームレスに活躍されている方のようで。
“Life Before Death”は(やや)Rock'n'roll感覚なGソロを挟んだりもする、リフもサビメロも強力なメロディック・デス楽曲!(大好きです///)
「しょっぱなで即惚れ!」の激掴みっぷり確かな“Jujimufu (Instrumental) ”はリードGのメロが誠に素晴らしい、ドラマチズムが漲り捲りのインスト!
“New World Disorder (ft. J.R of Neuronspoiler) ”は「…イイです!」の王道の正統派メタル然とした佳曲であり、同じロンドン出身ハードロック/メタルバンド・NEURONSPOILERのJRさんがボーカル参加。
“Never The Same (ft Elina Siirala of enkElination) ”はシンフォニック/ゴシックなアトモスフェリックでムーディな作風。やはりロンドンのメタルBandであるENKELINATIONのElinaさんが繊細な美声で歌い上げており。
ネオクラシックなフレーズで幕開ける“All I Conquer (ft. Cyclonis Niyil-ka)”はex-バンド仲間のCyclonis Niyil-kaさんとコラボした、凍てつく【寒音色】重厚メロデス・チューン!(Gソロは華麗速弾き。)
“Lift the Curse of Marz (Instrumental)”はMEGADETHライクなフレージングも聴かせ…の、「ホント痺れますねぇぇ」メロディアスInstrumental!
“Hell”はSE的ボーカルありの実質的インストゥメンタル。ドラマチック極まりなしの荘厳なLast曲!でもあるし、「隠れRock」かも?!

倫敦です。

大きな地図で見る

『私の音楽によって、嘗て自分が聴いて育ったように、新世代のキッズに励ましやアイデア、気づき、ガイダンスを提供出来れば嬉しいし、ギターヒーローのみならず少数でもいいから本物のギターを弾く人を発奮させられれば…』。

ストレートに「入ってくる」馴染み易さ、心地良さを宿す本作を、現在蛇ィにリピートしている。

(それは…)

一つには、Vengerさんの強い意志に引っ張られている気がしてならず。

(次作も楽しみにしております!!)

P.S.
月末weekですんね。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SHADOW VENGER

23:56  |  レビュー風の感想かも(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.26 (Sat)

Progメタラーの2バンドお試し聴き。(&【1/7~1/18】ツイまとめ。)

タスク中、うっすらと頭痛がして身体が熱気を帯びてきたと。

「ま・まさか、、、自分が?!これはマズい。(アレなのに…アレでいたいのに…)」

危惧したのだけど、後輩ちゃんから貰い受けた薬さんが効果を発揮したようで。Thank you so much。

----------------------------------------------

それはそうとですね…、その後も受信問題を抱えていた為、今週再度東京MXのコールセンターに問合せしたら、(入念なヒアリング後)「調査して明日折り返します!」と。
その翌日には「改善処置の工事(か何らか対処)の予定は組まれているので、もう少々お待ちクダサイ」との返信があって。

「んじゃ、もうちょい待っていればその内視聴できるようになるねー」と取りあえず安心していたのだが、昨日も?携帯電話が鳴り。

「先日のご連絡の件ですが、実は他の住人の方からも同様のお話を頂いておりまして。(※かくかくしかじかの事情で)未だ対応が取れていません。申し訳ありませんが、もう少しお待ち~~」

→思うに、Yesterday、ジョジョを観たい方々からのアツき想いがMXに殺到したんでは?
(でも、今回分かったのはMXのサポートは細やかでGOODだという。)

----------------------------------------------

Mon, Jan 07~Fri, Jan 18


    silverwinger

  • 毎度ながら(初仕事)蓋を開ける前のヒヤヒヤ感が何とも言えない posted at 01/07 08:58:00

  • PARADOX “Brainwashed”。>今週も始まりました! posted at 01/07 09:01:17

  • DESTINOS “ Karibbean Suns”。>(哀愁)スパニッシュなギターの入りが◎ posted at 01/08 08:59:19

  • PARADOX “A Light in the Black”。>(Rainbow Cover)‥…**=☆/…*‥ posted at 01/08 20:17:13

  • 今日こそマツキヨのクーポンを使おう。と決めた posted at 01/09 08:58:44

  • MESHUGGAH “The Hurt That Finds You First”。>めしゅがー posted at 01/09 09:03:50

  • 昨晩のほんまでっか・モテ仕草>ラストの第一位は「大蛇巻き」のようなネーミングでも?と何となく思った(巳年なだけに) posted at 01/10 08:58:24

  • YES “Roundabout”。>YESとジョジョに敬意を込めて。 posted at 01/10 09:01:40

  • THOUSAND YEAR WAR “The Storm I Ride (I cover)”。>デスメタル&ロール #metal posted at 01/11 08:59:54

  • あれ程左右に揺れながら走る車は初めて見た(漫画を除けば) posted at 01/15 08:56:41

  • SHADOW VENGER “Final Survival (Ft. Morgan O'Faye)”。>今週も始まりました! posted at 01/15 09:00:42

  • SHADOW VENGER “New World Disorder (ft. J.R of Neuronspoiler)”。>王道メロパワ…^^! posted at 01/16 08:58:27

  • 普段自宅で親しんでるサイトや拙ブログなどを職場で見る機会ないんで、「お、こういう見え方してたんだ」と。(でも、見る人の各環境て違うから基準らしいものって無いんだろうけど) posted at 01/17 08:58:09

  • SHADOW VENGER “Lift the Curse of Marz (Instrumental)”。>スラッシーでもあるし、美メロ満々のインスト= posted at 01/17 09:01:21

  • 今更ながらに気付いたのだが、NewモニターさんでDVDとか観たら大層綺麗なのではなかろうか(今晩家に戻ったら試そう) posted at 01/18 08:57:46

  • SHADOW VENGER “Life Before Death”。>好曲! posted at 01/18 09:01:31

----------------------------------------------

しかし…、今年の1月はどうも勝手が違う?というか。

例年になく異様に「わさわさ」しているという実感だけはあるのだけど、体力Keep困難(汗)で訪問返しもままならず恐縮しておりますm(_ _)m。

…という訳で、Lance王(Nightmare Records)やEarache Recordsからのメールをようやくゆっくりチェックしてたりしますが、
つい先日リリースになったAEON ZENの「ENIGMA」がGuitarWorld.comで、TELLUS REQUIEMの「INVICTUS (The 11th Hour) 」がAOL Musicでお試し聴きが可能なようですよ!

Exclusive Premiere: Aeon Zen ― 'Enigma'

→AOL Music Invictus (The 11th Hour) by Tellus Requiem

ちょちょちょっと聴かせて頂いたが、両者共、ハイ・クオリティ、パワフルなProgメタルの気配が充満しておりますねっ!!

TELLUS REQUIEMの前作「TELLUS REQUIEM」からの2曲。


P.S.
次回はジョジョ観れるんじゃない?の希望的観測。

明日は纏まって音楽聴いたり文章書けそうな。(ヨカッタです。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : AEON ZEN TELLUS REQUIEM

22:17  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.21 (Mon)

(FINLANDではなくって)ノースカロライナ出身メロデス/フォークメタラーの。

ここの所、自分の周囲を見回しましても、風邪が流行っているようですね。
(公私合わせて、軽く指を折って数えられる程にそういう状況を窺っており。)

どうぞ、皆様も健康管理にご留意下さいますようm(_ _)m

---------------------------------------------------

風邪と言えば、この間友人がこぼしてまして。

友人は喉が弱いので日頃マスクをしているのだが、この時期、マスクしていると風邪っぴき?という疑惑を持たれてしまうのか、何となく通りすがりの人から避けられてしまうと。

「私は、風邪引いているのではない…!(避けないでほしい!)」と思うらしいのだけど、

ならば、
「その体勢の人と通りすがる時に『私、風邪引いてないからっ…』と囁いてみたらどうだろ?」と提案してみたのだが、ムズいでせうか。

------------------------------------------------

で、ですね…

実は、土曜日頃から個人的に「TOKYO MX受信問題」を抱えており、原因と対応策をMXのコールセンターに問合せしたり、調査したりとドタバタしていたのだけど(※困ってます)、

※30~40代の支持層を広げてきているらしいので>東京MX。←それはよく分かる気がする。

まぁ、E201表示「信号レベルが低下しています」について、そこはかとなく理由は判ってきたのだけど、チャンネル設定の再スキャンでもダメ風??なので、あとは室内アンテナとか…??
(だが、このソリューションが「絶対」という確証はなさそうで。)でも、解決した人もいるらしいし。

という上記の問題に加えて、この土日は別の用件もあった為、あまり音楽が聴けてない感がなきにしもあら…

…でしたが、先程ちょちょっとチェックさせて頂いたAETHER REALMの新作「ONE CHOSEN BY THE GODS」がどうやら良(好)さそうで!

AETHER REALMは「WE ARE NOT FROM FINLAND(笑」のUSノースカロライナ出身のメロデス/フォークメタラーだが、2曲のデモ「ODIN WILL PROVIDE」時から好感度は高いけれども、こちらの新作は…!!!(興・奮)



ENSIFERUMやWINTERSUNテイスティな綺羅綺羅フォーク…(&Finnishなメロデス)がパワーアップな予感!!

(嬉しさのあまり、お陰様で疲労モヤモヤ吹っ飛びーー!)

購入後、追って是非感想を…!

P.S.
未記事化のものが溜まってます(焦)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ノースカロライナ AETHER REALM

23:35  |  バンド紹介(北アメリカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.16 (Wed)

UK出身メロデス/パワーメタル聴き始め中。(と、マキシマムなど)

激重系タスク重ねでスタートした今週ですが。

ゆえに、ヘタばっていても全然おかしくない今夜なのに…テンション高いんですよ!

…というのも、先日、パソのディスプレイが壊れましてね。
「ぶしゅしゅしゅしゅ…」という音を立てたっきり(モニターって声出すのですね)、それっきり。。。

そんなこんなで、(使う時だけ)モニターを家庭内レンタルしたりで、あまり落ち着いてネットに向かえませんでしたが、今晩晴れてお迎えしたNewモニターさんと対峙しながら目をぱちくりしており。

それは・それは、、、超絶的に綺麗に見えるんですが…っ!!!
(今まで私が見ていたものは何だったのか。)

---------------------------------------

大雪、降りましたね。(それも一昨日。)

その日は折角なので自宅でbayFMの成人の日特番:マキシマムPRT「MAXIMUM POWER ROCK TODAY(マキシマムパワーロックトゥデイ」聴いてたりと。

正直、普段はPRTを聴けていない事も多いのですが(m(_ _)m 大汗)、今回のマキシマムでは何かと貴重なものを聴かせて頂き。

ポール・ギルバートの生Live、ジミー・ペイジのインタビュー、確かに「スペシャル」でしたね。

あと、電話出演の成人迎えた女性<g>が大学の部のバンドで、SUFFOCATION、CRYPTOPSY、DEICIDE…etcをコピーしていると。(リクエスト曲もORIGINだったよね。)

「お見(美)事」です。

同じく、私めも将来の日本に大いなる希望を持ちました。

(…申し遅れましたが、成人の日を迎えられた皆さん、おめでとうございました!)

---------------------------------------

UKロンドン出身のメロデス/パワーメタルのSHADOW VENGERが昨年12月21日にリリースした「AGE OF THE GOLDEN DRAGON」を購入しまして。インストのプロジェクトのようだが、男声、女声のボーカル入りも数曲あり。

「日本人好みな気がイタシマス」なフレーズが随所に。



何でしょう、懐にスルスルと入ってくるのです。(また追って少々感想なども。)

P.S.
15年弱の長い付き合いでしたが、古豪ディスプレイさんには今まで大変にお世話になりました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ロンドン SHADOW VENGER

23:41  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.12 (Sat)

謹賀新年。干支的連動な楽曲を集めたりMETAL(巳年編)

昨日(正確には今朝方の深夜ですね)は寝落ちする前に若干仮眠を取ってから「ジョジョの奇妙な~」に挑み。

子孫の代でキャラ変わりましたね、オモロです。(新たなパートナー?も。)

それにしても、画がすこぶる綺麗ですね!…というのと、何かとスピードワゴンさん(など)が状況説明?というか解説して下さるので、場面場面大変に分かりいいなと。

REO Speedwagon - “Back on the road again”


(是非、来週も寝落ち回避。)

------------------------------------------

…という前段とは(殆ど)関係ありませんが、昨年の[Dragon]に続いて(折角ですから)今年も[Snake]に関係しそうな楽曲を集めてみたいと。

去年2012年は[Dragon]なだけに(METAL的に)探すのに苦労しなかったけど、、、
([Snake]も予想以上に?)
私のリサーチ不足なだけでホントはもっとあるかとはオモイマス。

“Year Of The Snake”CHIMAIRA
オハイオ州出身バンドのその名もズバリ。巻き巻き感!(グルーヴ感!)


“111 & The Snake”GOIIM
カリフォルニアのメタルbandのデビュー作「HARMONIZER OF CHAOS」より!

“The Snake”TANK
PINK FAIRIESのTANKによるCover。(うるとらCOOOOOOOOOOL!!!)

“Snake Pit”WHIPLASH
ベテランスラッシャーWHIPLASHの「TICKET TO MAYHEM」にて。(リフ…!!!)

“Snake Legion”ELYSIUM
ポーランドのデスラッシャーの「GODFATHER」から。Very好きな雰囲気です

“Legacy of the snake”STORMLORD
シンフォ暗黒bandの「MARE NOSTRUM」より。異国情緒たっぷり、絢爛・壮麗・華麗。

“Three Snake Leaves”LANDMINE MARATHON
アリゾナ出身のデスラッシュ/ハードコア。女性vocalグレースさんのgrowlイイです。


“Riding The Snake”TESTAMENT
テスタメント「THE GATHERING」の。(こちらの曲は外せない。)

“Chapter for Transforming into a Snake”NILE
NILEの「BLACK SEEDS OF VENGENCE」収録!

“Snake Eater”ELECTRIC AGE
ブラジルのRock/Metalバンドの。レイド・バックな雰囲気がたまりません!(痺)

“Wake The Snake”LORDI
「THE MONSTERICAN DREAM」から(超ゴキゲン)ハードRock&Roll。

“Snake Whisperer”KILLJOY
Polandのスラッシュバンド・KILLJOY「ENEMIGO」のナイスTune!

“First snake”SECRET SPHERE
昨年は新譜「PORTRAIT OF A DYING HEART」発表!SSの「HEART&ANGER」収録。駆!

“This Spiteful Snake”MESHUGGAH
メシュガーの「OBZEN」より。滅茶苦茶カッケー!!です。

“Snake Bite Love”MOTORHEAD
モーターヘッドの同名アルバムのタイトルトラック!!!

(今後、発見次第、追加しているかもしれません。)

P.S.
TOKYO MXであそこまでアニメやっていたとは。←ようやく気付いた

【1/13:訂正】一部本文とウィジェットで曲名の不一致があり、修正しました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:57  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.09 (Wed)

「ジョジョの奇妙な冒険」に魅入る。(&【12/17~12/29】ツイまとめ。)

今年も仕事が始まり、最早のんびり正月ボケしている訳にもいかない風情。

(とはいえ、ボケっぽさがまるで無いとは言えない。)

----------------------------------------------------

昨年末の、です。

Mon, Dec 17~Sat, Dec 29


    silverwinger

  • 一転して冷やヒヤしとる。(昨日はぬる暖かった) posted at 12/17 08:58:18

  • PRIMER MINISTRO “Condenadose”。>今週も始まりました! posted at 12/17 09:01:38

  • 何というか、(イロイロと)良かったですね=(^^)/ posted at 12/17 20:06:59

  • UNDER_THE_INFLUENCE “Age of Complacency”。>すこぶるノリがヨイ。(ノリを呼び起こす曲というか//) posted at 12/18 08:58:37

  • 今朝は(明らかにハッキリ)遅延しとる posted at 12/19 08:57:32

  • ACAROS “Virtuosos del engano”。>熱っ!(ソロがドラマチック◎) posted at 12/19 09:02:20

  • 麹ジャムとは…(察するに甘酒みたいな味なのか??) posted at 12/19 20:11:27

  • 昨晩家に戻ったらPARADOXの新作が届いていたので、散々喜び勇んだ挙げ句…(寝落ちしましたm(_ _)m) posted at 12/20 08:57:05

  • PARADOX “Day of Judgement”。>チャーリーさんのお声が聴け、嬉しさ限りなし。(…くぅーー カッチェぇえ) posted at 12/20 09:02:07

  • PARADOX “Fragile Alliance”。>うーぬ!スッゴいアルバムだ((^^))// posted at 12/20 20:11:45

  • PARADOX “Slashdead”。>ボーカルのアクションもキマった痛快な一曲// posted at 12/21 08:58:29

  • 出先の(目当てにしていた)郵便局が閉まっていたので年賀状どうしよか??…と思っていたら、その最寄りの駅前で出張販売していた。助かったし、何だかオマケで貯金箱もらた posted at 12/23 12:28:16

  • さっき車内アナウンスを聞いてたら>「この電車は急行『時の鐘と蔵の街・本川越』行き…」。意識してなかったが、本川越にサブタイトル?を付けるようになったのか= posted at 12/23 12:53:39

  • (本年残り4日間)ラストスパートの術 posted at 12/25 08:57:13

  • VADER “Come And See My Sacrifice”。>今週も始まりました! posted at 12/25 09:00:35

  • めんこい柴犬を見かけたシアワセよ posted at 12/26 08:58:13

  • THY MAJESTIE “Walls of the Emperor”。>実際の話、かなりローテしてるんす=(本人達も過去最高作と) posted at 12/26 09:01:37

  • これでほぼ懸案事項のデカい所は乗り切った(…と思う、思いたい) posted at 12/27 08:57:24

  • WHITE SKULL “Freedom's Not Free”。>サビですね\(^^)// posted at 12/27 09:00:37

  • 針を使ってて人差し指にブスリ。(ミスった…痛い。。。)そんな?Todayは今年最終出勤日~~! posted at 12/28 08:58:00

  • GRAVE DIGGER “Death Angel & The Grave Digger”。>物凄っ高ぶりますね\(^^)//(…と感じているのはけして私だけじゃない筈です) posted at 12/28 09:01:27

  • 今日は比較的ぬくい気がする。て、新しいクリーニング屋が出来たのか。(安っ。オープニング価格?) posted at 12/29 14:50:34

----------------------------------------------------

年始にTOKYO MXで「ジョジョの奇妙な冒険(第1部?)」を纏めて流していたので、結構魅入り&観入りまして。
(コンプリートはしてないが…)

毎週金曜の深夜に放映しているのは知ってはいたのだが、金曜日のその時間帯ですと…大概寝落ちモード突入なので。笑

自分は「ジョジョ」の連載が始まった位までの記憶がどうにかギリギリあるか?という感じなのだが(恐らく以降はジャンプ読んでないかもしれん??)、

非常にこう…

インパクトがある漫画だったのは明らかでして。

この度のアニメ化でも、常にハイ・テンションで誠に嬉しいです。

1部のオープニング曲もさる事ながら、エンディング・テーマがまた…!
(ナイスなセレクトではないですか。)

YES - “Roundabout”


面白かったので、これから毎週観ようかと考えていたりする。

P.S.
シンクロニシティ(Synchronicity)的現象がありましたyo~yo~
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ

23:55  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.06 (Sun)

SEMANTIC SATURATIONのデビュー作「SOLIPSISTIC」

Twitterでお声掛け頂いたShant Hagopian<g>さんを中心者とするプログレ・ロック/メタル・プロジェクト、SEMANTIC SATURATIONのデビュー作「SOLIPSISTIC」。

当プロジェクトには、ドラムのVirgil Donatiさん、ベースのRic Fierabracciさんに加え、特別ゲストとしてキーボードにご存じ・現PLANET XのDerek Sherinianさん(ex-DREAM THEATER他)、ボーカルにVANDEN PLASの現ボーカルであるAndy Kuntzさんが参加しているとの事で、本デビューアルバムは今月1月21日リリースの予定、と。
→現在、公式サイトから予約受付中ですね。
(尚、初回のCD50枚にはDerek SherinianさんとHagopianさんの直筆サイン入りのポスターが付属されているそう。Great!!!) …間に合うと良いのですが!♪

今回、Hagopianさんのご厚意によりレビュー用データのdownload元URLを送って頂いた事から本記事でのレビューが可能となったのだが、ここで改めて、Hagopianさんに感謝申し上げます。
(※「リリース前に感想を公開して良いでしょうか?」の旨で問い合せた所、「可能な限り直ぐにでも!」とのご返事でしたので、こうして記事にさせてもらっています。)
又、「2週間以内にレビュー用CDの送付も可能」とも提案下ったのだが、お手数かけてしまうのでDLにて。

そのHagopianさんは元々ジャズ・ギターを修学されていたようで、その期間中の97年に結成されたというシリアのプログレッシブメタルバンド・Nu.Clear.Dawnの創始者でもあり。(現在はカナダにてご活躍のご様子。)
(Nu.Clear.Dawnの)バイオグラフィーには「シリアはメタルバンドを始めるには適切な場所ではなかった為、賭けだった」という記載があり、ご覚悟の程が偲ばれるが、そういう中から国際的なフェスに参加するなど、シリア出身としては国外で活動を広げる初のバンドとなったとの事であり。

…という訳で、有難く聴かせて頂いたSEMANTIC SATURATIONの本作は…、

インストゥルメンタル・ナンバーがメインとなっており(ラスト曲でボーカルあり)、Hagopianさんのバックグラウンドや、又、Sherinianさんらの参加もあってか、闊達で自在なjazz/fusionの色彩豊かな音像でありながら、Rock/Metalのフックやパッションをエンジンとした「集中」と「開放」のバランスが絶妙で。

(いい意味で)力みの無い自由なムードを湛えつつも散漫な感じを受けないというか。

例えば、ギタリストさんが立ち上げたプロジェクトだとすると、速弾き・その他のギターテクを目立って前に押し出す向きになるようなケースも(もしかすると…)あるかも?と考えたりもするのだが、本プロジェクトの当作の素晴らしさは、「楽曲志向」を感じさせる所で、あくまで楽曲で描こうとする心象風景に於いて、楽器各々の(ギターならばギターの)息吹を生かそうという意識、心遣いが伝わってくる所かと。

尤も、全体的にはギターを重視した曲作りをされている傾向はあるように思うが、翻って、そのGの表現は(驚いてしまう位に)耳当たり・耳触りも柔らかであって、サウンドが無理なく緩やかに心の襞に浸透していくような感を受ける。

「自分が、自分が」のエゴ感から離れている音作りというのか、聴き手に与える音の印象に対する注意深い拘りや丁寧で細やかな配慮が窺え、好感を抱かせ。

Semantic Saturation - Solipsistic Album Teaser


◆1st「SOLIPSISTIC」
Solipsistic-cover.jpg
(artworkの掲載許可頂きました)

SEMANTIC SATURATIONfacebook   official 

オープニングの“Ambivalence”はギターのメロディを口ずさめる、ドライヴ感、グルーヴ感のある動的な楽曲。中盤の転調した箇所での「宛も呼吸をしている」かのギター表現が非常に繊細で…、琴線に触れるというか。
ジャジーにムーディに始まる“Make Believe”は泣きのフレーズ等を含めながら、クロスオーバーな音運びで次第に溌剌した力を帯びてくると。
導入や曲中に投入されたテクノ風電子音が遊び心見せる“Lost and Found - Insanity”はシャープにメタリックな印象で、抑えながらもエモーショナルなギターの滋味深さに心揺り動かされ。
GとKeyの応酬がエキサイティングな“Stardust”は複雑でプログレッシブな構成で聴き応えも大きいが、終点に向かっていく緊張感が◎。
“Blessing in Disguise”は爽快さ、透明感、温かみが溢れるfusionなテイストで、耳を澄ましていると蒼空をゆっくり静かに飛翔しているかの情景が。
“Armchair Activist”は躍動感のある陽性のノリを呼び起こし。とりわけ終盤でのKeyのインテンスな弾きがスパイスになっているかと。
アコースティックな“Point of Singularity”は深遠でフィロソフィカルな感覚を持った響きが大変に美しく。
エッジの利いたリフ・ワークが耳を惹く“Time is an Illusion”はMetalオリエンテッドと言えそうな力強い曲調だが、ブライトでソフトなフレージングがアクセントともなっており。
ラストを飾る“What if We All Stop”はボーカルがフィーチャーされたナンバーで、センシブルなKuntzさんの歌唱が映える、しっとりしたリリシズムやダイナミズムを携え。(因みにoutroは…隠れコマンドでしょうか^^)

(Derek Sherinianさんの音には触れた事はあっても)Hagopianさんのギターの音に触れたのは実は今回初めてだったのが、そのギターに正直、驚きを覚えたのは嘘偽りない所で。

「ゲスト陣の豪華さも納得」という演奏をされるギタリストさんのプロジェクトだと考えるし、本作は一曲一曲の持ち味や個性といったものが明示された、バラエティ富むインスト作かと。

気が逸れてしまう性質のものではなく、聴いていて、率直に「楽しく」、心弾み。

新年明け、内側から光が射して来るような良アルバム(しかも、デビュー作ですね!)に接する機会を頂き、嬉しく思っています。

(ご活躍、念じてます!!)

P.S.
昨日から気温が…冷え込んでますねぇ。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SEMANTIC SATURATION

09:35  |  レビュー風の感想かも(Prog Metal編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT