2012.12.31 (Mon)

【2012年】衝撃!感動!のバンド達(振り返って名付けるで賞)

大晦日ですね。

今記事の為に昨年の同じテーマ記事を読み返してみると案の定?本年の今日(大晦日)も同様の風物詩模様ですね。
(「大掃除→背中と腰が痛い~(云々かんぬん)」書いてあります。)

さてさて、またしても慌てまくりで当記事を書いてみようと思いますが…
今日中に書けるのでしょうか?
(と不安になりつつ、やれるだけやってみませう。。。)

…というコトで、自分の聴いた中で私個人として本年特に「ビビビ!」と戦慄が走ったバンドを。(※尚、掲載順に意味はありません。)

----------------------------------------------

《スラッシュ編》
◆DESTRUCTION 「SPIRITUAL GENOCIDE」⇒(やっぱり×2)兄貴に付いていくで賞
◆PARADOX 「TALES OF THE WEIRD」⇒理知的&ドラマな格好イイThrashで賞
◆PROTOTYPE 「CATALYST」⇒センシティブな世界観に酔わされたで賞
◆TERAMAZE 「AnhedoniA」⇒洒脱でモダンなセンスが秀逸で賞
◆OVERKILL 「THE ELECTRIC AGE」⇒ハイ・エナジーの極みで賞
◆SAVAGE MESSIAH 「PLAGUE OF CONSCIENCE」⇒Greatな作曲ポテンシャルで賞
◆TESTAMENT 「DARK ROOTS OF EARTH」⇒長い付き合いとなる楽曲達で賞

ひと言:
今年も益々スラッシュ・シーンの勢いが「健」であったというか、お陰様で自分も活力を頂戴した気が致します。
なかんずくベテラン勢の気迫、エナジーに押されるわ、押されるわ!!ホント凄いし、素晴らしい。(常々申してますが)私もそういう大人になりたいです。

DESTRUCTIONは、その研ぎ澄まれたセンスと「我、かくありなん。」の姿に感服。現在絶賛蛇ロテ中。(兄貴に付いていくべし、を確信。)
「人間の可能性に限界はないのだ!」と思わせて頂いたPARADOXの感動作は理知的で劇的な格好良さ。(本気で痺れますっ)
PROTOTYPEは「色がある」ダンディな世界観の高度な表現に酔わせて頂き。
09年から活動している豪州のTERAMAZEは、エクセレントな感性脈打つプログレでモダンな作風で魅了され。(確かに巧い、ですね。)
「何たるハイ・エナジーの極み!」のOVERKILLは…これを「驚愕」と言わないで何と言おうか。『コントロールされたカオスは…』まさしくそうです。物凄く強靭な。
SAVAGE MESSIAHは若くして達者というか、熟練?と言いたくなる作曲能力を持った期待株さんで。今後も是非ご活躍を!(…て、私、感想記事書いてなかったのか…冷汗)
TESTAMENTは「ずっと聴きたくなる」曲作りの大事さや「人気」というものについて考えさせられたり、の納得感。

《正統派/Power編》
◆GRAVE DIGGER 「CLASH OF THE GODS」⇒ファンの胸を焦がし続けるで賞
◆WHITE SKULL 「UNDER THIS FLAG」⇒Federica姐さんカムバックしたで賞
◆CONSFEARACY 「CONSFEARACY」⇒高品質な多国籍パワーメタルで賞
◆CAGE 「SUPREMACY OF STEEL」⇒熱過ぎてヤケド寸前・パワーがモウレツで賞
-------------------
◆IRON SAVIOR 「THE LANDING」⇒【メタル愛】の心を見た独逸メタルで賞

ひと言:
いやはや、今年も鼓舞されましたね。TYVM!!

快進撃続けるGRAVE DIGGER様、本年は大好きだというギリシャ神話に題材を取った作で、ファン(←私とか)の胸を確実にヒートさせて下さったと。涙。
WHITE SKULLはFederica姐さんが約10年ぶりに復帰したと。歌メロもストレートで。大好きですね!
(デビュー作だが)キャリアあるメンバーが組んでの多国籍なCONSFEARACYはスラッシュ寄りなパワーメタルで、そのフックある高クオリティの楽曲に感激。
初の国内盤がリリースされたカリフォルニアのCAGEは、まごうことなき「血管ぐつぐつ」系の熱血メタルを届けて下さいましたね!(ハイとーーーーン・シャウうぅぅぅトっ!!)
-------------------
IRON SAVIORの作は(リリースは昨年だろうけど自分が聴いたのが今年に入ってからだったもので)そのものズバリなタイトルの曲など、メタル愛溢れるジャーマン・メタルに湧かせて頂き。

《メロディック/シンフォニック編》
◆GERMAN PASCUAL 「A NEW BEGINNING」⇒魂の歌声聴かせて頂いたで賞
◆THY MAJESTIE 「SHIHUANGDI」⇒上品で味わい深い叙事詩メタルで賞
◆DARK EMPIRE 「FROM REFUGE TO RUIN」⇒内的な静謐と外的な動性の融合で賞
◆SHADOWDANCE 「FUTURE NEGATIVE FANTASY」⇒USパワーメタルの気風漲るで賞

ひと言:
多分、私はメロディック系なら何でもござれというリスナーではないと思っているのだが(精進足りず…)、だからこそ「コレぞ!」の想いに至ったMelodicメタルに遭った時の喜びは殊更に大きかったり。

GERMAN PASCUALのソロ作は今年出遭えて心底良かったものの一つ。(そういう意味ではランス王に感謝しなければならないのだが。)魂に触れました!
イタリーのTHY MAJESTIEは練られた構成力を見せつけ、「メンバーも過去最高」と胸を張るエレガントな充実作で。(特に個人的にアノ曲は意中ですねぇぇ。)今も頻繁にローテしてますyo。
DARK EMPIREはメタリックな音色と深みを帯びた内省的音色のバランスが絶妙でしたね。
フィラデルフィアのSHADOWDANCEはUSパワーメタルの気骨、気風を感じさせる大陸性の空気が魅力で。

《メロデス編》
◆ALGOL 「COMPLEX SHAPES」⇒華やかしくも麗わしく駆け抜けていくで賞
◆BLOODSHOT DAWN 「BLOODSHOT DAWN」⇒ハイパースピードでTECHなメロデスで賞
◆SOL INSIDE 「SWITCH OFF THE LIGHTS」⇒「聴かせる」正攻法な作りで賞

ひと言:
(うーぬ…)買い控えたものも正直あったり、、これから購入予定のものもあったり?と。
でも、「メロディック・デスメタル」というジャンルは世界中に浸透しているのだな、と思ったりはしています。

イタリーのALGOLは(どちらかというと)「派手」というか、華やか・麗わしなメロデスで、煽情感もしっかり、の好印象。かのPaul Speckmannもゲストも参加してたり。
UKのBLOODSHOT DAWNは「ハイパー・スピード・スラッシング・マシーン(hyper-speed thrashing machine)」を掲げるテクデス、デスラッシュの要素も含むメロデスで開放的なメロディが◎。
ウクライナのSOL INSIDEはこちら4曲のEPだが、正攻法?なメロデスといった感で、一曲一曲の作り込みも丁寧で、叙情感もふくよかに「聴かせる」なぁと。(フル盤期待してます!)

《テクニカル/プログレ・デス編》
◆INTANDEM 「Demo E.P. (Vol.1) 」⇒デビューEPなのがアンビリバボーで賞
◆COLOSSO 「ABRASIVE PEACE」⇒緻密でエクスペリメントなブルデスで賞

ひと言:
特に夏場だったでしょうか、(好んで)djent系にアクセスしたりと。

カナダのINTANDEMはメジャー感あって洗練されててキャッチーでシネマティックで…「こちら…デビューEP??」のオドロキモモノキでありまして。
ポルトガルのCOLOSSOは自ら当バンドにドラマー参加しているDirk Verbeuren氏が激賞も然りの、緻密で構築的な実験性の高いブルータル・デスメタルを展開。

《BIG NAME編》
◆LAMB OF GOD 「RESOLUTION」⇒その創造力はTrueと実証しているで賞
◆MESHUGGAH 「KOLOSS」⇒脳の何処かの領域が刺激されているに違いないで賞
◆VAN HALEN 「A DIFFERENT KIND Of TRUTH」⇒14年ぶりのVANワールドで賞

ひと言:
何を以ってBIG NAMEとするのか?という我ながら自問している所はありますが、、、(括りが難しいです。)

今後の行方が注目される問題が勃発したLAMB OF GODだが、こうして枚数重ねても本作のクリエイティビティは疑いない所で。(いや~~、本当に格好イイのですわ。)
MESHUGGAHだが、普段己が使っていない脳の何処かの領域を動かされてる?かの感覚を誘う、独特の無機質でマシーナリーな質感はやはり圧巻で。
そ・し・て!!!
14年ぶりの待望・VANさん新作は「やはり…VANさん特別!」と実感の極上~ROCK!!

…という訳で、(ご存じの通り)本年、KISSやAEROSMITHなども出しているのだけど遅れを完全に取って聴けていなかったり(汗)、それと、ジャンルによってはあまりアクセス出来ていない感があったり(汗)、
来年以降しっかり聴けたらと思っているバンドも残ってはおるのですが。

ですが、今年も多くのスパシーボなHR/HMの音楽に触れる事が出来て…

シアワセ(本気)」です!!!

----------------------------------------

今年も大変にお世話になりました。

ご訪問や拍手やコメント、その他、何かと有難いご厚意に感謝しております!

来年もメタルを中心に拙文を綴らせて頂ければと思っております!

それでは、どうか良いお年を!!!

P.S.
麻倉未稀さんVS伊藤かずえさんの対決に目に見張りました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

18:26  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.29 (Sat)

笑顔眩しき画像に。(と、7のゾロ目。)

昨日で本年の仕事は納めたと。

…しかし、今週、リアルにラストスパートを要する4日間だった?みたいな。
(少しはのんびり出来るか?と思っていたりしたが、甘かった。。。)

という昨日は「(心から)今年も有難うございました!m(_ _)m」な気持ちを込めて、ディガー様を聴いておりました。

尚、こちらは少し前にGrave Digger BrasilさんのfacebookにUpされた【超ナイス】な写真です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お揃なGRAVE DIGGER様(なんとマブい笑顔なのか…!)

きっと多くの方々がこちらの画像をダウンロードされたんじゃないでしょうか??
(ダウンロードされまくりでせうね。それもやむを得ないです。)

ともあれ、Todayから年末年始の休みで。

明日はBIG系の掃除をしよかという訳で、ソトに買い出しに出たついでに「ドラゴン・タトゥーの女」のDVDを借りてきた。←前から観たかったんですね。

(※その内「フライペーパー!~~」もレンタル希望。)

と、この間、前から気になってた本も買って読み始めたりと。

モチ(餅)、音楽も聴きますyo!
→チェックしたいバンドがモリモリですんし。

-------------------------------------------

あ、話が前後しますが、先日スーパーでちょちょっと買い物した時に…

◆7のゾロ目。
777_02.jpg

佳きコトありますでせうか。(それは己次第。)

P.S.
バッドボーイズ2!
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:45  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.24 (Mon)

PARADOX(パラドックス)の新譜「TALES OF THE WEIRD」

チャーリー・シュタインハウアー率いるジャーマンのスラッシュ/パワーメタル・PARADOXの最新作「TALES OF THE WEIRD」。

今作の制作までにはメンバー集めに苦心された様子だが(うーぬ…)、、、

…けれど、クリスチャン・ミューナー<g>、ダニエル・ブルド<Dr>を迎えた強力布陣にて、こうして再びPARADOXの新作を手にとっている事実に、
【ド・Guts】不撓不屈のスラッシャー・チャーリーさんの狼煙が高々と上がった事を思い知らさせる訳で。

「嬉しい」としか言い様がないし、また、尊敬に値するものと信じざるを得ないが、その新譜を手にした喜びもさながら、勇んでその音にアクセスすると…

「(つくづく)凄いな…」という感嘆・感激・感動の念ばかりが込み上げ。

その結成は86年に遡る、PARADOXのサウンドに触れて再認識するのは「音が怜悧で理知的」だという事なのだが、その冷やりとしたテイスト、怜悧で理知的な音像ながらも、その実ハスキーでエモーショナルで有機的とも言える(メタルというよりかはHRな味かも?の)チャーリーさんのボーカルが合わさると、独特というべき「PARADOX節」が生み出される化学反応があるなと。

更には、メロディアスな叙情面の融合も得意とする所だから「PARADOX節」というのは単に冷たい感触だけが残るというのではないThrash/Power Metalなのだと改めて思う。

しかも…
その(クールでありつつ)ハイ・エナジーな「気迫」たるや…

こちらの身体全体が気迫音に覆われ、細胞がざわざわと唸り出すかの感覚に襲われ。

重層的な音の重ね合わせで綿密に構築されたドラマチズムはPARADOX仕方の格好良さだが、率直に「Metalとして」「Thrashとして」格好いい。

(嗚呼、格好いい…!!!)

◆6th「TALES OF THE WEIRD」
各種取り扱いあり。
Tales Of The WeirdTales Of The Weird
(2012/12/17)
Paradox

商品詳細を見る

※PARADOX→myspace   official

何かが始まる予兆を示す劇的イントロダクションから(一気)烈々たるThrashの渦へ!!の“Tales of the Weird”は、PARADOXの特性・特長をよく表しているであろうGreatタイトル・トラック。(アグレッション&叙情&ドラマチズム&…)
ドカドカドカドカ…!のドラミングでアガる↑↑2曲目・“Day of Judgement”は俄然「刻み」が心地良い快走曲、…であるし、聴き手の感情を捉えて離さない展開力は流石。
“Brutalized”は冷や冷や(クール)な味っぷりで…当バンドならではアレンジが光る、
「らしさ(個性)」溢れる重厚でスラッシーな曲。
“Fragile Alliance”はこちらもパラドックス流の世界観と妙味が息づく、少々テンポを抑えたナンバー。(個人的には「ツボ」であります。)
頭ガシガシ!がんがん!の“Escalation”はまさしくEscalationなリフ・ワークがグッジョーーーブな直Thrashチューン。(ハイライトのGソロは聴き応え◎◎◎。)
“Brainwashed”は歌メロ(特にAメロ?)にちょいと捻りがあって、それが「覚え」にも繋がっているような?。間奏パートでのフックにアクセントありか。
歌心を刺激する“Slashdead”は纏まりとノリの良さが魅力のナンバー。チャーリーさんのボーカルにキック感があって楽曲に生き生きとした印象が生まれ。
“Zeitgeist”はしっとりとした情感、リリシズムなインスト・ナンバー。
「叩・叩・叩・叩・叩!!!!!」の“The Downward Spiral”は至極【痛快極まりナシ】のTHRAASH!!!(であるし、しっかりメロディアスという。)
“A Light in the Black”はRAINBOWの楽曲のテンポアップなCover。ボルテージも高く、激しくも美しいオマージュ。

バンドが結成されたヴュルツブルクです。

大きな地図で見る

…且つ、非常に「クリエイティブ(creative)」な実態だという事。

先般より蛇ロテ中のDESTRUCTIONには主には「センス」に、そして、PARADOXの今アルバムについては、「アイデア(の豊かさ)」に驚異を覚える所があって。

ピリっと、溌剌なアイデアのTipsが隆々と曲中に組み込まれ、また、生かされている姿はクリエイター(創造者)としての本領がTrueであるという証しの一端では、と。

(尤も、アイデア豊富ながらもパラドックスとしての一貫性を感じさせるが。)

それもこれも、
「一念」、「一心」…。

(ほんの僅かでもより一段上の高みへと登ろうとせん)表現へのタフな執念強さがあればこそ、と。

その執念強さの根底を支えるのは、
やはり、音楽…、Metal/Thrashへの愛だろうかと。

…と感じさせて頂いた、
素晴らしき本作とシュタインハウアーさん&メンバー、に乾杯!!!!!

P.S.
寒波が来ているようですので、どうか風邪などひきませんよう。m(_ _)m

※無事、年賀状(前編)も用意できました。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : PARADOX

23:48  |  レビュー風の感想かも(スラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.21 (Fri)

SOILWORKのBrand New Track。と、プレイリスト自動作成の。(&【12/3~12/15】ツイまとめ。)

ひょぇええ!今年も残り10日?

そんな右も左も分からなくなりつつある(アブナイ)今週でしたが、ヘタヘタしてまともに記事が更新出来なかったのを心苦しく思ったり。

とはいえ、明日から3連休があるのと今回の年末年始は例年より長めという噂?もあって、ナントカ踏ん張りたい所。
(でも、3連休のうち、比較的?ゆっくり出来るのは現実的に1日くらいでせうか。。)

んが、そんな中でもラッキー&ハッピーなコトがございました。

一昨日でしたか(多分一昨日でしたね)、家のポストを開けましたら。

「ああああああ!」。→赤い包装に目が釘付け。

PARADOXの「TALES OF THE WEIRD」が届いたじゃありませんかーー!!

(実の所)「年内に到着したら御の字か。」と目していたので、予想外に早めな対面にテンション急上昇↑↑↑。

…という訳で昨日からガシガシ回しておりますが…。

スゴっ!」→「すッげーい!」→「カッケー!」→「かっちょええ!!!

もうそれはそれは感激が激走ってまして!

(コマい感想は追って…m(_ _)m)

----------------------------------------------------

Mon, Dec 03~Sat, Dec 15


    silverwinger

  • 師走らしく朝から全力疾走しました←BGM(デストラクション)のお陰で走り切れた posted at 12/03 08:56:39

  • SHADOWDANCE “Neon Abyss”。>今週も始まりました! posted at 12/03 09:01:12

  • 流行語大賞>「ワイルドだろぉ」だぬ。→「ジンクスを打破する!」と(Born To Be Wild) posted at 12/04 08:59:27

  • CAUTIVA “Human”。>エキゾです posted at 12/04 09:03:33

  • 常に“Carnivore”のサビがリフレイン。←それゆえ業務効率が上がっている気がしないでもない(現実的にカナリ上がっとる) posted at 12/04 20:11:18

  • デストラクションの新譜って個人的に白蛇の「カム~」「ラブ~」クラスに蛇ロテしそうな。(マジです) posted at 12/05 08:57:33

  • ATROX “No Coil For Tesla”。>密かに当曲をカナリ好きだという。 posted at 12/05 09:00:58

  • 全く何が起こるか分かったものではない(予測外)と思った師走の昨日。 posted at 12/06 08:57:20

  • SWORN AMONGST “The Rules Of Engagement (FT Jeff Waters)”。>\(^^)/ posted at 12/06 09:01:33

  • IRON SAVIOR “Heavy Metal Never Dies”。>FridayにIS率高くなる件。(ホントにいい曲ですね//) posted at 12/07 09:00:41

  • 何というか空が高いですね、の金曜日。(き、今日こそ…) posted at 12/07 08:57:26

  • 夕方の地震、職場かなり揺れた。しかも長かった posted at 12/07 20:12:21

  • 今朝は川面が凍っておった(どうりで) posted at 12/10 08:56:40

  • 所で、Bandcampから来ていたメールだが…(連絡内容の精査をマダ。。。m(_ _)m)←追って確認 posted at 12/10 08:58:33

  • WAKO “Extispicium (The Road of Awareness)”。>今週も始まりました! posted at 12/10 09:01:29

  • SANGRE “Nameless & Forgotten”。>!!! posted at 12/11 09:00:15

  • どうも「ミイラ取りがミイラ…」状態になっている気がしてならない??(むむむ。。) posted at 12/11 20:10:27

  • イヤホンの右(の方)が近頃ちょっとアレ。 posted at 12/12 08:57:54

  • LOVECRAAFT “Grey's Elegy”。>個性的だし、ムードもありますね= posted at 12/12 09:02:03

  • TOXIC WINE “Procesion del Thrash”。>好きですねぇぇ。(→突進→→→→→) posted at 12/13 08:58:53

  • 流れ星群が再度見られるらしいとかって??(まじっすか) posted at 12/14 08:57:34

  • DECREPIT SUN “Stone”。>石→石→石 posted at 12/14 09:01:33

  • 何というか、うまく行くといいですね=(^^)/ posted at 12/14 20:07:19

  • 衆院と都知事の期日前投票は完了しているのだが国民審査の方がマダなのよね(なので今日中に=) posted at 12/15 12:36:05

----------------------------------------------------

先程からチェック中のメジャーアクトの新曲紹介、どれもワクワクさせてもらっているのだが、SOILWORK良いなぁと。
ソイルの新作「THE LIVING INFINITE(2枚組らしい)」は来年2月発売予定ですか。

(エクストリーーーーーム!!!)

SOILWORK - “Spectrum Of Eternity”(1枚目のオープニング曲みたいです。)


…それとですね。

ライフハッカーのツイートを見ていたらプレイリストが作れるサービスがあるとかって。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆記事:アーティスト名をいれるだけで自動的にプレイリストを作成してくれるサイト「Eeplaylist」

記事で案内されている「Eeplaylist」で、早速試しに「GRAVE DIGGER」と入力してみたりして。

そのアーチストだけ特化して聴きたい場合に重宝しそう。(ナカナカのものっす。)

P.S.
明日にでも「METALNEWS.DE」のクリスさんのインタビューを楽しみに読もう。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : PARADOX

23:41  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.16 (Sun)

『GRAVE DIGGER Shampoo』発売告知。そして、豪州のメロディック・スラッシュ/パワー・メタル。

今日はこれから用事があるため、昨日は国民審査「のみ」の期日前投票に行ってきたと。

↑というのも、衆議院と都知事の期日前は済ませていたのだが、その行った日に国民審査の期日前が始まっていなかったからだという。

(何故に一斉スタートではなかったのか??の疑問は残るが)完了しました。

------------------------------
先程、GRAVE DIGGERのツイートが目に飛び込んできたのだが、

『グレイヴ・ディガー シャンプー』リリースのお知らせが。(おおおー。)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
GRAVE DIGGER RELEASE THEIR OWN 2-IN-1 SHAMPOO / SHOWER GEL

以前、「ディガー様が非動物実験(non-animal-tested)の自然派コスメメーカーに協力参加する」という件について少々書かせてもらったが(※該当公式ブログ記事)、この度、晴れて商品化となった模様であります。

という訳で、もう近々GRAVE DIGGER onlineで取り扱い可能となるようで。
(男性用?)それとも兼用なのかな。

---------------------------------------

DARKER HALFオーストラリア・シドニー出身の05年から活動しているデュアル(ツイン)ギター編成のメロディック・スラッシュ/パワー・メタル。

母国のMORTAL SIN, VANISHING POINT, LORD, ALARUM, BLACK MAJESTY, EYEFEAR, VOYAGERといったアクト達をはじめとして、09年にはポール・ディアノのオーストラリア東海岸ツアーのサポートとして選ばれたり、また、SONATA ARCTICA, EDGUY, DARK FUNERAL, CYNIC, ENSIFERUM等々といったバンドともステージを共にしているとのコト。

09年にデビュー作「DUALITY」を発表しており、「クラシカルなヘヴィメタルをルーツとしながら、スラッシュ、パワーメタル、デスメタル、スピードメタルからの触発を受けた…」という向きのセルフ紹介もあるDHさんだが、

ガツん!とした鮮烈なインパクトが迫り来る攻撃的な(尚且つ「メロディ心」も忘れない)スラッシュ寄りのPowerメタルという印象で、高音域のスクリームが映えるボーカル(※時にグロウルを配した)はストロングであり、流麗なデュアルGも楽曲に劇性を添えており。また、各音楽的要素のブレンド具合も巧みというか。

“Duality”のMEGADETH~MANTICORA的展開の長丁場は聴き応えあり!


DARKER HALFmyspace

新作への希望が膨らんでますが、今後の動向、気になっております!

P.S.
今晩、改めて訪問イタシマスm(_ _)mm(_ _)m

【12/16:訂正】一部、真逆の意味になってしまう箇所があり、(その他)訂正済みです。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : DARKER HALF オーストラリア

07:50  |  バンド紹介(オセアニア)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.13 (Thu)

追っかけをする為に。

今月中にやらねばならないコトの半分も消化していない(かもしれない?)焦燥感に追われてますが、記事の準備がとてつもなく「出来ていない」ので(おいおい)、
…なもので、ふと思い出したものを思い出したままに書いてみたく存じます。

少しく前に知り合った、年上の女性と話をしている時に聞いたのだが。

その方は、ティーンエイジャーの頃に(お母様から「これだけは持っていきなさい」と大事なものを渡された以外は)ほぼ身体一つも同然で単身東京にやってきたという。

(私の記憶がやや曖昧で恐縮だが、西の方のご出身だった筈。)

以後、ずっと東京にて生活していると。

「…へぇぇ、そうなのですか?それはどうして…?」

よほどの事情があったのだろうかと推量しつつ、尋ねると、

「ジュリー(沢田さん)の追っかけをするために。」という答えが返ってきた。

いつでも追っかけが出来るような便の良い場所に居を構えたと。

ジュリーと言えば、ジュリー。

私めも、色っぽくも美しいジュリーの姿はTVで拝見していた為、少なからずその魅力については(幼な心にも)伝わってくるものがあったし、
また、筋金入りのファンの方がいらっしゃるというのも聞こえ知ってはいたが、目の前の方がまさにそういう方なのだと。

ただ、話を窺って、

「『追っかけをする為に』単身東京で生活しようと決心させた、そして、実際にそのようにされた」という一点の事実に、ジュリーの存在性の凄まじさを思い知ると共に、その女性の直も烈な想いに対して、感じ入るものがあった。

時に、そこまで私はジュリーの音楽活動に関して詳しくはないのだが
(ファンの方からお叱りを受けそうではあるけども m(_ _)m)、

ジュリーの有名なヒット曲で言うと、“ス・ト・リ・ッ・パ・ー”は素直に格好ヨシ!と前々から思っとります。

(サビのメロディが非常に。)

Kenji Sawada 沢田研二 - ストリッパー - STRIPPER

P.S.
うーん、今日は底冷えしましたね!!凍るかとオモタ。

(明日もTHRASH→→→→→!!!)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:58  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.09 (Sun)

ラジオShow ~其の2~

…というコトで、昨日、日本時間の朝8時からラジオShowにアクセス。

Lance Kingの今までのキャリアであるBALANCE OF POWERやPYRAMAZE、最新のソロ作からとNightmareのバンド/アーチストの楽曲がオンエアされ。

上質なメロディック/プログレ・メタルの選曲で、(ドヤバタせわしない最中)非常に優雅な時間を過ごさせて頂きましてm(_ _)m

それにしても、(改めて)ランス王の歌声、Greatと…!!

多くのバンドで歌ってきた勿論「プロ」なお方だけど、
テクニカルな面は言わずもがな、抑えた歌唱での情感の細やかさが…
(それはそれはもう…)

再びこの企画やってくれないかな?(それともやるのかな??)←よく判っていない。

この後、日本時間の朝11時から再放送があるかと思うので、ご興味のある方は…。
リンク先のページ→「EKR Internet Radio」の再生(三角)ボタンで聴けます。
(と、私は昨日、聴きました!)

P.S.
この後外出する関係で、ショートな記事で…m(_ _)m
(また訪問イタシマス。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

09:38  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT