2012.05.03 (Thu)

TERAMAZEの新譜

連休合間の先の2日間(1日・2日)が濃かった…です。(ヘトヘトへたへた。。。)

ナニゲに今日もへたへた感が抜け切らなかったので、栄養DRINKを買うて参り。

(自分にはどうやらエ〇カップが効くようなんですよね。)→元気になりました。

------------------------------------------

オーストラリア・メルボルン出身のプログレッシブ/スラッシュのTERAMAZEが4/24にリリースしたアルバム「AnhedoniA」。

DARK EMPIREに続いてNightmare Records所属バンドのアルバムだが、近頃そちらづいているのも(きっと自分の嗜好とシンクロしている?)仕方がないコトでせう。

何故ってですね、TERAMAZEさんを試聴しましたら…
「うわぁぁ…っ!!!…◎★※☆▲◇なバンドだぁ」と、一発惚れましたんで。
(すかさず購入。)

2009年頃より地元で活動を続けて来ているらしく、DREAM THEATERやTOOL、PANTERAといったアクトから第一義的な主たる影響があるようだ。

また、Brett Rerekura<vo>さんは(ボーカリストとしての)レイン・ステイリー、デヴィン・タウンゼンド、セバスチャン・バック、メイナード・ジェームス・キーナンからの感化があるそうだが、Brettさんは適度にドライでアーシーでWildな声質の、表現も自在、パンチ力ある巧いボーカル氏だなぁと。

プログレッシブ・メロディック(メタル)とスラッシュをブレンドしたというその音楽性は、ほのか明るくも超越的なアトモスフィアを放ちながら、革新的でグルーヴィ、ヘヴィな感覚が躍動するポストなThrash/Progメタル(そこへ時折、メロウでドラマチックなメタル成分が絡んで来る)という印象だが、精査された優リフ・メイキングに特長があると思うのと、カッチリしたプレイが纏まりの良い感を齎しているものと。

(事実、瞬間的に強烈なインパクトを残すフレーズをちょこちょこ挟んで来るのがニクいと言えば非常にニクいので。)

影響源のモダン・ヘヴィネス、グランジの要素も踏まえつつ、跳ねるような、弾むようなアクティビティが息付いている、フックも大事にしたサウンドだと感じられるし、その作風からNEVERMORE、KARNIVOOL、PANTERA、TOOL、DEVIN TOWNSENDのファンに対してリコメンドされているのも納得な向きだが、個人的にはそれらにMACHINE HEAD辺りも加えたいような心持ちである。
(…その他、インド出身のバンド等が脳裏を過ぎったりも。) ARTILLERIEやZYGNEMAや…。

◆「AnhedoniA」
各種取り扱いありますっ。
AnhedoniaAnhedonia
(2012/04/24)
Teramaze

商品詳細を見る

TERAMAZEmyspace    facebook    official

(数曲ですが、コメントを致します!)

入りのGリフでガチリとHeart掴まれる“Anhedonia”は切れ味もナイスな(挨拶代わり)オープニング!(AメロにTYR風なフィーリングを覚えたのは私だけ?)
続くファストな“Without Red Hands”はソリッドでシュレッドな刻みが極の、洒脱なThrashチューン。(…だが、ちょいとクラシカルなフレーズも投入されたり、そんなキラーアクセントも。)
“Machine”はエスカレーションなリフ構築も含めて当バンドのセンスの優良さが窺い知れる一曲だが、Brettさんのボーカルも実に曲に嵌っており。(シャウト!)
“Fear of the Unknown”は骨太々しいグランジな曲調?なのかと思っていたら、中盤から劇的に荘厳にメタリックな色を増す鳥肌系。
Groovyな“Black Circles”は最後の最後までギターやドラム、演奏陣の掛け合いが凄っ!(なかんずくインスト・パート:聴き惚れ度絶大。)
“Proverb Le Jame”もDrivingな快活なノリを有した楽曲だが、歌メロも一捻ってあり無茶苦茶Cool。(かっちょええーーー)
大陸的テイストも漂わせる“Egostatic”は押しと引き、陽と陰との対比が効果的に機能しているプログレなモダンRock/Metal。

出身のメルボルンです。

大きな地図で見る

プログレなThrashというと、昨年のVEKTOR 「OUTER ISOLATION」、その前の年のFORBIDDENの「OMEGA WAVE」等が思い出される所だが、それらの素晴らしいアルバムともまた異なる面持ちで魅了。

…という当バンドのTwitterのツイート見てましたら、昨日(5/2)はARCH ENEMYのサポートをしていたようで。

又、他のツイによれば、MEGADETHのDavid Ellefsonから本作へのポジティブな評価を頂戴したみたいだが、それはそれとしてですね…

虜になります、ですわ。(今後のご活躍に大期待っす!!)

P.S.
借りてきたDVD観ますよ~。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : オーストラリア TERAMAZE

21:50  |  レビュー風の感想かも(スラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |