2012.04.30 (Mon)

本日のBRAZILIAN METALマイ・ベスト(10曲)。(&【4/16~4/20】ツイまとめ。)

家の事などあれやこれやと取り組んでいたら、早くもGW前半3日目に突入。。。

後半もある訳だし、ここは慌てずにゆっくりしよう。そうしよう。

-------------------------------------------------------------

Mon, Apr 16~Fri, Apr 20


    silverwinger

  • 4/16 08:57 ANOTHER HERO DIES “[L]egolord”。>今週も始まりました!

  • 4/16 20:10 CHILDREN OF BODOM “Ugly”。>チルボドを嗜むMonday↑↑

  • 4/17 08:59 MUNICIPAL WASTE “ Relentless Threat”。>気勢がアガりますねぇぇ~!(MWの新作楽しみだなぁぁ…♪)

  • 4/17 20:02 スマホ経由かな、ハンズフリー?マイク?で会話している方がいて、大声で独り言を言っているかと思った(一瞬ちょっとだけビビった^^)

  • 4/17 20:15 CHILDREN OF BODOM “NorthpoleThrowdown”。>チルボドに親しむTuesday↑↑

  • 4/18 09:01 DARK EMPIRE “Dark Seeds of Depravity”。>(新作からデス⇒)期待違わぬ上質プログレ・パワー☆★…**☆…

  • 4/18 20:07 DARK EMPIRE “Lest Ye Be Judged”。>個性的ながら大層powerful=

  • 4/19 20:09 フリーペーパーの「親孝行」?欄を読んでいたら、親御さんに服を贈ってあげたが、その服を着ているのを見た事はなく、代わりに親御さんは(投稿者が実家に置いてきた)ヘビメタTシャツを着用していた ←な話がですね…(笑)

  • 4/19 20:13 DARK EMPIRE “Dreaming in Vengeance”。>中近東風な仕掛け、好みです=

  • 4/20 08:58 真の親孝行とはメタTにあったのですね=

  • 4/20 20:09 電車遅れているのだね

  • 4/20 20:14 DARK EMPIRE “The Cleansing Fires”。>大曲…!(アコギの響きが美し過ぎるでしょう)

-------------------------------------------------------------

さて、ブラジリアン・メタル、の本日時点のセレクトです。

「Best of Music 2012/4/30 BRAZILIAN METAL」

“To believe”ANAXES
“The Voice Commanding You”ANGRA
“Crisis FX”MINDFLOW
“The Place Where We Belong”HYDRIA
“Living And Drifting”ALMAH
“Winds Of Hope”TIERRAMYSTICA
“Inside Chains”SHAMAN
“Darkest Dreams”PASTORE
“A Miracle In My Life”HANGAR
“Spirits Of Light”AQUARIA



(…いやいやはやはや。)
こうして休日にブラジルのメタルを心ゆくまで味わうって、ホントに贅沢な限りですねぇぇ。涙

P.S.
MINDFLOWさんの次作はいつ出るのかな?
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ブラジリアン

09:45  |  本日の〇〇METALマイ・ベスト(10曲)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.29 (Sun)

オーストラリアのデスコア色もありのメタルコア。(と、野火止用水を泳ぐ鯉さん。)

「待ってました!」のGWなので、まずは衣食住を整備すべく昨日は市内のとある価格破壊的店まで買い物へ。

徒歩で30~40分位でせうか、方角的にも太陽と真っ向勝負な道中。あつつ。
(正確な気温は把握してないが、きっと夏日でしたよね…)

その道中、差し掛かった野火止用水…

…の鯉さん達です。(分かり難いですね…m(_ _)m)
nobidome_koi01_2.jpg
(もうそろそろ鯉のぼりの節ですか。)

野火止用水は承応4年(1655年)、川越藩主松平信綱の命により、玉川上水の分水として野火止(埼玉県新座市)へ引かれたものだという。※出典:wikipedia「野火止用水」

(歴史の授業で習った記憶もなきにしもあらずだが、こちらに引っ越してくるまで実物に接した事はなく。)

水質悪化が進んだ時期もあったようだが、現在は清浄な水流でありますね。
初めて見た時には、「こんなに綺麗だったのかぁ」と感心したのですよっ。
-------------------------------------------------

オーストラリア・パース出身のメタルコア/デスコアのIt All ENDS HERE

昨年3月のデモ「It All ENDS HERE」に続き、先月、初EP盤「OUR WORLD AT WASTE」をリリースしたばかり。

結成は2010年の8月だというが、好きなバンドとしては、同オーストラリアの、
「I KILLED THE PROM QUEEN, PARKWAY DRIVE, MAKE THEM SUFFER, PARADISE IN EXILE」といったバンドの名前が挙がってますね。

ドラマチックなメタルコア・チューンの“Find 30 (Minutes Of Exorcise)”“Drowning”、デスコア色も強めな“Quicksand”もベリー良い(Good!)が、ラストの“Nightcrawler”などはプログレッシブな組み立てで、今後こういった方向を突き詰めた曲も是非聴いてみたいと思わせ。



It All ENDS HEREmyspace   facebook

甘辛サウンドに痺れます!

P.S.
所で、デイヴ・ムステイン大佐には三人のお姉さんがいるんですよね。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : オーストラリア It All ENDS HERE

08:21  |  バンド紹介(オセアニア)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.26 (Thu)

GRAVE DIGGERはブラジル・サンパウロに。(と、カッチェス社のグミ&ゼリー。)

ゴールデン前の谷間で少しのんびり出来そう?と考えていたが、(中々)予想通りにはいかないものでして。
(昨晩は疲労コンパイルにより爆睡…m(_ _)m)

しかし、どうも雨の動きが読めませんねー。
まぁ、毎年GWの頃って割と雨がちだったりするんですけどね~。

-------------------------------------------------------

さて、昨年末だったでしょうか。

通りがかりに酸っぱ美味しそうなグミを見つけてソッコーで買った事がありましたが、昨日も帰り際に見かけたゼリーに心奪われ…。

たまたま同じドイツ産?と思いきや、よく見るとメーカーも同じカッチェス社。

gumi_1.jpggelee.jpg

左が昨年買ったグミで、右が今回のゼリーでっす。

(…リーズナブルだったので、ゼリーを5袋買った事を正直に告白します。)

-------------------------------------------------------

…というそんな時でも、ドイツ・メタル界の重鎮であるグレイヴ・ディガー様は熱心に近況報告&今後のスケジュールを伝えて下さっており。

こちらは23日のブラジル・サンパウロでLiveのレポート動画です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Grave Digger - Excalibur Live @ São Paulo 23/04/2012

Grave Digger - Heavy Metal Breakdown (Backstage) @ Credicard Hall

尚、パラナ州クリチバでもショウを行う予定だったみたいだが、航空会社のストライキでキャンセルせざるを得なくなってしまったらしい。
クリチバの熱心なファンに対して、「将来必ず戻って来るぜ!(スペシャルなショウを約束する!)」とのメッセージが載せられてますね。

…って、公式ブログにまたしてもカップが!(「Handmade in Brazil!」ですって。)

※NEWアルバムのボーカル入れが完了しているようです。(朗報!!!)

P.S.
結構、風強いんですよね。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:48  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.22 (Sun)

イタリアの良好メロディック・デス。(&【4/9~4/13】ツイまとめ。)

夕方でしたか、「トム・ソーヤーの冒険(アニメ)」の再放送が。
懐かしさの余りONしていた訳だが、エンディング・テーマを歌詞も覚えて歌えたのに我ながら驚いた。記憶しているものですね。(※て、この曲、「ぼくのミシシッピー」というタイトルだったのか。)

(最近のものはよく存じないのだけど)あの頃のアニメの曲、素晴らしいものありますよね。

----------------------------------------------------------------

Mon, Apr 09~Fri, Apr 13


    silverwinger

    実は一週分ずつ程遅れている?のだろうかと思う。(一体いつから。。。)

  • 4/09 08:57 結局まともにネットをチェックせずで…(-o-;) (ですが、桜はまこと良かったのであります)

  • 4/09 09:00 FAIRYLAND “Score to a New Beginning”。>今週も始まりました!

  • 4/10 08:57 RAM “Defiant”。>^^♪^^♪^^♪

  • 4/10 20:07 CONSFEARACY “Flesh & Bone”。>モダンヘヴィネスな曲調ですねっ//

  • 4/11 08:56 この携帯機種、デフォでこういう待ち受け画像(Flash)があったのか(◎o◎) 時刻も秒単位でカウントしてくれるしヨイじゃない♪(と今更ながらに知る)

  • 4/11 08:58 ALKOHOLIZER “Age Of Misery”。>イタリアン・スラッシュを翳さんとするMorning↑↑

  • 4/12 08:58 (それにしても)あっという間に月・火・水曜日が過ぎ去った

  • 4/12 09:04 この待ち受けってリアルタイム?で天候を反映するFlashなのかなー(だから昨晩はザーザーrainy?)

  • 4/12 20:02 山手線車体に英国政府観光庁のプロモ。(「GREAT」の文字がめっきり目を引いた)

  • 4/12 20:05 待ち受け:着々と夕→夜 (ブリッジ?の光が点滅してる☆)

  • 4/12 20:10 IRON SAVIOR “No Guts No Glory”。>イントロとソロにかなりの勇気もらってますm(_ _)m

  • 4/13 09:01 MANTICORA “ A Long Farewel”。>何と言っても、驚異のちょっぱやGソロが///

  • 4/13 20:09 SLIPKNOT “Psychosocial”。>grooveの宴=

  • 4/13 20:12 うーぬ…夜遅くから降るって聞いたんだがなぁ(まっ、走るだけさ~)

----------------------------------------------------------------

ALGOLは結成が01年に遡るというイタリア・パドヴァ出身のメロディック・デスバンド。

04年にデモ「THROUGH TIME AND SPACE」、続く07年には「THE WISDOM LOST」というセルフプロデュースのEPをリリース、そして今回オフィシャルとしてのデビュー作となる「COMPLEX SHAPES」が発売になったばかり。

その本デビュー作がですね…
(試聴しました所)大変にっ!よさそうなのですよね!

アーリーな荒涼としたニュアンスを踏まえつつ、モダンな心配りも忘れていないような。
(…いや、もう一歩先に向かっているというのか。)





中でも、こちらの“Whiteout(feat. Paul Speckmann)”(←がーん!)の楽曲が一層気になっているんですが。


ALGOLmyspace

本作も是非に、という気持ちになっております!m(_ _)m

P.S.
前から借りようと思いながら観てなかった「タイタンの戦い」。想像以上にオモロかったです。(そうか、大サソリ隊。) 笑
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ALGOL

23:28  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.21 (Sat)

DARK EMPIRE(ダーク・エンパイア)の新譜

ニュージャージー州ベローナの、パワー/プログレメタルバンド・DARK EMPIREの最新作3rd「FROM REFUGE TO RUIN」。

振り返ると前作「HUMANITY DETHRONED」が発表されたのが08年で、その時からの月日の経過にたじろぐが、力作だった前作を初めて耳にした時の興奮がざわざわとフラッシュ・バックしたのも他ならず…

(…ですっっ!) 本作も満足感が絶好調で!!

SAVAGE CIRCUSのイェンス・カールソン<vo>が参加していたコトでも当バンドは知られてるだろうが(※SCはトーメンが戻ってきたそうですね)、現在はボーカル氏が交代し、新たにブライアン・ラーキンさんがリード・ボーカルを担当しており。

そのブライアンさんはバンドのカラーにフィットした歌唱を響かせており。(経歴の詳細は不明だが、パワメタ畑で来た方だろうか?)

DEの創始者であるバークリー音楽院出身のマット・モリティさんは多様多彩なGプレイを聴かせる方だが、(グロウルの掛け合いも含め)モダンな感覚も植え付けつつ、前はイェンスが在籍していた事もあって、ジャーマン・メタル(特にブラガ等)な趣向を少なからず感じさせる音楽性だった。

今作でも(その)面影が皆無という訳でもないにせよ、より内省的とも言えるプログレッシブな表現機会を押し広げ、音そのものに重量、深味が増したように思われる。

ゆえに、音色の美しさに耳を奪われてしまう、我を忘れる場面もしばしば。

(…念の為に申し添えると)Power Metalの熱気性が失われてしまった?のではなく、当バンドの幹としてその点はやはり厳として存在するものであろうと。
(…というのも、このアルバムには、芯から帯びてくる熱さ、じくじくと追いかけてくる熱さが自覚としてあるが為に。)

◆3rd「FROM REFUGE TO RUIN」
他、各種取り扱いあります。
From Refuge to RuinFrom Refuge to Ruin
(2012/03/26)
Dark Empire

商品詳細を見る


DARK EMPIREmyspace

1曲目の“A Plague in the Throne Room”は、ダークでヘヴィでアグレッシブなメタル快曲。ドラマチックなサビの旋律も覚えも良く、ネオクラなバッキングやまた王道といった風情のGソロにもガチで心奪われます…!
続く“Dreaming in Vengeance”は適度に重厚感、スケール感のある、アラビックなアレンジも効果な、活力POWERチューン。
EVERMORE辺りを彷彿させるユニークなリフと空気感を伴う“The Crimson Portrait”はグルーヴィなリズム感も秀逸だが、実は歌メロに隠し味?がありますね。
「ヘドバン開始!」のintroで襟を正される“Dark Seeds of Depravity”はグロウルも絡ませる攻撃性高しな好曲で、サビメロがRAGEなどの雰囲気ある?ような。(緩急も巧みに展開も凝っており。)
“From Refuge to Ruin”は幻想的なアルペジオにも惚れ惚れのパワー・バラードといった感のタイトル曲だが、中盤での笛導入が聴き逃せないし、後半インスト・パートではギターの表現力(Gが語りかけているようだ)に改めて感服。
一転してファストな“Lest Ye Be Judged”は…(うぬ…)まるでありきたりな感じがないですねぇぇ。こういった曲に触れるとDEの底力・地力を思い知らさせるのだが、本領発揮ではないかと…!
“What Men Call Hatred”は悠然とした程良いテンポ感が心地良いのだが…後半付近で突如「オアシス」な(目が覚める)間が訪れ。
シリアスなフィーリングの“Black Hearts Demise”はハードボイルドなかっちょよさあり、メロディも口ずさめるもので。
ラストの“The Cleansing Fires”は序盤の麗し過ぎるアコギからめくるめく展開で「アっ!」という間に聴けてしまう14分近くの大曲。(アグレに切り替わる瞬間は本気でドキリとし。)

Originのベローナです。

大きな地図で見る

すっかり「重回転」中の本作は…、

USシアトルのNEVERMOREやノルウェーのCOMMUNIC、バンドの所属レーベル(NIGHTMARE RECORDS)のオーナーでもあるLANCE KINGを始めとして、かのOPETH等、プログレッシブな方向を好まれるリスナーとの相性はいいのかもしれないという気が。

頭から終わりまで浸っていると、展開の巧妙さは勿論の事、如何に「内的な静謐と外的な動性が優れた均衡を保っているか」に驚かされ。

「幾度となく」の、飽くなき【磁力】スルメ盤ですね。
(聴けば聴く程に。)

いやはや、誠に「ヨキもの」、です!!

P.S.
フィギュアの解説者さんの熱っぽさがイイですね^^
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : DARK EMPIRE

19:45  |  レビュー風の感想かも(Prog Metal編)  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.18 (Wed)

本日のDANISH METALマイ・ベスト(10曲)。と、DARK EMPIRE聴き初め。

GWまではなんだかんだで落ち着かないのですかねー。(でせうねー。)

…というコトで、微妙なワサワサ感が否めません?が、新たに入手したDARK EMPIREの第3作「FROM REFUGE TO RUIN」に入り浸り始め。

いや~~~、願ったり叶ったりの高品質サウンドですねぇぇ!!!

DEの場合グロウル入るのもアクセントなのだが、「ヨキもの」を聴いてるのだ、という実感ひしひしと。

(また感想は追って書きたく存じますー。)

----------------------------------------------------

さて、ダニッシュ(デンマーク)・メタル、の本日時点のセレクトです。

「Best of Music 2012/4/18 DANISH METAL」

“Pandemonium”PRETTY MAIDS
“Shadow Of The Swastika”TYR
“Firesoul”MERCENARY
“Filaments Of Armageddon”MANTICORA
“Shake Your Grave”RAUNCHY
“Wake Up Dead”PHONOMIK
“A Terror Within”SUBMISSION
“Ghost Light”PYRAMAZE
“Lokkevisen”SVARTSOT
“The Light Itself Is Alive”A KID HEREAFTER IN THE GRINDING LIGHT

RAUNCHYofficialさんご提供。(有難うゴザイマス…!m(_ _)m)



おっ!“NGHT PRTY”のこのRemixは…(初ear)

P.S.
A KID HEREAFTER IN THE GRINDING LIGHTはやっぱchaosいいね。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : DARK EMPIRE

23:10  |  本日の〇〇METALマイ・ベスト(10曲)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.15 (Sun)

イギリスのテクデス趣向なハイパー・スピード・メロデス/デスラッシュ。(&【4/2~4/6】ツイまとめ。)

どうも気分が「どよんどよん」てな時ってありますよね。
(能天気な私でも、です。)

そういう時は「キっ!」とか「ガっ!」とか「ソリャっ!」とか(一喝?)声を発したりしてます。
(もやもや感を蹴散らすのです。)

---------------------------------------------------------------

Mon, Apr 02~Fri, Apr 06


    silverwinger

  • 4/02 08:57 OVERKILL “Come and Get It”。>今週も始まりました!

  • 4/02 20:05 フレッシャーズな方々が目立ちますね= (定期券売り場に長蛇の列が)

  • 4/02 20:11 OVERKILL “Drop the Hammer”。>これはこれは…(味深 ^^♪)勿論アグレです

  • 4/03 08:55 強風が目の中にゴミや砂埃を運んでくる場合、自分のようなハード・コンタクターにとって…(出来ればゴーグルで防御したい)

  • 4/03 08:59 OVERKILL “Old Wounds, New Scars”。>会心の。

  • 4/03 17:20 暴風のため、帰ってよいとのコトで…(早々に退出)

  • 4/03 17:48 OVERKILL “Save Yourself”。>はやっ!(ソロも電光石火☆★☆)

  • 4/04 08:57 OVERKILL “Electric Rattlesnake”。>energyの塊///

  • 4/04 09:02 OVERKILLの興奮さめやらぬ最中ながら予約してたMESHUGGAHの新作が今日~明日には届くだろふ

  • 4/05 08:59 MESHUGGAH “The Demon’s Name Is Surveillance”。>メシュガーですね、メシュガー

  • 4/05 09:02 有り難くもメシュガーわーるどにどっぷり

  • 4/05 20:05 MESHUGGAH “Do Not Look Down”。>あああっ(この曲好きですね)

  • 4/06 08:56 MESHUGGAH “Marrow”。>(直)有効

  • 4/06 20:04 ドタバタドタバタやってた割にはの今週進まなかった感(むむっ…)

  • 4/06 20:10 MESHUGGAH “Swarm”。>さながらの態

---------------------------------------------------------------

BLOODSHOT DAWNイギリスのリップホック出身の、ブルータルにテクニカルなアプローチで以ってメロデスとスラッシュメタルの要素をブレンドしたというメタル・バンド。

グルーヴ志向のデスメタルから「hyper-speed thrashing machine(ハイパー・スピード・スラッシング・マシーン)」へ進化を遂げてきたとの事ですが。

(確かに…)hyper-speed。⇒速・速・速!!!

聴けば分かりますように、激速デスラッシーでもあり、凄腕感漂うテクデスでもあり、ツインGによるARCHの如くな叙情美旋律も舞ったり。(かと思えば陽光fineだったり。)
ギターさん、かなり弾き倒してますねぇぇぇ。

…というBLOODSHOT DAWNさん、今年1月にこれまでの楽曲を集めたデビュー作「BLOODSHOT DAWN」をリリースされたそうで。



BLOODSHOT DAWNmyspace   bandcamp

尚、先月はFLESHGOD APOCALYPSE、DYSCARNATEと共に「AGONY UK MARCH TOUR」でイギリス国内をツアーしていたみたいですね。

(聴いた後の今となっては)確実に惹かれておりますよーーー!m(_ _)m

P.S.
葛城ユキさんのヒーローが聴けただけでも大きかったです。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : BLOODSHOT DAWN イギリス

21:28  |  バンド紹介(ヨーロッパ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT