2011.07.31 (Sun)

ANVIL(アンヴィル)の新譜

「長年、夢を諦めない」というのは、言うは易く行うは難しだと思う。

誰しも生活をしていかねばならず。

学校を卒業し、実家を出て生活をしていかねばならなかった時から(もう親には経済的には厄介にはなれないと覚悟した時から)不肖私めも「ある夢」と「生活せねばならない現実」との格闘があったけど。

「夢に身を捧げ続ける」というのは賭けかもしれず、「(結果として)夢が叶わないかもしれない」「夢に傾ける時間やエネルギーや金や…を無駄にするかもしれない」というリスクが常につきまとう。

それでも長きに亘って「それらの不安を跳ね飛ばし」「強く信じて」「諦めなかった」その稀有な、かけがえなさと友情に、敬意を払わずにおれない。

…と一昨年「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」の映画を観て思ったし、また今作を聴きながら改めてその感が甦った。

というのも、前作「THIS IS THIRTEEN」については結構厳しいお声もちらほら(汗)だったけど、最新作「JUGGERNAUT OF JUSTICE」の【ジャガノート】ぶりには…
気分良くぶっ飛ばされている」真っ最中なので!

例えば、「メタルの音楽的魅力って何処から来ているのだろう?」の要因の一つには、「リフにある」のだとすれば、1曲目の“Juggernaut Of Justice”を筆頭として「これがその回答!」という曲が隆々と連なっており。

ずしずしと臓物に響いて来るリフの図太さ、そしてドラムの重さ…
とてつもなく「音が生きている」のである。

昔堅気と言えば昔堅気でありながら、2011年の現在のシーンを刺激する様な、普遍的で徹底的な力が漲っている。

「音が生きている」し、聴いたこちらまでもが「生きてくる」…
そういう生命力が迸ったANVILのメタルなのだと。

因みにインタビュー記事を読んで分かったのだが、今回プロデューサーのボブ・マーレット(Bob Marlette)が妥協知らず?のグッジョブな手腕を発揮されたというコトで、ANVILの魅力を引き出し、アルバムに反映させたその功績も大きいものと。

◆14th「JUGGERNAUT OF JUSTICE」
Juggernaut of JusticeJuggernaut of Justice
(2011/05/10)
Anvil

商品詳細を見る

ANVILmyspace  official

少しだけコメントさせて下さいm(_ _)m

オープニングでタイトルの“Juggernaut of Justice”では、早くも見本というかお手本の様な素晴らしいリフをガツン!とお見舞いして下さり…
即参りましたm(_ _)m(いやぁもう…かっこええなぁぁぁ!)メロもばっちりだし、シンプルで力強い「“Metal on Metal”に続け!」とばかりなアンセムでせう!
“When Hell Breaks Loose”はがむしゃらでラフでRcckな勢いに満ちたMOTERHEADなどを体感させるナンバーであり。
“On Fire”は圧倒的にメロディが良く、ちょっとダークで古き良きな調子がたまりません。
これまたイカシたリフがノリノリな“Fuken Eh! ”も「楽しくって楽しくって」俄然ボディはmove!(ソロはいぶし銀な作り&テイストっす。)
アップテンポな強力チューンの“Turn It Up”は人生の辛さも大転換していく、上に跳ねていく力も甚だしいパワフルさ!!
ザクザクとしたギターが小気味いい“This Ride”はオールド・スクールの美質なだけでもないNOW(なう)なアレンジも効いてて、非常にこう、粋な曲でっす。
“Not Afraid”は…初めて聴いたのに「なっつかしいなー」って言わせてしまう様なメロは一体何なのでしょう?(胸がきゅんきゅんするらしい。)
“Paranormal”はドゥーミーなドロンドロンとした抜群な雰囲気で、妙にハマるというか。
快活なドラム・ワークで始まる“Swing Thing”は洒落たスウィング・ジャズなインストのラスト・ナンバーで、素敵な締め括り方だなぁって。(メンバーも自信の模様!)

ANVILの出身・カナダのトロントです↓。

大きな地図で見る

所で、先日も“Metal on Metal”を「メタルに対する熱情の塊」というか化身、の様な曲だなと考えながら聴いていて…

その後の不遇な長い時期よりも以前に作られた曲なのだろうが、もしかしたらこの曲が「先にあったから」、その後の彼らの人生を自ら方向付けたのだろうかとか、この曲が彼らを引っ張って来たのだろうかとか(それは私の勝手な想像なのだけど)、つまり、それ程タフな強い曲だなって、つくづく感じる所があって。

でも、彼らが経験した負の分だけそのまんま正の分だって、それは絶対値のような事なのだろうと。

それにつけても、です。
今作はきっぱりと(虚心坦懐に)『Metal is Great』の音楽としか言い様がないもので。
こちら聴いてしまったら…
そりゃぁ、「ANVIL is GREAT!!」と叫んで、METAL好きにならずにいられないって思うのです。

(ホントにホント、ぐっと来ますので…!)

P.S.
元のドラマも大好きだった「特攻チームA野郎」…もとい「特攻野郎Aチーム」劇場版を借りてきて観た。
オモロかったなーー(2作目もあるといいな~)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ANVIL アンヴィル カナダ

17:38  |  レビュー風の感想かも(正統派編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.30 (Sat)

ロサンゼルスのインダストリアル・ゴシック。(と、パソコン・トラブル…)

今日、突然パソコンが高らかにピーピーと鳴り出し、赤く点滅したと思ったらダウンした。
(真っ青…)
で、何度か電源を入れようとしても「ピーピー(赤く点滅)×5回→(起動せず)」の症状が続き…。

が、今こうしてブログを更新しているというコトは…

…です。PC立ち上がりました。(やっほーい!)

最終的にはPCとモニターの電源を直に取る様にしたら「ピーピー(赤く点滅)×5回→(起動せず)」を回避出来たという。(そんなんで…?)

簡単に言うと、電源を取っていた場所(電源タップ)に問題があったらしいような。
(電源タップが劣化していたのか?)←どうもそれっぽい

まぁ、本当の原因は不明?だが、「安全性を確保するまでは」頑として起動しなかったという訳か。
何と優秀なパソコンなのだ!!!
(だから、私は〇〇製品信者。)

----------------------------------

ツイッター経由でZANAG KRAUNさんよりセルフ宣伝のリプを受信したのでご案内を。

SILENT FALLさん以来?でせうか)

ロサンゼルス出身の「Gothic / Industrial / Metal」というコトで、昨年の初頭にEP「RED REPUBLIK」を制作した模様だが、今年には新フルレングス作をリリースされる予定みたいっす。妖し美しゴシック風味と無機質インダストリアル・サウンドが混ざり合いつつ渦巻いており。
どちらかと言えばムードを重視した方の作風かと思いきや、曲によってはツイン・リードのソロなども…(おおっ!)

◆EP 「RED REPUBLIK」

ZANAG KRAUNmyspace   Reverbnation  (10曲程試聴ページ)

ZANAG KRAUNさん、わざわざご連絡頂き有難うございました!)

P.S.
帰宅後にそんなパソコン・エラー騒ぎがあったので…(へろへろ。。。)

でも、「重要データはこまめにバックアップ」が望ましいのは明らかでありんす。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ロサンゼルス ZANAG KRAUN SILENT FALL

00:21  |  バンド紹介(北アメリカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.27 (Wed)

ペルーの先鋭派メタル。(と、死海周辺の砂漠で。)

今日は月末恒例DAYだったせいか、今現在「放心ステータス」でして。。

とゆうか、祝杯気分で1本多めに空けてしまったのがアレか。

(ちと気を抜いたら絶対的に意識失う…) いや、さっき5分間?程Sleepしてました。

-------------------------

故・開高健氏を懐かしみながら著作を読んでいたら、世界で最も標高が低いという事でも知られ、又、高い塩分濃度で知られる塩湖「死海」周辺の砂漠をぐるぐる歩いてエルサレムに戻ったら靴がボロボロになっていた、というエピソードがあり。
それ程のっぴきならない強健な塩分の土地だというコトか。

海外で初めて訪問した砂漠がこの死海周辺だったそうだが、開高さんは砂漠が好きだった様だ。
「酷烈」など言葉を受け付けない徹底ぶりに一瞬でやられるのが爽快であると。

半端の無い徹底ぶりは、SODOM(ソドム)もまた然り。

◆「IN WAR AND PIECES」

SODOMmyspace
(ソドムは紛れもなくソドム。)

-------------------------

ペルーの首都・リマを起点とするV.I.T.A.L
「Experimental / Metal / Progressive」というコトだが、モダン・ヘヴィネスの影響も覗かせる先鋭的なサウンドで、(スバリ)かっちょええっす。

2009年にDemo作をリリースしている模様だが。

V.I.T.A.Lmyspace  official (こちらにも曲がUpされており)

問題としてはですね…
myspaceの最終ログインが2008年?らしくって、その事実からしても「推して知るべし」なのであるが(汗)、現在の活動状況が分からず。。

(ううう…惹かれましたのに…)

また、追いかけていきたいと思います!m(_ _)m

P.S.
出来れば土日付近に感想(らしい)記事を書きたいなと。と。と。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SODOM ペルー V.I.T.A.L

23:35  |  バンド紹介(南アメリカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.24 (Sun)

インドネシア・西ジャワのバンド。(&【7/19~7/22】ツイまとめ。)

本日正午直前のぎりぎりに我が家TVの地デジ化を実行。
(もっと設定に苦心するかと思いきや、有難くもストレスレスに作業完了。)

アナログ時代と比べると画質がデジタリー?というのか、「ああ、フェーズが移行したんだな」って実感。

--------------------------------

(先週はあんまし呟けてなかったりして。。。)

Tue, Jul 19~Fri, Jul 22


    silverwinger

  • 7/19 08:53 家を出る前(7時台)には「バケツをひっくり返す」×3(位)な雨が降っていたが、出発時には傘が要らなくなり…

  • 7/19 08:55 が、暫く予断を許さないので気をつけんと

  • 7/19 09:02  #nowplaying BLACKGUARD “Scarlet to Snow”。>さり気なくGが「泣き」なのだ #heavymetal #metal

  • 7/20 08:58 COMMUNIC “Becoming a Man”。>鬼気迫る粘りの強さに…m(_ _)m

  • 7/20 19:56 今日の気温>とてつもなくクールに感じる

  • 7/20 20:20 KALMAH “One Of Fail”。>「端正」な曲だと思う(そもそもカルマは端正な印象の曲わんさか)

  • 7/21 09:03 大至急長袖を引っ張り出し(ここの所のHOTNESSが幻想みたいだ)

  • 7/21 19:53 PAGAN'S MIND “The Celestine Prophecy”。>緊張と緊張の狭間に…(この曲って音を抜いたような箇所が物凄くイイんだよね~)

  • 7/22 08:55 ANTHRAX “Among The Living”。>あまんぐ!あまんぐ!(アンスラの新作が楽しみで仕方ないのよね~)

  • 7/22 20:10 MEGADETH “Head Crusher”。>へっど!くらっしゃ!(頭がね~)

--------------------------------

いずれもインドネシアの西ジャワ州のバンドです↓。

INFAMY
バンドン出身の、アグレッション、フック、テクニックを併せ持った感の、質の高いデスメタルで…。(おおお、素晴らしい!!!)

「MATRIMONIAL」

INFAMYmyspace

BLOODED VIOLENCE
ブカシ出身。荒涼としたデス・パートとクリーンのパートが混在するという音楽性で、叙情性あるメロディのセンスに光るものを覚え。
BLOODED VIOLENCEmyspace  official“Wasteland for you”がホヤホヤの最新曲らしい。)

REVENGE THE FATE
こちらもバンドンをオリジンとする09年結成のデスコア/ハードコア。スクリーモ風な曲もあれば、THE CRIMSON ARMADA辺りに通じるフレーズを含む楽曲もある。
昨年12月にdemoアルバムを発表した模様だが、今年の中頃にはフルレングス作をリリース予定みたいっす。
REVENGE THE FATEmyspace  facebook

拙ブログでインドネシアのバンドは確かメロデスのBESIDE(→myspace )を少々ご紹介したきりだったかも?しれない。。。

(今後も折々に…m(_ _)m)

P.S.
27時間テレビでナイナイの友情に涙。

TODAYも思いの外、快適な気候だったねーー
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : INFAMY BLOODED VIOLENCE REVENGE THE FATE インドネシア

22:58  |  バンド紹介(アジア)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.23 (Sat)

LIGHT THIS CITY・ローラさんの想いに触れた日。

連休明けだったからなのか?地味に集中力を要する案件が多めだった今週。
(現在、へなちょこのヘナヘナへろへろ気味だが…。)

ほんでも、これから午後出かけるもので。
→なもんで、(急ぎ足で)少々ショートな記事になりますm(_ _)m

-------------------------

解散しているUS・サンフランシスコLIGHT THIS CITY「STORMCHASER(2008年作)」の日本盤が発売され、それに伴うインタビュー記事を読ませて頂き。

◆「STORMCHASER」
ストームチェイサーストームチェイサー
(2011/06/15)
ライト・ディス・シティ

商品詳細を見る

LIGHT THIS CITYmyspace 

その発売前にバンドの解散が決定していた「STORMCHASER」を聴いた直後の当時、「な…なんで…解散しちゃうんだよぉぉ~ 涙」と(解散を)大変に惜しみ…、
惜しまざるを得ない渾身の内容だったもので、今回興味深く読ませてもらったのだが。

当作はご本人達も想いの丈を込めて作った、相当に思い入れの強い作品だったようだ。
(納得。)

「ローラさんの活躍ぶりは(女性デスのボーカリスト/フロントとしての先輩である)アンジェラ姐(ARCH ENEMY)もきっとお喜びに違いない」って勝手に考えていたのだが、どうやらローラさんは姐を非常にリスペクトしているご様子なのである。

(確かにアンジェラは様々な面でタフな方でありますもんね。)

しかも、ローラさんは独学でグロウル/スクリームをマスターしたらしくって。
(そうか、セルフで…)

…えーと…。 己もへろへろしている場合ではない。

見習っていくぞ!

ゴーヤ喰らって夏を乗り切るんだ!!!!!

(…という訳で、LIGHT THIS CITYで気合い入れさせてもらいます…!m(_ _)m)

P.S.
今日も涼し。ヤッホーー!
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : LIGHT THIS CITY サンフランシスコ

11:18  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.21 (Thu)

ウクライナ、チリのメロ&パワー。(と、頭が回らないから…)

昨晩辺りから気温が下がり、連日のモウレツぶりから一時的?に解放された感じだが。
(そして、余りにも快適だった為→爆睡。)すみません…。
今日なんて気持ち的には「秋」である。
このまま秋になる程きっと世の中甘くはない筈だけど、8月中にこんな快適な日が何回来るだろうか?

(今日は涼しいので食も進んだが)ともすれば夏場は食欲が落ちなくもない。

ついでに言うと、思考能力(ただでさえ芳しくないのに)も落ちなくもない。
くるくる潤滑に頭回らず。。。

“You Spin Me Round”を聴けば我が脳の回転も上向くのではないかと。(…の願いを込めまして。)

◇Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like a Record) (Murder Mix)
Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like a Record) (Murder Mix) by japelin

(※勝手ながら私の中ではそういうイメージです。)昔からこの曲は好き。

------------------------------------

さて、連休中にあれやこれやと聴いていたバンドの内、メロディック・パワーメタルを>と思います。

SUNRISE
03年に結成されたウクライナのバンド。
昨年、イタリアのレーベル「Heart Of Steel Records」から2ndがリリースされている。メロスピ然とした曲もありつつ、ジャーマン、北欧、イタリー等のメロディック・パワーの良質さに自らのカラーを重ね合わせているという印象。AXXIS辺りに近い?感触の楽曲もある。

◆2nd「TRUST YOUR SOUL」
こちらはAmazon MP3。

SUNRISEmyspace

FIRELAND
チリのパワーメタル。
DREAM EVIL, HELLOWEEN, EDGUY, GAMMA RAY, HAMMER FALL, ACCEPTといったバンドの名前が挙がっているが、全体観的にはドイツ系統なメロパワというべきか。
“Where is heaven”といった曲を聴くと「HELLOWEENが好きに違いない!」のLOVEな想いが届いてくる、その直進なパワーメタル志向に好感が持てる。

FIRELANDmyspace

P.S.
金曜日は金曜だし、土曜日は土曜だから。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SUNRISE ウクライナ FIRELAND チリ

23:23  |  バンド紹介(地域混合)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.18 (Mon)

なでしこJAPAN。南・西インドのバンド。(&【7/11~7/15】ツイまとめ。)

いや~~、興奮しましたねっ!

整備されている訳ではない環境下で、別に生計を立てながらプレーを続けてきた選手の状況も以前から窺ってきたが、そういった中、勝利を目指してチーム一丸となり、最後まで粘り続け、栄光をもぎ取った姿には感動を禁じ得ない。

「奇蹟(ミラクル)」などではないのだろう。
一見ミラクルに見えるものの裏にはしっかり理由があるのだろうと。

「本当にサッカーが好きで」「いつも練習を楽しみにしていて」「辛いとかの愚痴は言ったことがなく」
選手の親御さんが仰っていたが、きっとそうだったのだろうなぁと思い。

改めて、「なでしこジャパン世界一」オメデトウ!!!
(有難う!!!)

---------------------------------------

「FINNISHメタル>いやっほ~!」って思いながら聴いていた先週。

Mon, Jul 11~Fri, Jul 15


    silverwinger

  • 7/11 08:56 梅雨明けしたのか?したって全然おかしくはない

  • 7/11 08:57  #nowplaying STRATOVARIUS “Higher We Go”。>Higher!(涼やかしAメロ、熱的サビメロ…) #heavymetal #metal

  • 7/11 20:04 えーと。さっき気がついたが、今度の週末はもしや3連休ではないか…!(何だか得した気が~)

  • 7/12 08:58 THE BREATHING PROCESS “Metamorphosis”。>リズミックだし流麗なのだしキャッチー

  • 7/13 08:55 昨晩は不覚にも寝…寝入m(_ _)m>(テンション入れ替える為)フィンランド中心に追加してきましたっす

  • 7/13 08:58 CHILDREN OF BODOM “Bodom Beach Terror”。>!!

  • 7/13 20:05 CHILDREN OF BODOM “Downfall”。>本気で涼しい…(という事象以上に名曲なのだという)

  • 7/13 20:08 それでも今週頭から夜風が心地良い気がする

  • 7/13 20:18 それと月が煌々としている様でもある。(オジーもお元気そうで何よりですね~!)

  • 7/14 08:58 CAIN'S OFFERING “Thorn In My Side”。>この曲は何つってもAメロ…(鳥肌の)極上メロディック☆彡

  • 7/14 19:55 ダイヤ乱れとる…(今夜は月がかなりマブい。)

  • 7/14 20:07 (今更ながら…)なでしこジャパンおめでとう!←試合終了の直前に目覚めたでよ~(^^)/

  • 7/15 09:02 ENSIFERUM “Smoking Ruins”。>イマジネーション刺激するフレージング。(無理なく綺麗)

  • 7/15 19:53 馬場の駅前にドンキーが(☆o☆) ←本日開店だったようでレジに向かって長蛇の列。(改めて今度利用させてもらおう♪)

  • 7/15 19:56 正直、すんごい助かる。ドンキー大歓迎\(^-^)/

  • 7/15 20:06 ENSIFERUM “Twilight Tavarn”。>祭り、そして追い掛けっこ。(クラシカル・フレーヴァー乗せて彡)

---------------------------------------

本日、インドのバンドに幾つかアクセスさせて頂いたので、いきなりですが↓。

SCRIBE
西インドの大都市・ムンバイの出身で、ジャンル的には「Metal / Post-Hardcore / Experimental」というコトだが、インドらしさ漂わす次世代なMetal/HCなサウンドは実にイケているものと。
尚、以下のREVERBNATIONのページで14曲程試聴可。
Scribe :: Music@REVERBNATION
SCRIBEmyspace

KRYPTOS
結成は98年、南インド・カルナータカ州都であるバンガロールの、80年代Thrashやメロディック・メタルの影響を受けたというKRYPTOSは、欧州横断ツアーを敢行したインドのバンドで初めてだという。
(ほぼ)デスボイスと言えるダミ声のボーカルで、オールドスクールのフィーリングや叙情性を大事にしたスラッシーでパワーなメタルかと。
3rd「THE COILS OF APOLLYON」はComing Soon!とのコトなので、今年中にはリリース?。

◆2nd「THE ARK OF GEMINI」
Ark of GeminiArk of Gemini
(2008/06/17)
Kryptos

商品詳細を見る

KRYPTOSmyspace  official

EXHUMATION
ムンバイを本拠地とする、捻りの利いたフレーズを散りばめたテクニカルなブルータル・デスという印象のデスメタル。
(とても好きな予感です~)
上のKRYPTOSもそうだが、サム・ダンのドキュメンタリー映画「Global Metal(グローバル・メタル)」に登場しており。

EXHUMATIONmyspace

P.S.
連休だったのをいいコトに…m(_ _)m

イロイロ充電しました。(また明日からガムばー)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SCRIBE KRYPTOS EXHUMATION インド

22:45  |  バンド紹介(アジア)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT