2011.05.29 (Sun)

ARCH ENEMY(アーク・エネミー)の新譜

言わずと知れたARCH ENEMYアーク・エネミー)の最新作「KHAOS LEGIONS」。

自分は、時にはUFOの楽曲を聴いていたりもするが、するとどうしても「ある想い」が湧き起こってくる。

ギターというのは如何に雄弁な伝達を齎す事が出来得るのだろうか」と。

(勿論、他がそうではないという意味ではなく)ただ、マイケル・シェンカーの名演に触れる度に、ギターを通して伝えられた人間感情の襞を表現する力、息遣いに…、
「ギターって凄いのだな」という、その想い。

そして、ARCH ENEMYが当代随一のエモーショナルなギタープレイを聴かせるマイケル・アモット兄、テクニカルな早弾きで魅せるクリストファー・アモット弟という才能豊かな兄弟を有するバンドだというのは(紛れもなく)疑いなく…。

…というギタリスト達が存在するだけでも稀有な筈だが、素晴らしく獰猛なデスボイスとパフォーマンスを発揮するアンジェラ・ゴソウ姐、演奏確かなドラミングを身上とするダニエル・アーランドソン、厚みのあるベースでサウンドを支えるシャーリー・ダンジェロ…
そういう彼らのチームワークの下、相互の力が折衷されながら、研磨されながら生み出されたに違いない本作「KHAOS LEGIONS」にあっても、(己がMETALと向き合う時の)ドキドキワクワク感=高揚感をけして掠め取られる事がない。

だって、耳にすればそりゃ思います、思わざるを得ない…
ARCH ENEMYは素晴らしいな」って。

…それにしても、だ。
バンド加入後10年目というアンジェラ姐の、インタビューでの、「(一身上の)ある事を諦めた(趣意)」とまでする露わな怒りを思い出すのだが、前のインタビューの発言と照らし合わせると、姐の中で何らかの心境、考えの変化があったと想像せざるを得ないのだが、(それも含めて)生きた人間の集合体であるバンドの、新しき意識と主張は激音の中で昇華されているものと。

◆8th「KHAOS LEGIONS」
ケイオス・リージョンズケイオス・リージョンズ
(2011/05/18)
アーク・エネミー

商品詳細を見る

ARCH ENEMYmyspace  official

(実の話)B!誌にメンバーの対談形式による全曲解説があったりするので、メンバー自身による解説なのだからこれ以上正確に伝えるものもなかろうが、リスナー側の受け取りと受け留め方には自由の余地があるので、その辺りを幾曲か少しばかり…。

インストのオープニング“Khaos Overture”から連結される“Yesterday Is Dead And Gone”は聴き手に直ぐ様ARCH ENEMYの曲だって気づかせるに充分な個性がそこには在り。
クリアで明晰、整合感がある音の作り…そして、胸揺さぶり動かしのバッキング、ギターソロ…etc。
“Bloodstain Cross”は、かの「復讐の女神(の曲)」が引き合いに出されていたのも理解不能ではないという「第Ⅱ章」?というのか。ここでの獰猛且つ猛々しい姉貴のVoは尋常じゃなく身震いだし、マイケルのギターは…「~~懸ってる」と思う。
骨太いMETALな“Under Black Flags We March”は個人的にはベースの音の色が好ましかったりする。
(メンバーも大プッシュ!)“No Gods, No Masters”は覚え良い歌メロ有するシンガロングOKな楽曲。なるほど、キャッチーで歌謡的。(この曲ではギターソロを入れてないというが。)
目の醒める早弾きプレイで開始の“City Of The Dead”は重心は下の方へのHeavyな音感だが、本年騒乱が勃発し、首相が退陣とする事態ともなった某国の首都について歌っている模様。(因みにこの曲はそれが起こる前に作られたという点を鑑みれば示唆的だが。)尚、この曲でもギターの泣きっぷりはトンデモない。
“Through The Eyes Of A Raven”はバッキングのドラマチズムが「つくづくARCHだ」と思いながら聴いていると…毛色が変わるフレーズが出現し、以後入れ替わり立ち代替わるフレージングを見せるプログレッシブなインスト部はキキモノ。
introの緊張感が印象的な“Cruelty Without Beauty”は激烈なデスメタルだが…とは言えども各所に散りばめられたエッセンスはアーク・エネミーによるもので。
“Cult Of Chaos”はARCH流デス×スラッシュの「ロード・オブ・キング(王道)」。仄か明る気なカタルシス。
テンポ感良好な“Thorns In My Flesh”は噛みつきvoの煽り→叙情性メロディアス・ギターの(中近東風アレンジも華やぐ)ブルータル&メロウの完全融合曲。
アグレッシブに激情が滾る“Vengeance Is Mine”は野獣の如き蛮性と宝石の如き冷徹な煌き…その対比にドキリとさせられるARCHに望む一つの姿形。
リズムも好調子な“Secret”は「ギターづくし」というか何処までも贅沢なGワークの数々が堪能出来るという…。様式美なGソロは「あまりに、あまりにも」だったので目が潤み…。(姐のvoも気合い!)

ARCH ENEMYの出身、スウェーデンのハッランド県ハルムスタッドです↓。

大きな地図で見る

本作に関しては心身に浸透させている最中のため、理解の及んでいない所もまだまだあるというのが実際だが…。(すみません…m(_ _)m)
だが、
「我、生きているがゆえに」、
「素直に、率直に、偽りなく【我自身】を投影せん」。
そんな意思と熱望が音に見え隠れている様でもあり。

又、過去→現在→未来のARCH ENEMYの軌跡にあって次機軸の始まりを示す今作ではないかと。
(…の気持ちで聴かせて頂いてます!)

P.S.
明日も雨が強そうですね。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ARCH ENEMY アーク・エネミー

22:06  |  レビュー風の感想かも(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.28 (Sat)

底力思い知ったりのThis Week。(&【5/21~5/27】ツイまとめ。)

昨日は月末の恒例DAYだったが、どうにかこうにか今月も勝負ゴトを無事終える事が出来た。
家に戻ると「地球が静止する日」がやってるようだったのだが、一息ついて(酒を呑み干したが最後…)爆睡の野原へ。。。
ですが、今朝もこうして爽やかに目覚めまして、NEW洗濯機さんのお力を借りつつ、さくさくと洗濯も済ませ…m(_ _)m
(もう梅雨入りした?)

-----------------------------

(気付けば#nowplaying系ばかり…)今週もイロイロと聴かせて頂きました!

Sat, May 21~Fri, May 27


    silverwinger

  • 5/21 17:51  史上最大級の口内炎に立ち向かうため、塗り薬を買った夕方。(しかし、日が長くなったなー)

  • 5/21 17:55  柴犬とヨークシャーテリア(友達同士?)が接近⇒接触

  • 5/23 08:56  #nowplaying KREATOR “Radical Resistance”。>血圧↑↑↑(ううう、くわっこいい…) #heavymetal #metal

  • 5/23 20:03  #nowplaying ELVENKING “Seasonspeech”。>ノーマルvo&女声&デスvoの三位一体民謡。(中盤の笛→ファーラウェイ) #heavymetal #metal

  • 5/23 23:22  ぬ?今、ブログの調子おかしい??(サーバによりけり?) アクセス出来たり出来なかったり。。。

  • 5/23 23:27  『Sir Chris Boltendahl』も作って下さいm(_ _)m RT @lifehackerjapan: ジョブズが凝縮されたiOSアプリ『Sir Steve Jobs』 http://bit.ly/myEa3K #lh_jp

  • 5/24 00:08  うーむ、、やはり幾人かの方々のブログへはアクセス不可っぽい。。。申し訳ないがまた明日以降再訪問させて頂くとしよふ。(それではお休みなさい~^^!)

  • 5/24 08:54  (己の不注意で)数日口内炎痛に苦しめられてきたが、薬やら何やらがトリガーになって好転したらしいm(_ _)m>お酢モノ?

  • 5/24 09:01  #nowplaying ELVENKING “A Dreadful Strain”。>引き続いて今朝もイタリアンFolkですー #heavymetal #metal

  • 5/25 09:02  #nowplaying DESTRUCTION “Hate Is My Fuel”。>兄貴達m(_ _)m #heavymetal #metal

  • 5/25 19:57  #nowplaying ELIMINATOR “Breaking the Wheel”。>Gソロ\(^-^)/ #heavymetal #metal

  • 5/25 20:19  まっ黒な犬が散歩に連れられ。(が、暗闇に紛れて全容がいまいっちょ不明…)

  • 5/26 08:56  #nowplaying CENTINELA “Obsesion”。>【ピュア】。真っ向なピュア重金属楽曲 #heavymetal #metal

  • 5/26 20:16  #nowplaying ICED EARTH “The Coming Curse”。>キモはタイトで弾力なリズム☆彡 #heavymetal #metal

  • 5/27 08:57  #nowplaying ETERNAL TEARS OF SORROW “Baptized By The Blood Of Angels”。>実に扇情的&ドラマティック。(keyの美しさとゆったら…☆彡☆彡) #heavymetal #metal

  • 5/27 19:57  #nowplaying AZEROTH “Randall Flagg”。>アルゼンチンらしき様式美的な。(Aメロ→持ってかれる) #heavymetal #metal

ETERNAL TEARS OF SORROWは(やっぱり)底力が半端無いよねぇぇって再認識したり。
(来週は多少なりとも南米、東欧方面にアクセスしていきたい>目標。)

P.S.
何だか前回は記事投稿のツイッターへの通知が遅れたようで?(まっ、そういうコトもあります。)

「海賊」特番?が何気にオモロくてついつい見入ってしまた。女海賊アン・ボニーとか。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

12:08  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.27 (Fri)

宇宙ゴトな映画とEVERGREYの。

おっと。早くももう月末なのですね。

この間、spaceな映画をレンタルして2本続けて観たのだが、片方は(BBC制作)米・NASAの宇宙開発にフォーカスしたドキュメンタリー『宇宙(そら)へ』であり、もう一つはミラ・ジョヴォヴィッチ主演のホラー色濃いサスペンス?モキュメンタリー映画「THE 4TH KIND フォース・カインド」である。

(古代語…。)

両作を観終わってからは(各々の筋道に於いて)考え事を誘った訳であるが。

因みに、私的には嘗て「遂にUFOとご対面…(か?)」でエキサイトした事件があり、…けれども、どうもそれは電飾凧というものらしかったと後程発覚し…。
(あの時は落胆したんだっけなー。笑)

そりゃ~自分の目で確認したいというのはあるのですが。

あ、そうそう、そう言えば、今月の5月8日に新宿付近で騒ぎがあったとか??

もしご興味があればようつべ(Youtube)などで「新宿 UFO」などで検索したりしますと、(現時点で)上位の方に出てくるのではと。

私も拝見したんだが、うーぬ…。
同じ速度?で落下しているように見えなくもないが、アレらを風船で片付けるにはソレはソレで疑問が。。。

ともあれ、「隠された謎」というものに興味を抱くのは自然な感情であり…
こちら系?に関しても、メタラー各氏の関心の対象ともなりやすいのではないかと。

結構前に収録曲の“The Encounter”について拙文を少々書かせてもらったりしたのだが(既出だが)、EVERGREYの「IN SEARCH OF TRUTH」は力作だと思ってまして。

◆3rd「IN SEARCH OF TRUTH」
地球外生命体の登場シーンが目に浮かび。
イン・サーチ・オブ・トゥルースイン・サーチ・オブ・トゥルース
(2001/11/21)
エヴァグレイ

商品詳細を見る

◆9th「GLORIOUS COLLISION」
こちらは本年リリースの最新作。
Glorious CollisionGlorious Collision
(2011/02/22)
Evergrey

商品詳細を見る

EVERGREYmyspace 

情念を歌わせたらTom S. Englund<vo,g>は凄まじく。
EVERGREYは「So cool」なバンドであります。)

P.S.
さてさて、金曜日なのであります。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : EVERGREY

00:12  |  メタル雑的雑談(DVDや番組、動画が絡むもの)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.24 (Tue)

『Sir Chris Boltendahl』への鼓動の高鳴り。

昨晩は「いざ訪問返しを!」と思ってマウスをいじっていたら途中でブログの画面が戻らなかったり、アクセス自体が出来なくなり…。
頑張れ頑張れ、〇〇2ブログ!!」と(こういう場合の)エールを送ってみたものの、なかなか昨夜は早期復調が難しかったらしく…?

まっ、もちろんそういう事だってありますが、何と言ってもFC2は偉大なブログサービスでありまして。(いつもお世話になっております!m(_ _)m)

それでそうこうしている間にTwitter(ツイッター)の方を拝見していたら、以下のLifehackerの記事が目に飛び込んできて。

◆「ジョブズが凝縮されたiOSアプリ『Sir Steve Jobs』

記事を読んでみるとどうやらSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)氏の歴史、名言、動画、写真が1つに濃縮還元?されたアプリの様である。

となれば、(当然ながら)メタル好きとしては『Sir Chris Boltendahl』を心待ちにしてしまうのはやむを得ないコトである。
(想像するだけで興奮のあまり、眩暈が…。)

…で、夢の翼はスプレッドしていき。

『Sir Udo Dirkschneider』(U.D.O.)
『Sir Marcel Schirmer』(DESTRUCTION)
『Sir Johan Lindstrand』(ONE MAN ARMY AND THE UNDEAD QUARTET)
『Sir Glam』(WIGWAM)
『Sir Bottom-dwelling, Plank-n-String』(SWASHBUCKLE
  ~~(以下続く)~~

SWASHBUCKLEmyspace
SWASHBUCKLEはスラッシュ的にも好きなバンドなのでして。)

この論法で行くならば、作って頂きたいSirシリーズ?は無限大∞に増え続ける一方なのだが。。。

P.S.
この後訪問させて頂きますm(_ _)m

(涼しい一日でした。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SWASHBUCKLE

23:52  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.22 (Sun)

SCAR SYMMETRY(スカー・シンメトリー)の新譜

NEW洗濯機さんには早速ご活躍頂いているのだが、「ぐっじょぶ」な仕事ぶりに唸らせてもらっており。
そんなNewComerさんWORKにトキメキを覚えつつ、ARCH ENEMYの新作を聴きまして。
いえ、(正確には)聴いております中。⇒(「やはり」というべきか)ワクワクドキドキ感を刺激し続けて止みませんね!って。
(ですが、こちらの感想な記事はもう暫く聴き込みさせて頂いてから>と思っとります。)

-------------------------------------

ARCHと同じスウェーデンの、同じく人気も高いSCAR SYMMETRYスカー・シンメトリー)の最新作「UNSEEN EMPIRE」。

前作「DARK MATTER DIMENSIONS」は(ご存じの様に)クリスチャン・アルヴェスタムが脱退してから初めての作品だったのだけど、紐解いてみれば、ある種の不安や懸念を払拭する、実に「天晴」晴れ晴れしいサイバー・エクストリームメタル作だったんで御座います。
しかも、その前の作「HOLOGRAPHIC UNIVERSE」から間隔空けないリリースだった事もあって、攻勢の手緩めない(「攻めてるな…!」の)気迫とスタンスに感服させてもらったのだった。

…で、続けまして間空けずにNEW作を披露した非常にAttacker(アタッカー)なスカシンである。

うおおおおお。ぬわんてメロ(MELO)い、…メロいのだ…!!!!!

「メロ重視で来ましたね~~!!」って、ついつい口を突いて出てしまったが。
(いえ、メロデスバンドなんでそれは当然と言えば当然なんだが…)
にしたって?「メロディック好きにはたまらんなぁぁ」の『珠玉メロディ』オンパレード!!!(ホントにメロいいっす。)

で、前作からクリーンとデスでボーカルの専任担当を立てているのだが、今作でも各々の役どころが明確にパワフルに実現されており。
また、introやAメロからもう充分に?ポップでメロかったりするが、特にクリーンVoのサビに入ると80年代洋楽?もしくは産業ROCK?もしくはメロハー?というポピュラリティも偲ばせているし、その上、「ここいらでアグレッション、ブルータル求む!」な要望に応える適材適所なフレーズ配置も(おっそろしく)巧いのではないかと。

で、で、更に更に…!
フューチャリスティックなアレンジメントのサウンドの中で(益々)見事にギターが映えまくり、冴えまくっておりまして。
泣いたり、微笑むんだり、弾けたり…etc、感情に訴えかけてくる旋律に「お二人共、流石であります!」と敬礼しかけてしまうので。

◆5th「UNSEEN EMPIRE」
Unseen EmpireUnseen Empire
(2011/05/17)
Scar Symmetry

商品詳細を見る

SCAR SYMMETRYmyspace

幾つかですが、曲コメントさせてもらいます↓。

1曲目・“The Anomaly”ではハナっから魅させて下さるGプレイなもんで…「すっかりココロはprisoner=囚われ人」の掴みはサクセスフル(successful~)。琴線を辿る様なメロラインにもテンション湧く、湧く!!!
introは少々トライバルな感もあったりの“Illuminoid Dream Sequence”はソフト?パートとブルータル・パートとの対比やスイッチングが絶妙過ぎるんで。歌心を誘うAメロもGOODで、間奏もやたら沁みるし…。(本気)イイ曲だなぁぁ。
アラビック・テイストなintroの“Extinction Mantra”はヘヴィでイカツくて激音で、そして胸に響く荘厳なメロディが(やはり)秀逸なんデス。
のっけよりかっ飛ばしてくる“Seers Of The Eschaton”は凄まぢエクストーム。スカシンらしくサイバーな音感もあるけど、獰猛さや、リードギターのエモーションがARCHなども彷彿させてみたりと。クリエイティブなナンバーでもあり、これを嫌いになれる筈がナイ!(いやぁ、痺れるなーー)
“Domination Agenda”は所謂「歌謡曲」的にも優れているに違いないと。SCAR SYMMETRYのメロディ・メイカーぶりを再認識。
“Astronomicon”はメロハー?なintroから一転して爆音への挑発…にハマるのですが、サビメロもしみじみじわじわロマンティックで。
「これぞスカー・シンメトリーの楽曲だ!」の“Rise Of The Reptilian Regime”は、紛れも無く【スカシン印】で…(私なんかは「カンペキなんじゃ?」と考えてしまう完成度だと。)
ラストの“Alpha And Omega”は…うぬ。内奥から闘志と光が放たれてくる…そんな感覚に襲われ。(ナイス終曲…!!)

スカシンのオリジン・ダーラナ県アヴェスタです↓。

大きな地図で見る


曲数も極端に多いのではなく丁度いい感じだし、一曲一曲濃いので。

もしかしたらクリスチャンの脱退で多少失速する?とも思われた向きもあるかもしれないスカシンだが(正直申せば私だってその不安が頭を掠めんかった訳ではなく…)、だけども、今作も「…何事?なにごと?ナニゴト??」大騒動のgreatクオリティなので。

よほどメンバー同士の触発具合が良好なのだろうと考えてしまうのだが。

…という訳で、こちら系(未来感なメロデス)を好まれる方の聴き逃しは惜しまれるであろう、…のみならず、広くメロディック派な方々にもアピール度たわわであるコトだろう…
当作「UNSEEN EMPIRE」には『感服の一字』、であります!!!

(ええ。正真正銘素晴らしいデス、SCAR SYMMETRY。)

P.S.
午後から急に風強くなって激雨になって気温下がり(冷ややか)でしたね。

今日は世界遺産はテオティワカン。当時の人が描いたであろう蝶?やリュウゼツランの絵が可愛げ。
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SCAR SYMMETRY スカー・シンメトリー スウェーデン

19:06  |  レビュー風の感想かも(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.21 (Sat)

新旧洗濯機さん。(&【5/14~5/20】ツイまとめ。)

先程、新しい仲間である「NEW洗濯機さん」をお迎えした所だが、長らく活躍して頂いた洗濯機さんが遂に動かなくなり。。

前の洗濯機さん(当時としては結構新品で、しっかりしたものだっただろう)は親から譲り受けたもので一人暮らしの頃から使っており、所帯持ってからも私の方の洗濯機をそのまま使う形になったという。
えーと…だから…15年前後か?(もっとかも?)稼動して下さったという。
旧洗濯機さん>来る日も来る日も文句一つ言わずフル回転して頂き…。
(大変にお世話になり、深く感謝しておりますm(_ _)mm(_ _)m)

NewComer洗濯機さんは2010年製でもあるので省電力にも期待。

--------------------------------
またしてもやや内容が被りそうだが、纏めるだけ纏めさせてくださいm(_ _)m

Sat, May 14~Fri, May 20


    silverwinger

  • 5/14 18:34  1尾297円の国産ずわい蟹(それなりのサイズだよね?)に邂逅した幸運。

  • 5/16 08:55  #nowplaying DAGON “Into The North”。>USのメロデス。密かにLOVE光線送らさせて頂いてます m(_ _)m #heavymetal #metal

  • 5/16 20:05  #nowplaying ARTILLERY “Rise Above It All”。>流石、芸が緻密でありますねぃ。ハラショー\(^-^)/ #heavymetal #metal

  • 5/16 20:10  そろそろ携帯の機種変でもしてみよかと。(何年ぶりだよ?)

  • 5/16 20:14  近頃のモバイルは薄さや軽さばかり追求している風なのがどうも…(-.-;) 私なんかは重みや厚みがあってゴツくて頑丈なタイプを希望するのだが。。

  • 5/17 08:58  #nowplaying DAATH “Arch (Enemy) Misanthrope”。>どすの万華鏡的世界 #heavymetal #metal

  • 5/17 20:12  #nowplaying HELLOWEEN “World of Fantasy”。>歌うのにバッチコイ^^(駅ホームなうゆえ今は歌えんが…;)カボチャ様の極意♪ #heavymetal #metal

  • 5/18 08:53  朝起きたら訃報が。長らく番組を続けられたのもお人柄あっての事だと。心からご冥福をお祈り致します。

  • 5/19 09:00  #nowplaying NOTHNEGAL “Now I've Waken”。>メロデス+暗黒+ロック+鋼鉄伝統 #heavymetal #metal

  • 5/19 20:02  (たった今言えるのは)口の中を2回連続で噛んだ後に生まれたBIG口内炎が清々しく痛いというコトです~(^^)/

  • 5/20 08:54  #nowplaying GAMMA RAY “All You Need To Know”。>確かキスケ氏はカイ先生と…! #heavymetal #metal

  • 5/20 20:07  昼間食したカボチャの天麩羅 with大根おろし>カボチャの甘味といい、揚げっぷりといい、まぢボーノ♪

  • 5/20 20:24  実に夜風が気持ち良いのではなかろうか

  • 5/20 20:32  #nowplaying NORTHER “Break Myself Away”。>ノーサーと涼風の組み合わせは至福過ぎるようだと判明した金曜夜8時。 #heavymetal #metal

(もうちょっとマシな呟きが出来ないものかと思いつつ…)
…というコトで今日はさらっとしましたが、洗濯機の設置も済みましたし、もうちょいしたら出かけてきますね。
出来ればまた明日?記事をば!m(_ _)m

P.S.
にしても…2つの口内炎が合体して特大サイズになっており。(どんだけ深手?)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

12:02  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.18 (Wed)

「ウェブのアレジー(allergy、アレルギー)」を名として。

「久々に携帯の機種変更でもしようかな…」と思ってみたりする昨今だが、一応はそれ系(どれ系?)畑でずっと仕事してきた割には、あんまりモバイルの方には興味が湧かなかったり、というのが実際で、モバイルについては最低限メールと通話(時々ネット)出来ればいいか?という感じでして。(うーん。)

というのも、現在私が使っている機種が大好き(つまり、愛着)なせいもあり機種変しなかったからという本当の話はあるのだが、問題は今どき?自分好みの携帯さんがそうそうあるのだろうか??
薄くて軽いとかいう携帯より、仮に「落としまくってもうんともすんともしない」ゴツくて頑丈なものを望んでおり…。(んなんありか)
因みに今の私の携帯、(過去)思いっきり水に落とした事件も起こした筈なのに…。
(Alive?)

そう確か、数年前に方位磁石機能のついたアウトドア仕様の機種があったような?
(しかも私好みなストロングなフォルムの)と記憶しているが、あれは今でも入手出来るのだろうか。あういうデザインで最新のやつってないのかな…?

正直、今も通話&メールの基本機能にプラス、Twitterに呟く時は(未だに)モバツイ宛てにメールする操作だし、あとブログ記事用に作文するのには重宝しているって程度ではあるが、、、
でも、自分はネットを毛嫌いしているとかとかアレルギーがある訳ではなく…。
であれば、こうしてブログを更新したりもしてたりしないだろうし(笑)。

-----------------------------------
…というコトで、SONATA ARCTICAソナタ・アークティカ)の2nd「SILENCE」収録の名曲中の名曲であり…、
(今更申し上げるまでもなく)幾多の人々が絶賛するこの…、
introの“Of Silence”からの流れで(鳥肌ざわわの)…“Weballergy(ウェブアレジー)”である。

◆2nd「SILENCE」
サイレンスサイレンス
(2001/06/21)
ソナタ・アークティカ、トニー・カッコ 他

商品詳細を見る

SONATA ARCTICAmyspace 

何故この曲に「ウェブ アレルギー」というタイトルがついているのかと考えた事はないだろうか。
歌詞を読んでいけば言いたい所の核心は伝わってくるようでもあるが、この曲は、

(詞中にある)
「The life, the lies, the dreams」
「The wisdom, power, know-how」

これらの言の葉(ポジもネガも併せ含めて)が一つのLine、潮流となって駆け抜ける、そういうイメージが見事に表現されていると思う。その意味でも「奇跡の一曲」って気がしている。

この曲が作られた頃より(大体)10年もの年月が流れているのであるが、
今や「ソーシャル・ネットワーク」「ソーシャル・メディア」といった概念も登場して『ネットと現実(生活)が接近する』とされる「Web3.0」の時代に突入している局面というコトらしい。

今にして思えば、この輝かしい曲はネット黎明期のWeb1.0時代に誕生した楽曲だったかもしれないけれども、それでも情報技術を使うのはあくまで人間で…。

↑という事自体には、変わりがないのだろうかと。
(…などと改めて歌詞に目を通しながら考えております m(_ _)m)

ソナタの出身地、ラッピ州のケミです↓。

大きな地図で見る

P.S.
ARCH ENEMYの新譜をマダ…(T_T)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SONATA ARCTICA ソナタ・アークティカ

23:36  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT