2011.04.15 (Fri)

「@GRAVEDIGGERclan」からの呟き待ち。

(僅かながらではありますが、メタルの雑談をしたいと思います。)

我ながら使い方が怪しい気がしながらも(汗)利用させてもらっているTwitterだが(最近は失礼している事も多く、心苦しく思っとりますが…m(_ _)m)、GRAVE DIGGER(=ディガー様)はアクティブなネットユーザーでおられるのであろうか??…というのもここの所、フォローさせて頂いているTwitterアカウント「Chris Boltendahl @GRAVEDIGGERclan」から頻繁に呟きが流れてくるのである。
(ご本人がインプットしているかは分からぬけど。。。)←してると信じよう。
※因みに、ディガー様myspaceページへ連動している設定らしく、Twitterでのツイートがmyspaceに反映されるっぽいです。

現在、欧州ツアーを敢行中のディガー様は翌日のライブ予定の告知ツイートを前日にお送り下さるのだが、「墓掘人様は今、どこそこに…(わーい!)」と考えるだけでも三日月目?になってしまう自分なのでありまして…(m(_ _)m)
ツイートのURLリンク先で地図がどアップに掲載されているが、それは、目的地へしっかり導こうとのディガー様のご厚情の表れに違いないっす。。

という訳で、(ツイートによれば)今日・4/15はスペインのナバラにいらっしゃるようである。
ナバラはバスク州と接しており、バスク州の一県都であるSan Sebastianとも近しい。(あのソナタ・アークティカの名曲でも知られているかもしれないサン・セバ…)

スペインのNavarra(ナバラ)です↓。

大きな地図で見る

明日・4/16は首都・マドリードみたいっす。

スケジュールを見る限りは、この後5月位まではポルトガル→ギリシャ→ノルウェーの予定。
(ご健勝、ご活躍を祈っております…!)

---------------------------------------

と、フィンランドやロシア等々のメロデスやフォーク・メタラー様もしっかり追跡していきたいと考えており。

P.S.
この後、SONATA ARCTICAの“San Sebastian”を大声で歌いたい…(歌う。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : GRAVE DIGGER

23:25  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.12 (Tue)

VICIOUS RUMORS(ヴィシャス・ルーマーズ)の新譜

…嬉しいですねぇぇぇ。
USパワーメタルのベテラン・VICIOUS RUMORSの、前作「WARBALL」から5年ぶりとなる【超ーー強力】最新作「RAZORBACK KILLERS」を聴けたコトが。

いやぁぁぁ…いい。マジで「イイ」のではないかっっっ。

どこを切っても、鋼鉄!「鉄!鉄!鉄!鉄!鉄!」
鉄の味で口の中がじゃりじゃりしてきそうな程?に「鉄!鉄!鉄!鉄!鉄!」。
(鉄分万全!!!)

尤も、VICIOUS RUMORSは「これぞメタルARCHETYPEの一つの在り方ぞ。」と思える音を生み鳴らしてきたバンドであるし、当バンドだからこそ為し得た本道の、本筋のメタルの姿がここに在るのは明白なのだが、新作「RAZORBACK KILLERS」と対峙していて思うのは…。
故・カール・アルバートが在籍した頃のメロウなドラマティシズムとパワーを兼ね備える2~4作目の頃に戻ったというよりも…「過去をビヨンドせんとする」今現在の、熱烈たる強靭な想いに立ったVICIOUS RUMORSではないのかと。

オリジナル・メンバーで当バンドのリーダーでもあるジェフ・ソープ<g>と日系アメリカ人のキヨシ・モーガン<g>のタッグもシャープなGサウンドを強力に押し出しており、また、「黄金のMETAL喉」の持ち主とも言うべきブライアン・アレン<vo>のシャウトも実によくハマっており…。

兎にも角にも、揺ぎ無き堂々たる佇まいに圧倒されてしまうのだ。
【のっぴきならぬ気迫】が音全体からメラメラと立ち上っているのだから…。

◆10th「RAZORBACK KILLERS」
レイザーバック・キラーズレイザーバック・キラーズ
(2011/03/30)
ヴィシャス・ルーマーズ

商品詳細を見る

VICIOUS RUMORSmyspace

少々ですが、コメントを…↓。
“Murderball”VICIOUSらしいドラマチックなサビを有する(ズバリ)王道のピュアメタル。聴いて分かりますように、リフが、リフがたまらん…たまらんのです!!!!!
しかもっ、この曲の中盤ソロでTESTAMENTのエリックがゲスト参加しとるそうで。(ヤッターーー!)
「誰にも止められん!」の“Razorback Blade”には、誰しも「ガツン!」ってやられるのではないだろうか??(このPOWERの塊がおらおらおら~しゆく風には…。)“On The Edge”などを思い出したり…
“Blood Stained Sunday”の様なこういった楽曲はベテランならではの味とも言えようか。緩急取り混ぜの構成美と技をご堪能あれ。(自分はいたく気に入っております!)
“All I Want Is You”は男気が充満する、重厚なミドルテンポの「愛」の歌であり。
ツイン・リードで胸トキメかす“Axe To Grind”は…「これでエキサイトしない筈なかろうて…」というスラッシーでもある(ドバっとMETALな)硬派HMのキラー・チューン。
閃光が旋回するイメージ?な“Right of Devastation”は、はちきれんばかりの気勢でありまして……燃える!!!(飛び散る熱気と熱狂。)

VICIOUS RUMORSの出身地であるカリフォルニア・アラメダです↓。

大きな地図で見る

うーぬ、、、素晴らしいなぁ…。(素晴らしい。)

でも、本当の話、ジェフ・ソープの奮闘や、ど根性や、【最後の砦】的自負心には、誰しも感動を禁じ得ないのではないかと。
(詳細はよろしければインタビュー記事をお読み下さい。)

※METAL CHURCHの近作もGREATであり、本年はかのバンドも新作リリースとのコトで…
こうしてUS正統派の活躍ぶりを拝見出来るのは何という喜びか。

…という訳で、ヴィシャス・ルーマーズにあってはよからぬ噂どころか、よろしゅう噂ばかりが耳に入ってくる、…いや、もうとっくに入って来ているもの、と確信しておりますが。
「重金属音楽よ、永遠なれ!!」。
そう熱望させて下さるのは必至、ではないかと。
(感服いたしました…!)

P.S.
最近朝の「5時9分」?に一回目が覚めるっぽい。(なんだろ、この体内時計??)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : VICIOUS RUMORS ヴィシャス・ルーマーズ

23:25  |  レビュー風の感想かも(正統派編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.10 (Sun)

【4/04~4/09】ツイまとめ。

昨日&今日は所用で出かけていたりで、結局、感想記事も6~7割方程度までしか書けませんで。。。(汗)

それにしても、武蔵野線の高架から眺めた桜は麗しかった。桃源郷ならぬ「桜源郷」という風情は目の保養。
(他の新緑の色と合わさると尚更に引き立ち。)

↓大した呟きも出来てませんが……まとめます。
-------------------------------

Mon, Apr 04~Sat, Apr 09


    silverwinger

  • 4/09 15:20  南鳩ヶ谷駅なう。今日初めて埼玉高速鉄道線に乗った

  • 4/09 11:47  こうして中継でも乗り過ごしてしまった訳だが…(^o^;) 気を取り直して~ #nowplaying FORBIDDEN “Overthrow”。

  • 4/09 11:22  あ、電車行ってしもた…(>_<) しまつた。。。

  • 4/08 09:00  急遽記事投稿の予定を取り止め、取り急ぎ訪問返しを先にさせて頂いたが、何かと失礼していると思います…

  • 4/08 08:52  昨晩まさに記事を投稿しようしていた時、地震が。夜間でもあり、余震の続く状況に被災地の方々も心休まらないだろうと。

  • 4/07 09:01  #nowplaying ACCEPT “Aiming High”。>「男の世界」。

  • 4/07 08:55  昨晩は尋常ならざる睡魔に…爆睡してしまた。。(汗だく)だがお陰様でバワー充電~~

  • 4/06 08:53  #nowplaying PARADOX “Riptide”。>彼は若々しくてイイ声でやんすね。この曲はバッキングが好き好きであります~(^^)/

  • 4/05 08:59  #nowplaying TESTAMENT “Henchman Ride”。>^^!

  • 4/04 08:56  #nowplaying COMMUNIC “Stone Carved Eyes”。>いや~痺れますね~~

P.S.
明日は月曜日だから、えっと~~
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:59  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.08 (Fri)

適切な応急処置の知識・情報を。

先程、北陸に住む友人と電話で話しをしていたのだが。
昨晩は友人の地域でもかなり揺れたそうだが、一時期はスーパーが(品不足で)すっからかんになったり、トイレットペーパーが手に入らなかったり、また、最近では被災地避難者の方々の受け入れを始めているとの事だった。

---------------------------------------------
一昨日(4/6)、帰路の際。
JR線で同じ車両に乗っていた20代位の男性が突然倒れ込んでしまった。唇を痙攣させている。直ぐ近くにいた女性が叫ぶ。
「緊急停止のボタン押して!」「人が倒れたから!ボタン押して…!」「車掌さん呼んで!」

騒然となり、皆でボタンの在りかを探すがとっさには分からない。暫くして(ボタンを)確認した乗客が慌てて押す。

停まった。停車を告げるアナウンスが入る。
だが、自分達が乗っている車両まで車掌さんが向かうには距離があり、それを待って時間をロスするよりかはという判断になったらしく、次の駅まで進む事に。

その間、男性の意識が戻り、自分は平気だ、問題ないと訴えているが、「むやみに動かない方がいい」と諭されている内に次駅に着いた。乗客の一人が飛び出して駅員を探す。男性はホームに降ろされて無事救護された。

本当の話をすれば、地震以降に近くで倒れた人に遭遇したのは2回目だった。

その前は西武線に乗っていた時で、隣にいた40前後の男性が(人混みの中へ雪崩れ込む様にして)失神してしまった。
その時は幸いにも駅に近かった為、駅に到着次第、直ぐさま乗客の数人で倒れた男性を抱えて運ぶ事が出来た。

上記の様な件に限らず、緊急時やいざという時の危機管理の重要性を感じると共に、予め適切な応急処置、対処方法を予備知識として持っておくべき蓋然性を実感する事が多くなっている。
 参考)ライフハッカー「応急処置に関する8つの迷信

日頃から救急や救命等の最低限の知識・情報の共有化が必要であり、近頃では「情報格差」「情報弱者」といった言葉も頻出しているが、いつ自身も情報の入手が困難になるか分からないというのは歴然とした事でもある。
格差があるならば揶揄して差別意識を持つばかりではなく、是正しゆく方途を考えていくのが現実的ではないかと。

その一方で、同じ情報を得ている場合でも判断や反応が異なるという点があり。
例えば、買い占めしている人はけして「情報を得ていない」のではなく、「情報を得ている」からその行動に走ってしまっていると考えられる。
が、(勿論)買い占めをしない人もいるので、結局は他者への想像力や…。

--------------------
思った事をとりとめもなく長々書きましたがm(_ _)m
メタル界では我々の胸を焦がすウレシイ新作が何かと続いておりますね!

AMON AMARTH「SURTUR RISING」…めちゃんこイイですねぇぇぇ。
 ※AMON AMARTHmyspace

VICIOUS RUMORS「RAZORBACK KILLERS」…めちゃんこアツイですねぇぇぇ。
 ※VICIOUS RUMORSmyspace

(そしてそして……)
また少しずつ感想を書いていきたく…m(_ _)m

P.S.
朝の日テレも少しずつ慣れてきやした。(そうか、メンバー日替わりだったのか。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : AMON AMARTH VICIOUS RUMORS

23:45  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.05 (Tue)

【3/28~4/01】#nowplaying関連ツイまとめ(と、オモイ少々。)

(Twitterの…)先週呟いた #nowplaying 関連の拙ツイをログ(記録)ります。

Mon, Mar 28~Fri, Apr 01


    silverwinger

  • 4/01 08:56  #nowplaying (昨晩からの続き…)HELLOWEEN “If A Mountain Could Talk”。>非常にハロウィンらしい^^(特に間奏♪)

  • 3/31 23:49  #nowplaying HELLOWEEN “The Smile Of The Sun”。>明日からの4月に向けてこれより睡眠いたします~。(ではまた^^!)

  • 3/31 08:57  #nowplaying U.D.O. “Heart of Gold”。>ウド様ボイスでPOWER注入。(と、この曲を聴く度に叫ぶ…「マティアス~!」)

  • 3/30 08:55  #nowplaying GAMMA RAY “Shine Forever”。>今朝はガンマγ聴いており。

  • 3/28 08:57  #nowplaying EVILE“Enter The Grave”。>(久々に聴いた)陽性THRASH♪

(また、ツイートまとめ記事に関しては模索しながらUpしていきたいと思っています。)

----------------------------
あと、昨日~今日で呟き切れなかったオモイを追記します。。。

 ・今朝(深夜)、ALDIOUSのTV露出があったとの情報。
  googleリアルタイム検索してみたら、タイムライングラフで1時30分前後?が
  どかっと急増しているのが一目瞭然。(大反響だったみたいな!) 

 ・カイ先生が参加しているというラルフ・シーパースのソロ作が今月発売!

 ・BECOMING THE ARCHETYPEの最新作「CELESTIAL COMPLETION」。
  (キターーーーー。)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:28  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.03 (Sun)

『Bar Room Brawl/STRAIGHT LINE STITCH』

COOL美しいアフリカ系女性のアレクシス・ブラウン<vo>擁するSTRAIGHT LINE STITCH(SLS)の最新作「FIGHT OF OUR LIVES」より。

所で、「女性がフロントマンである」や「女性がメタル社会の中でやっていく」に関して、
4月号BURRN!のインタビューでイギリスのパワーメタルバンド・PYTHIAで活躍するエミリーさんが自身の意見を述べていた箇所があり、(因みにこの記事では若干ブリティッシュ・メタルコミュニティの様子が窺えたりも…)、英国特有の事情もあるかもしれないと思いつつ、興味深く読ませてもらった。

エミリーさんはその「女性である」属性の為?なのかあれこれ言われてしまう状況もあるみたいだが(てゆうか、今頃そんな?って感じもあるが…)、SLSのアレクシスさんも見ての通り「かっこええ(&ビューティ)」お人ですから、その点でも注目を集めた面もあっただろうというのは想像に全然難くない。

※ああっ、そうだ!WITHIN TEMPTATIONの「UNFORGIVING」も発売になったばかりで、先立って少々視聴させてもらったが。
(…ぬ。今作も名作の予感バリバリみたいであります。)

--------------------------
さて、当バンドの最新作「FIGHT OF OUR LIVES」なのであるが、、、、、

…おおお…!!ええですねぇぇぇぇぇ。

彼女のボーカル(特質)を生かしながら、音楽的手法も凝らしつつ、捻りやバラエティ豊かなラインナップになっており。
デジャヴ感の誘惑(罠)に嵌る事無く、それでいてフレンドリーなポイントも押さえている為、聴き易さも損なわれていない。
なんとゆうても【創造のエナジー】に溢れていると思う。←ココです。

クリーンパートでのアレクシスさんならではの声質は勿論魅力的であるし、クリーンとグロウル/スクリームのスイッチングもスムーズなので、その点も目を見張る…、じゃなくて耳を聴張る。

この曲“Bar Room Brawl”…好きですねぇ。
ヘヴィでダウナーなintroから転じてからは激烈な情動がブルータルに駆け抜けていくのであるが、彼女のスクリームも実にパワフルで伸びやかだし、浮遊感を伴うサビではメロの良さも強調されているという。(GOOOOOOOOOD!!!)

◆4th「FIGHT OF OUR LIVES」
Fight of Out LivesFight of Out Lives
(2011/03/22)
Straight Line Stitch

商品詳細を見る

STRAIGHT LINE STITCHmyspace 

若干ですが、拙コメントいたします↓。

オープニングの“Tear Down The Sky”は、ダークでいかついメタル然としたリフワークとグルーヴィなフレージングが見事に融合されているナンバー。(サビで入ってくるアレクシスのクリーンボイスも空気を一変させる感。)イカス!
明快な歌メロを持つ“Conversion”はキャッチーな楽曲で、PVに使用されているのも納得してしまったり。
“Laughing In The Rearview”はHIPHOPな弾力とコラボしたモダン・ヘヴィネス向きなエクストリーム。
“Never Surrender”は90年以降のアメリカンなロックだろうかって思うのだが、しかし、「ストレートなHR」としても凄く良質なものがあると。(感動を覚え。)
“Living Dead”もオルタナ・ロックなアレンジが心地良いROCKコア。(コアROCK?)
“Ashes In The Wind”はプログレッシブな構築を見せる間奏部を挟む、モダ二ズムと響きと壮大感が渾然となった曲。(…素晴らしい…!!!)

STRAIGHT LINE STITCHの出身地・テネシー州ノックスヴィルです↓。

大きな地図で見る

うーぬ…、いいなぁ。いいですなぁ。

私は、本作に非常に好いニュアンスとパッションを感じるのだけども、
変化球的でパンチがあってチャーミングでタフでROCKな秀メタルコアではないかと。

(未聴の方でご興味あらば是非ご確認を…!!)

P.S.
エミリーさんはなかなかの「直球派」で。いいっすねぃ(^^!)
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : STRAIGHT LINE STITCH アレクシス・ブラウン

10:15  |  一曲一献(メタルコア編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |