2010.10.24 (Sun)

HALFORD(ハルフォード)の新作

HALFORD御大率いるHALFORDの新作「MADE OF METAL」。

リリースから少々日にちが経過してしまったのだが、聴き進むにつれ「…早く筆を取らなければ…!!」という(内からアタッキーに込み上げる)熱望が露わとなり。
(よって、遅ればせながら遂に本日、拙文を綴るためキーボード乱打。)

過日のラウパに於ける御大のボーカル・アクションは誠に素晴らしかったというお声を読ませて頂いたばかりであるが、以下はHALFORD公式サイトでのラウパ&名古屋公演のセトリ及びPHOTOでありんす。(私も興味激しく拝見。)
Halford LoudPark10 Japan Setlist and Photos
Nagoya, Japan Set List

今回のLiveでも数々の新曲がお披露目されたらしい第4作目である本「MADE OF METAL」は、まさしく「メタル・メイド(重金属製)」な作品であり。
聴いて頂ければ即了してもらえるものと信じるが、あらゆる時期のあらゆる時代のJUDASHALFORDファン(そして、メタル・ファン)に対してきっと何処かしらにアピールゆかしき楽曲が存在しているものと考えたい。

掛け値無しに!どの曲も素晴らしいのだが、まず最初に大急ぎで告げなければならぬ!と自分の気が逸って仕方がないのは…
当作のラスト・ナンバー“The Mower”は今年耳にしてきたHR/HMの曲の中でも恐らくは最高潮に最高レベルに「鉄」な曲である!!!!!
ではないか!!!!!との大衝撃であるっっっ。
(もしかするとこの数年の中でも…ではないかと考えてしまった位の…)

ドラムが叩きだすぶっとい地響きと空間を鮮烈に切り裂くロブ・ハルフォードのハイトーン・シャウト…!

「信じられん……」「凄い…凄すぎる……」

この音を前にした時、(余りの凄まじさに)戦慄が走り、呆然とし、絶句し、立ちすくすしかなく……。

はっきりと「震撼させら」れた。

私は「御大だから」「METAL GODだから」という看板で、こういう(大仰な)物言いをしているのではないつもりで。

それらの予備知識や先入観を全て取り払って(嘗てメタルを聴いた事もない真っ白状態の人間として)初めて聴いたと想像してみたとしても、「戦慄が走った」に違いないのではないのか、と。
※実際にはもうホワイト=白紙状態ではない為、その条件定義はムリだが…

私個人としてはこの曲を聴かないまま知らぬままでは「METAL人生損してしまうのではないのか…」「きつと損してしまう…!」と思ってしまったので…
(その機会を得て頂けたらと…念願して止みませんっ)

◆4th「MADE OF METAL」
Made of MetalMade of Metal
(2010/09/28)
Rob Halford

商品詳細を見る

【MUSICO】Halford「ハルフォードⅣ/メイド・オブ・メタル」の試聴はこちら
HALFORD公式サイト myspace

↓本日書かせて頂ける所までとなりそうで…(申し訳ないですm(_ _)m)

“Undisputed”は1曲目からガツンと衝撃度の高いブリティッシュ伝統なheavy metal。長丁場の中盤Gソロには「お待ちしておりました…勿論、待っておりましたとも…!」の滾る感情ふつふつと。
“Fire and Ice”は翳りと憂いのある美しいサビメロの切なさ…リードギターがなぞる旋律の狂おしさ…に胸が張り裂けてしまう(疾走)パワーナンバー。
タイトルの“Made of Metal”は「一撃で倒されましたっ」の痛快METALチューンだが、メロディも覚え易くキャッチーであり、さぞかしLive映えするかと。(御大のVoのアクションにも惚れ惚れっでございます。)
“Speed of Sound”も…素敵過ぎるんじゃないだろうか、、「ヘヴィ・メタル中のヘヴィ・メタル」の醍醐味というべきか。
“Like there`s no tomorrow”は感情のウネリを誘発するセンセーショナル且つドラマチックな雄雄しき劇曲。(痺れます~痺れます~~)
“We own the night”は骨太のリズムで引っ張っていく(ある意味)英国らしいトラディショナルな佳い曲だと。ギターソロも…
“Thunder and Lightning”は(既にどなたが仰っていそう…)Thin Lizzyの曲をカバーしたのではなくて…あちらも名曲の誉れ高き曲であるが、こちらのThunder~も御大のスタンダードになりそうな秀逸なハード・ロック。
“Matador(マタドール)”とは「主役の闘牛士」の事?で、introがバッチリ闘牛なSEで「スペイン~」なこの曲。Bメロの役割が大きいというか、効果てきめんな大好きな曲であります。(He's the matador!)
“I Know We Stand a Chance”はオルタナティブ・ゴシックな…というよりも、従来の英国ロックの系譜で捉えた方がいいのだろうか?の異色ながらも「出色」の(滅茶苦茶~)綺麗な曲、だと思う。

…こ、こんなにも名曲揃い踏み(勢揃い)で良いものかしら。(←良いに決まっていますが!!)

聴き重ねるにつけ、綿密に細心の注意をもって練りに練られて制作されたに違いないと直感させる周到で丁寧な作品であり、おっそろしく「メタル製な名盤」であるとの確信が強まってくるばかりでアリマス。

Robert John Arthur Halford氏(&信頼し合うチーム)と同時代に生きている喜びを、日本のとある場所で噛み締めつつ、本作>後生大事に大切に聴かせて頂きたいと。

P.S.
雨か~~(明日も雨なのですか~?)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : HALFORD ロブ・ハルフォード ハルフォード JUDAS

22:17  |  レビュー風の感想かも(正統派編)  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.24 (Sun)

10/23のツイートまとめ

silverwinger

びっくら!スカイラーク来日するんか!!@_@ 東京→名古屋→大阪の16thアニバーサリーJAPAN TOURとな!サイン会もあるらしい。(新作のタイトルって「全部」なのかな?) myspace⇒http://ow.ly/2Yewl
10-23 23:57

今日友達に「キャンディキャンディでアンソニーが『落馬で死んだ』というのが私は子供心に解せなかった。」て話したのだが、友達からは「それよりもアンソニーが死んだというのが悲しくて。そんなコト考えなかった。」と言われた。
10-23 23:56

シアワセ>何処にもナイ・ナイ「NO WHERE」の“W”の文字を左に寄せて「NOW HERE」だって。(うまいコト言うもんだなあ。)
10-23 23:47

FC2ブログで記事内に関連記事を表示する機能も追加されたっぽい!「記事をランダム」に設定してみたが…(結構楽しい感じ~^^?)
10-23 23:44

「まちツイ」⇒http://machi.userlocal.jp/ 【地域別】ついったらー人気ランキングらしいのだが?(オモロそうなサービスですね~♪)
10-23 10:55

関連記事
03:25  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |