2010.09.11 (Sat)

カーネギーの著を取り出してみた。

1時間だけ寝るつもりが…(こんなんばっか。。。)、早起き?して記事投稿します。

返礼の意も絡めて記事を書いてみようと思い立ち、既にコメしてしまったという話もあるけれども?(いや、あんな拙コメでは的を得ず…)、寧ろ今記事は「己への自戒」として雑談してみます。

昼間よく行く店にフリーペーバーが置いてあった。手に取ってみるとその中に、あるプロデューサーさん(お名前失念してしまた…)のインタビュー記事が載っていて、その方が愛読書としてカーネギーの「人を動かす」を挙げているのが目に入った。慣れて感覚が擦れてしまっている時のストッパーというか、初心に戻りたい折に読み返すみたいで。

◆「人を動かす」 これ↓は新装版らしく。
原題は“HOW TO WIN FRIENDS AND INFLUENCE PEOPLE”。
人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る

(なんだか書評ブログっぽい~!)←などとイミフに喜んでみる。

タイトルもズバリの非常に有名な著作で、もはや「古典」と言っておかしくない書だが、いつぞか忘れたが(20代初頭?)私はこの本を買ったらしくって?(何処で買ったかも失念…)今だに持っているので本棚より取り出して久しぶりにちらちら読んでみた。

人間関係の秘訣やコツや、それと処世術などを説いた書籍はゴマンとあるが…

この本は人間関係で何が重要かを衒いなく説いてあり、実践的でもある。

単なるノウハウというのだけというのとも違い、カーネギー自らも含め、身近や古今の人物のエピソードを交えつつ、平明に簡潔に書かれており、人への温かみ、優しみが感じられるのも良い所である。
(勿論、読んで理解したとて耳学問と自身で実践・実行するのはまた別問題なのだが…)

改めて最近私も人間関係に何が必要か?と考えてみたが、やはり一つには信頼・信用かと。
であれば、信頼・信用を得るには…、そのヒントとなり得るだろうか>もこの書には幾つか書かれているとも思う。

よく言われる通り、信頼していない人の言葉は良い言葉でも受け入れ難いものだが、逆にキツイ言葉でも信頼している人のそれは耳に入ってくるもので…

また相手から信頼されていると判了すれば応報性というのも生じていき…

つくづくコミュニケーションは簡単なものではなく、自分も失敗してばかりであり。
なのだが、時に言葉と行動が如何に豊かで意義あるものを齎すか、言葉と行動に対して歓喜や感謝の念が沸き起こる瞬間というのは確実に存在する。

又、たった一人の人物や唯一の物事のみから影響を受けるというのは考え難く、その都度その場所で接触した人や物や事に感化を受け、受けただけではなく相互に作用し、反応し合っていくというのが現実であって…
そういうインスパイアはしょっちゅう至る所で起きていると…

(えーと…結局、何が言いたいのかよくわからなくなってきたが。。。)
人間関係で言えば各場面・各所でそれぞれがそれぞれの影響源なのか、と。

P.S.
実の話、自分は昔からまことに気が廻らなくて(それなのによくも?と時々オモうが…)、communicationがまぢでヘっタくそな人なので、猛省しての話でゴザイマシタm(_ _)m

うまく言えないが、私は感謝される様な事を全く出来ていないし、していなかったのだと思ったのです。
(というか、こちらこそお礼を申さねばならないと。)本当にいつも有難うございます!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : カーネギー

12:20  |  メタル雑的雑談(本が絡むもの)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.11 (Sat)

09/10のツイートまとめ

silverwinger

うわ。1時間程、寝ます…寝たいと思います!
09-10 23:56

…て、mp3プレイヤーの電源が切れた…∑( ̄口 ̄) 充電し忘れてた… (大ショックです。。。)
09-10 08:56

杉本さん>オール一本勝ち(^^)b 世界柔道観たいな~(なるはやで帰って来たいものだ)
09-10 08:53

関連記事
07:43  |  メタル雑的雑談(ツイートまとめ含み)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |