2010.06.09 (Wed)

ちょいとヘヴィメタル挿話(USドラマ中)

先程、帰り際に自分の前を歩いていた女性が、昨年私がUFOもどき?を目撃した方向に向かって急に携帯を取り出し…。
「おおっ!もしや……再来か!!???」と興奮しかけたが。
(普通に電話をしてました。)

いつになったら見れるんだろか?(というか、大体アレはUFOじゃなかったし。。。)

今日はジャーマンのプログレッシブ派・DISILLUSIONを聴いて行ったり。

◆「BACK TO TIMES OF SPLENDOR」の“Back To Times Of Splendor”
この曲のintro、鳥肌立ち。(長い曲です。)
Back to Times of SplendorBack to Times of Splendor
(2004/04/06)
Disillusion

商品詳細を見る

DISILLUSIONmyspace

*-------*-------*-------*-------*

多少のバレバレになりそうだが、地上波放送後だからいいのだろか。
(現在本国では第5シーズン放映中?)これはシーズン1ので、とっくにご覧になった方もいらっしゃるかと。

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」はプロファイラー達が活躍するUSのドラマで、最初の頃は「ええーと…、この人達ってどんだけの千里眼??」と目を丸くしたものだったが、回を重ねる毎に次第に脚本的に練られてきたというか、ドラマ的に面白くなって参り。

因みに自分は金曜日などは仕事から帰宅して食事した後、ぶっ倒れる様にして?数時間程寝てしまい、夜中に目が覚めたりという場合も多く。
(ネットにアクセスしないケースも多々…。)←スミマセン。

で、今記事で触れさせて頂いたのには理由があり。
それはヘヴィメタルに関する挿話があった為で。

前回の第10話>舞台は郡の素朴な村で、2人のカップルが殺害されるという殺人事件を扱った内容。犯人は悪〇教信者(?)と目されるのだが、事件解明の過程で容疑者として浮上したのが、悪〇的な?ヘヴィメタルに傾倒する若者集団のカリスマ中心者?なのであったが。

そのアジトへ捜査官達が突入するシーンがあり、「では、〇〇が流れるんか?」と構えていたのだが、(聴こえて来たのは)イマドキのヘヴィロック風メタルでした。。

で、地元の警官というのが(これまたステレオ・タイプに)ヘヴィメタルへの偏見を抱いているのだが、愈々追及が及ぶに、カリスマは「俺達は現実にはそんな事はしやしない!俺達はメタルを聴きながら盛り上がりたいだけなんだよ!!(※趣意)」と必死に弁明を…。

でも、実際はそのカリスマさんは……ではなく。
(※まぁ、通常そういう怪しめ?な人物はクロではないもので~ 笑)

今尚?根強いヘヴィメタルに対するある種の見識の一端を描こうとしたのかもしれないが…(脚本家に窺ってみないと分からない)。

そういう↑ちらっとしたあらすじはともかく(?)、この回では殺人事件の捜査に平行してプロファイリング・チームの新人捜査官(※天才肌な人)が「近頃、悪夢を見る」というエピソードも挟んでて。

「その悪夢はこの仕事をやっているものなら誰でも見るんだよ。我々は常に得体の知れない奴らを相手にして。だけども、私達の仕事で間一髪、命を救われた人達もいるんだ。毎年お礼の手紙が来る。私は夜寝る前にその人達の写真を見ながら、思い出すようにしているんだよ。(※趣意)」というベテラン・プロファイラーの頼もしくも温かい言葉で締め括られていました。

(なかなか面白い回でやんした。)

P.S.
以前の回で>アメフトか野球だかのぺアチケットを新人に贈り、「これを使って女の子を誘うんだ」とか諭すベテランが小憎い。(お父さんか?)

最寄り駅近くに美味しいタイ料理屋があり。ちょーウマイっす。
(私の普段使っている電車の沿線には同じ系列の店がもう2軒ある。)
そして、タイの人らしく、タイ国王の写真が飾ってある。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ジャーマン DISILLUSION

23:05  |  メタル雑的雑談(DVDや番組、動画が絡むもの)  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |