2010.02.17 (Wed)

五輪開催中にて。

1月中はほんわか暖かい日があったりして、このまま春めくかと思いきや、(そうは問屋が卸さなかった…)2月に入ってから雪混じりの天候が続いていたりで…はっきり言って…寒い。
所で、部屋のエアコンが時折「すーはー」と深い溜め息らしきを吐き出すんだが…アレは何だろか。(ダース・ベイダーの吐息みたいな?)

という訳で、(他にもありそうだが、直ぐに脳裏を掠めたのはこちら?)オランダのゴシック/シンフォメタル・EPICAのオーケストラ共演作「CLASSICAL CONSPIRACY」よりこの曲を。

◇「CLASSICAL CONSPIRACY」から“The Imperial March(Live in Miskolc)”

↑(超有名な…)帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)。
※EPICA→myspace

*-------*-------*-------*-------*

五輪開催中。
普段見慣れない様々な競技を観戦出来るので有難いのだが、中でもスノーボード・クロスやショート・トラックといった競技は観ていて小気味良い。
(スピードを競い合うシンプルさが案外好ましかったり。)

また、元々フィギュア・スケートは放映されていれば目を奪われがちではあったのだが、再びこうして隆々と日本のアスリート達が活躍している姿に喜びと驚きを禁じ得ない。
(例えば、社交ダンス等々を鑑みても)日本人は舞踊的表現では分が悪いという個人的先入観があったのだが、日本スケート連盟がずっと以前からシステマティックに研究を重ね、人材育成に取り組んだ成果の一つだとも聞く。
どの分野でも通じる事柄だが、活性化の為には人材とサポートする側の両面の充実化が不可欠なのだろう。

…あれはいつだったか、真央ちゃんがトリプルアクセルを成功させねばならなかったであろう場面だったが、その時「真央ちゃんっ!跳んで!」とシャウトした(解説者)伊藤みどりさんの悲願が充満した声、生きた心の肉声ともいうべき叫び声が今でも耳朶に染み付いて離れない。
応援する者・される者…その生々しいエネルギーの表れに圧倒された瞬間でもある。
(その直後、真央ちゃんはジャンプを決めた。)

ともあれ、世界各国のアスリート達による努力・奮闘の結晶の場「五輪」を噛み締めたいものと。

P.S.
男子フィギュアのショートが。(素晴らしい。)

そういや、冬季ではない方で「チェス」もオリンピック競技だそうで。

微々たる前進ながら携帯入力速度UP?←ホントか
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

22:56  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |