2009.05.31 (Sun)

クイック・レスでお宝届く。

クイック・レスポンスで早々に届いた賞品。(VICTOR ROCKS様>有難うございました!)

早速中身を紐解く。
うおおっ。こりゃりゃ…スバラシイ…。
美麗ジャケ画>迫力激増~!!(by アナログ盤のスケール感。)
しかもっ、メンバーのサインがああぁぁ~。

◆外ジャケ(反射してしまってるし)←もっと上手く撮れんのか。
CA260302.jpg

サインは画のムードを壊さない様に?「銀色」のマーカーで書かれた模様。
どれがどなたのものか心許無いが、多分…恐らく…
●左(上から)
  Jörg Michael <dr>
  Lauri Porra<b>
  Jens Johanson<key>
●右(上から)
  Matias Kupiainen<g>
  Timo Kotipelto<vo>
↑だと思う。(全くの誤認だったりして…)

但し、問題が…。LP用のプレイヤーが無い(大焦)。ううう…。
10代の頃におさらばしてしまったが為(時代が時代でCDデッキへ移行)、無いものは無く…音の確認出来ず。←いや、普通は聴かずに保管しておくのか?
まあ、(例)大リーガーのサイン入りプレミアバットを普段使いしたりはせんよな~。(ちょっと違?)
いずれにせよ、「お宝物」として後生大事にさせて頂きたい。

--------
一方で、AMORPHISの新譜「SKYFORGER」。
こちらもレビュコンを開催していたのは存じていたが、記事に纏め切る時間不足で…やむなし。…が、そんな自分の時間貧乏症の話とは無関係ながら、このアルバム「SKYFORGER」を聴き始めればAMORPHISらしいモダン味ありのメランコリックでフォーキーな幻想世界へと誘ってくれるのは間違いないし、時間そのものへの意識すら遠ざかってしまいそうだ。(うっとり~)
今作でもメインストリームのリスナーをも取り込んでいけるだろう度量を兼ね備えながら…相変わらず~の超強力なリフ・メイク~!(聴覚残像感凄まじ)。
トミ・ヨーツセンはサウンドに合致した感情表現の巧い優れたボーカリストだし。

◆9th「SKYFORGER」
スカイフォージャースカイフォージャー
(2009/05/27)
アモルフィス

商品詳細を見る


特に個人的お気に入り曲は“Sampo”“Sky Is Mine”“Skyforger”。←頭文字Sシリーズ。(たまたま?)

アモルフィスを聴いていてつくづく思うのは。
聴いて直ぐ「…〇〇だ…!」と即判了させるもの(アイデンティティ)を持ってしまっているバンド/アーティストは(両刃の剣の側面もあるんかもしれんけど)結局の所「強い」んだろうなあ…と。
中島みゆきは結局強いしなあ。(メタルじゃないけど…)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : AMORPHIS アモルフィス

18:12  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |