2009.05.06 (Wed)

【キラデス?】衝撃!感動!の楽曲達(近頃聴く編)

出かけの途中で雨が激しくなってきた…ので、速足で帰宅したけども。

前記事に続き、GW企画第2弾(←今知ったけど?)で「キラキラ系メロデス=キラデス」。

本年早々に話題を掻っ攫ったDESTROY DESTROY DESTROY(デストロイ×3)みたくな懐かしめ(か?)のキラデスも突発的に聴きたくたくなるし~!という実情が個人的にはある為、記事化してみる。よって、この手に好感なメロデサー向けかもしれない…内容であるが、電撃走ったよ!な楽曲を以下に。
※補足ながら、「眩しっ!」「キラカッケー!(って何)」な衝撃部分で挙げている節があり、期待像とズレるナンバーも含まれているかもしれませぬ。(※今回もUp-to-Dateな楽曲ばかりとは限らず。)

“фактор страха”/SCARTOWN
⇒ロシアン・メロデス。(見るからにタイトル>ロシア語だが。)COB,NORTHER系の高品質melodic death。てか…この曲…超ツボなんだけど。。扇情力高過ぎのキラーフレーズに涙…な上に中盤の激走に失神状態か。ヘヴィな質感も持ち合わせて更に良い。→myspace
“Day Of The Doom”/ARCHEON
ポーランドより。特にSTRATOVARIUS、またSONATA ARCTICAといったメロパワをメロデス化してみると?という雰囲気も滲ませてのCOB的テクスチャーありの音楽性。クラシックで馴染み深い“Hungarian Dance”のインスト・ナンバーがあったりと興味深い実力派バンド。この曲もクラシックなフレーズが随所に絡みつつもSONATAやCOB的な香りも漂わす「ギターgreat!」の強力ナンバー。→myspace
“Hollow Man”/IMPERANON
フィンランドのバンド。よくCOBを引き合いに出される様子だが、ストラト等の北欧やジャーマンメロパワにIN FLAMESなリフとかデスラッシュとかイロイロな気配を見せる一枚岩でないサウンドで、この曲はデス以外のvoも混じるが、流麗疾走感に重厚さも加味されて心地良い。又、当バンドの“The End”“Sold”等も正統派やパワーファンにも受けそうなリフやソロを有する良ナンバーだと思われ。→myspace
“Temptress Of Shadows”/NOTHNEGAL
モルジブ発の『日本人大好きそうかも?』なクオリティ保障付き(と呼びたくなる)メロデスバンド。COBのエッセンスはもとより、パワーメタルにシンフォブラック色と…とかく早弾きG、keyの絢爛さが前に出てて、それらの派手派手ゴージャスな割には嫌味が無い?という。快走する当曲での早弾きGとKeyの共演(競演)をご堪能あれ。→myspace
“Decisive Mind”/RANCOROUS
タイのバンド。東南アジアでも周知な存在であるが、こちらもネオクラシックなギターが輝かしいメロデスを聴かせる。この曲>途中の「ドツキか?」の野太いvoは…ユニークであるが(笑)、曲として一気に聴かせる力量、アピール力は高い。 →myspace
“ Prophecy Of War”/ACRID SEMBLANCE
インド出身のバンド。やや演奏が不安定気味…という感は否めないが(焦)、それこそ曲作りに「キラキラ」と光るポテンシャルを感じる。この曲もkeyの伸びやかさ、爽やかな哀愁疾走は気分良く、所々に「唸りポイント」が隠されている。(って別に隠しちゃいない?)→myspace

ほんとはもっと踏み込んでみたかったが、また機会あれば続編を?と思う。

P.S.
明日の仕事量を考えるに恐ろしい…。(気合入れるしかっ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

18:00  |  特集みたいな(ものかも)。  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |