2008.11.24 (Mon)

『Shackler's Revenge/GUNS N’ROSES』

月日が流れたんだな…と思わざるを得ない、
GUNS N’ROSES“Shackler's Revenge”

当時聴いていた者にとってはどうしても感慨深くなってしまう様なGUNSの(正確には主にアクセル・ローズのか)大復活&新譜リリースは、「…17年?!マジでそんな星霜経たのか…己も気がつけばそこまで人生歩んでいたか…」の認識を呼び起こす。
眩しかったなあ…、GUNS N’ROSESはとてつもなく【華】であって。
そして、うら若き(今も充分青臭いけど~)頃の自身の雑多な記憶たちと相俟りながら、過去のGUNSの名曲群は今もキラキラ輝き続けている。
てな訳で?ついしみじみしちまいそうだが、しみじみしている場合でも無い。
(場合で無いのは新譜聴けばそうオモタ。)

周知の様に新作リリースに至るまでにはドク○ーペッパーやらFBIやら億円やら騒々しくもあったが、如何に人々が期待に胸を膨ましていたかの証でもあり、…その、期待を集め捲くった「CHINESE DEMOCRACY」は(まだまだ聴き込み方は足りてないと断っておく)、個人的には想像を超えていたものだった。
……すっげ。
(まず聴いて直ぐに)アクセルのボーカルに驚いた。スリリングでスキャンダラス、そして【ロックの権化】とも言えてしまうこの声の存在こそがGUNSの最大構成要素であると自分は感じているし、それがアイデンティティを生んでいるのは間違いないだろうが、あの唯一の歌唱がもっと×2伸びやかにパワーアップしてるんじゃ?(且つ、年齢不詳のままに。)それが真っ先に驚愕した事。
それから、楽曲の充実ぶり、魅力っぷり。仮に…これらがGUNSのものだと先入観を持たず知らずに聴いたとしても「アルバム作品」としての凄さが伝わってきそうだ。一曲一曲がイージーに作った様な上滑りな、とってつけたかの違和感が無く、…そもそも一つの曲が持つ量感が大きいし。
いかがわしげにbadなナンバーは「嗚呼、やっぱカッケ~な」のロック魂丸出しで、バラードは…正直「ひさびさに本気で涙腺に来ました~」な大バラードであり。
ラテンとかゴシック?なエレメントも盛り込ませた新境地なナンバーも高雅。(てか、真面目にアクセルのウタ声すっげーな。)
アルバム単体とすれば曲数をもうちょい絞っても…の考え方も可能かもしれないが、彼が表現し、必要として入れたものならばまんま受け取るべきなんだろうなと。

…で、この曲は、のっけから1~4曲目の素晴らしさに私が右往左往した中での2曲目だが、GUNSならではの猥雑さはアクティブに、現代的なアレンジも彼なりの昇華の仕方で落とし込んだ、心揺さぶられずにおられんメロディ伴うロック曲。あの七色のボーカルが乱舞するし、無理もなく?好きになってしまったという。
感覚的には、昨年MEGADETHが発した「UNITED ABOMINATIONS」を聴いた時、特に“Washington Is Next”を聴いた時に受けた感激の具合…に近しいものがあるかもしれない。(←モチロン、曲が似ているとかでは無いし、MEGADETHは間を空けてないが。)
…要するに、「!!やってくれたな…!」という快心の想い。

◆「CHINESE DEMOCRACY
※映画『Body of Lies』提供曲あり。
チャイニーズ・デモクラシーチャイニーズ・デモクラシー
(2008/11/22)
ガンズ・アンド・ローゼズ

商品詳細を見る


現在進行形。2008年、ガンズ・アンド・ローゼズ
↑を証明したという>それ自体、何ともまあ~価値ある事実か。

※前述通り聴き込み方は不足しているんだが、なるはやでこの衝撃を…衝撃を~僅かでも表したかったっ。(ので、駄文にて失礼シマシタ。)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : GUNS N’ROSES ガンズ・アンド・ローゼズ アクセル CHINESE DEMOCRACY

16:55  |  一曲一献(ハードロック編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |