2008.07.12 (Sat)

『Heroes To Us/KALMAH』

今年も新譜「FOR THE REVOLUTION」を発表して好調~な北欧メロデス界の中核を担うバンドの渾身曲。
KALMAH“Heroes to us”
この曲はタイトルだけ見ると(また音的にも)中世的世界観を披瀝した曲かと想像しがちだが、…いや私がそう思っただけだが、歌詞を読むと現代の国際情勢や人権を口実にした虚実などに関して触れた内容だというのが浮かび上がってくる。
※この曲に限らずKALMAHの詞>ナカナカ読み応えあり。
厳つくもムード満点なintroで始まるが、その後のバックで走るギターリフがめっさたまらない。(←めちゃんこ好きなんでげす)。この曲、vocal部よりは演奏のパートの比重が高いような気が?するが、展開がよく練り込まれており、聴かせ所もよく承知しているというか。とりわけ後半は求心力のある畝りの様なものが感じられる。
(ウーム、表現美だな~。)あと、まことに終わり方が潔い。キメた!

◆3th「SWANPSONG」
スワンプソングスワンプソング
(2003/06/04)
カルマ

商品詳細を見る


KALMAHカルマって、名リフ・メイカーだよな~。
因みにMEGADETH“Skin O' My Teeth”をカバーしている辺りが選曲ユニークだし、音楽的背景も窺え。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : KALMAH カルマ MEGADETH メロデス

10:03  |  一曲一献(メロデス/デスラッシュ編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |