ブラジルのテクニカル・スラッシャー。

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

身体に覚えがある通り、暑さが少し落ち着いてキマシた。(そう、あの頃に比べれば。)

今年の夏も?あんまり休めてない感がありますが、こうなったら大型連休控える今月に賭けたいと思います!!
(そろそろ夏疲れがきても全然不思議じゃない。)

これは先日収穫して食べてしまったミニトマトです。今もって幾つか実が成ってて花が咲いているのですが、この後どういう局面を迎えるんでしょ。



とにかく、気温は涼しくなったとはいえ、この8月下旬からの只今、スポーツ関係がアツイ!

アスリートの皆さんがアツイ!!

まあ、バレーボールは前々から個人的に力入ってしまうんですけどねー。
(この間のドミニカ戦は大層ドキワクもんでしたね。)

さて、前記事でぼんやりうっかりしていたのですが、AMORPHISの新作「UNDER THE RED CLOUD」も気になってます。

 ⇒AMORPHIS - Death Of A King (OFFICIAL TRACK & LYRICS)
 ⇒AMORPHIS - Sacrifice (OFFICIAL VIDEO)  

非常に『らしい』。 秋になった暁には尚更『らしさ』際立ちそ。

***************

ABSTRACTEDブラジル・サンパウロ出身のテクニカル・スラッシャー。

2013年結成との4人組。

時にはグロウル/スクリームも投入されるが、メインは非デスなボーカルで、ジョン・ブッシュにやや似ている(気もする)声質も好ましという、曲によってはディープで内省的な色も織り交ぜたプログレッシブな展開ありのテクニカル・スラッシュ…

とお見(聞)受けするのだけども、ネオクラ風味のツインGパートも飛び出したり、、、

何つってもキチンとThrashならではのフックとテンションを押さえているのがぐっジョブ。

→その点は、4曲中でも最もストレートな方であろうスラッシュ曲“Paradoxical Sight”を聴ぃけば分かって頂けるのでは、と。(期待)



素晴らし。感激。興奮。

思わず、
いいトコ突いてるねぇっっ」と洩らしたくなるソングメイキングだと思います。

P.S.
この間読み終えたノルウェーのミステリ、続編あるようなんでそちらもー。
(日本訳版あるんだっけ)
今は「催眠」の下巻に突入。
2015/09/01(火) 00:05 | trackback(0) | comment(0)

エクアドルのテクニカル・デスコア。

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

昨日までなんやかんやしてましたが、3連休ラストデイ。

今朝は元気良く早起きしてみました!
(というか、折角の休みなのに平日と同じ時間に起きてしまう悲しさよ。)

さて。

結局の所、ハツカ大根・1stシーズンは失敗に終わってシマタ様なので(うう)、根は諦めてビタミンC豊富だという葉っぱだけ食した。

しっかり小松菜も食べ尽くしたので、時期的には難しそう?だが敢えてのチャレンジで新たに種蒔いて小松菜・ハツカ大根の第2王朝なう。

(ラディッシュ、今度こそ何とか球体化させたい。。。)本葉2~3枚の段階だが、佳い感じに生長しているように見えなくもない。

次はパクチー辺りに目をつけているのだが。

---------------------------------------

「交霊」は読ませましたね~。ヒットしたというのも納得。

本書はシリーズの3作目らしいので近々第一作「催眠」(世界的ベストセラーになったといふ)も読みたく。

作者のラーシュ・ケプレルは夫婦合作の名義らしいが、共著もののミステリといえば…

北欧の作品ではないが、80年代の冷戦崩壊前、西ドイツ社会の情況を多少なりとも感じ取れた「ゼルプの裁き」(ベルンハルト・シュリンク、ヴァルター・ポップ共作)で、MADONNAの“Material Girl”に主人公が云々するくだりを何となく思い出した。

---------------------------------------

SUBLIMINALは昨年結成のエクアドル・クエンカ出身の4人組。

当初からテクニカル・デスコアを志向したプロジェクトとして誕生したそうだが、今月初アルバム「PSICOFONIAS」がリリースとなっており、聴かせて頂いた。

張り裂けんばかりの焦がれた情熱[パッション]が、せわしくなく駆け抜けていくかの音楽はツイン・ギターのクラシカルな麗わし効果もあって烈々胸迫って来るものがあり。

バッキングもメロディアスで感情を逞しく刺激するのであって、全体としての音像は「濃」く「密」な味わいとなっているかと。



(感覚的には米西海岸のEXMORTUSなどのエクストリームさを思い出したりも。)

一曲目“Ahorcados”の序章やインストの“Preludio”の在り方は妙味を醸し出しているし、“Demonio”での2:26のデュアル・ギターGの入りはえも言われぬケミストリーを生んでいたりと、会心のあまりパシパシ膝を打ってしまう箇所頻繁で。

にしても…

…アツ…ッ

気温33度にもなりそうな今週ではなくって氷凍てつく真冬だったとしても、音が発する熱にアテられて内からジリジリと「ほのか熱さ」を覚えるのではなかろうか。

勝手ながら私が心に描く南米の一面が伝わってくるような激しさと温度感だと思います。

P.S.
ディガー様新作の到着を待ちこがれているのだが、予定ならばそろそろ。
2014/07/21(月) 07:21 | trackback(0) | comment(0)

アルゼンチンのモダン/デスラッシャー。(は、有名な日本の漫画/アニメを…)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

レタスの芽が出て(多分)順調に育っているのに気をよくして、小松菜の種も植えた。

あと、ラディッシュやミント、シソなんかも生育したいと画策。

難易度の低そうな(ビギナーでも育てられそうな)ものに狙いをつけているのだが、はたして今後の展開如何に。

-------------------------------

すこーし前に「追撃車」というスウェーデンのスリラーを鑑賞したが。

※1月にUpされたtrailer→映画『追撃車』予告編(日本語字幕)

かの「ミレニアム」は観た方も多いだろうが、「追撃車」が個人的にHITしたのもあり、北欧のミステリー・サスペンスが面白いのではないかと思い始めてもっと見聞を広げたくなってきた。

ので、図書館でパっと目に留まった本を予備知識ゼロにて借りてきた。
「静かな水のなかで」(ヴィヴェカ・ステン作)を。

掴みはオッケーで164頁目なう。
-------------------------------

アルゼンチンはブエノスアイレス州ラモス・メヒアを出身とするモダン/デスラッシュのHELLVOX

05年の結成で、09年に初フルレングス「Increasing Hate」をリリースしており、この度、2ndとなる「THE KILLING HAND」が登場!

本作は「世界的に有名な日本のmanga / animeの"DEATH NOTE"をベースにしたコンセプチュアルなアルバム」だという。

『manga』=漫画、『anime』=アニメ

…は、すっかりインターナショナルに通用するワードとして定着しているようで。
(『Kawaii』や『Mottainai』なんかもそうらしいですね。)

デスノートは(松平健ではない)まつけんが出ていた映画版を観たことある程度で、私はさほど明るくない為、このmanga / animeの世界観が如何様に投影されているかについては心許無い。。。
きっと詳しい方が聴けばより感じる所はあるかと。

…あるかと思うが、パッと聴きでも反射的に「(うわあああ…)カックイ・イ!!」と痺れさす楽曲が其処彼処に。

「キターーーーーー!!」感も甚だしいクール&ダークな“Black Book”はその実、[込んだ]作りだし、【抗う者・物ともせず】の“The Eye”“Remembrance (God Of The New World - Part II)”は「突っ走りデスラッシュかくありなん」のトキメキ。



“A Better Place To Live”はインド音楽(シタールらしい)のエッセンスも絡ませた、渋くもパワーなバラード佳曲。
美とブルータリティが調和した“Imprisonment (God Of The New World - Part I)”ではクラシカル・フレーズも顔を覗かせ。

そ・し・て!
“Sakura”…「アイ・サレンダー」。カッチョ良過ぎます。参りましたm(_ _)m

コンセプチュアルな作風とそれを生かす曲作りに魅せられもするし、リフが立っているデスラッシュは根本的にかっちょええなあ、と。

P.S.
アルゼンチンといえば、パタゴニアで世界最大(か?)の恐竜の化石が発見されたそうで。動画見たがシッカリした骨。確かにデカい。
2014/05/21(水) 23:50 | trackback(0) | comment(0)

チリ→現NYのスラッシュ・メタラー。(と、トキメキ新曲Video。)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

一昨日の夜は。

仕事終わって駅に向かう途中に息もつかせぬ風が襲いかかり、傘を差せやしないし前にも進めず。。。
あれ程の暴風は未経験というレベルでしたね。。(ちょい収まった隙を見て、駅へ急行しましたが。)

そんな春の嵐にもびっくらすれば、3月らしいと言えばらしく?予想だにもしない事が起こったり、何かと変化の予兆が表れる時期でもありますが。

(変化:)おニューPCは注文済。待ち遠しき。

待ち遠しいのはLance Kingのソロ作もですが、、近頃、私はランス王がスロバキアのメロディック・パワーメタラーであるSIGNUM REGISの「EXODUS」で客演したタイトル曲に繰り返し耳を欹てています。
(※そういう意味では完全にリピーター。)

聴けば聴く程に込み上げる…

ランス王にはもっと×2歌って頂きたい…ものだっ///(丸出しの欲)

…というメラメラな欲望は置いておくとして?、Nightmare Recordsから来月4月15日にリリースされるTERAMAZEの「ESOTERIC SYMBOLISM」から新曲Videoのアナウンスがありましたyo!(パチパチ。)

TERAMAZE "Punishment by Design" Song Debut  

(…!!!)やはり。センスありまくりですね。

-------------------------------------

こちらもレーベル(Digmetalworld Recordsですね)からのメールで知ったのでありますが。

ニューヨーク・ポキプシーを拠点とするPIROSAINTが、1994年の2ndデモ「INFECTED DREAMS」の発表から20周年を記念して、リマスターバージョン盤「INFECTED BRUTALITY」を発表したと。

PIROSAINTは、1989年にチリのサンティアゴでデスメタルとしてスタートして、その後、音楽的にスラッシュメタルへ変貌したというバンドだが、この度のリマスター「INFECTED BRUTALITY」は92年の「ATROCITY NOT CONDIGN」と94年の「INFECTED DREAMS」のオリジナルdemoが含まれているものだという。

現在、当バンドは新マテリアルをレコーディング中との事で、こちらの2シングルは昨年、新作となる「PIROSAINT」の先行として出されているものでやんす。





密かに去年から当バンドの骨っぷしな[心意気]スラッシュに惹かれておりまして。

活動期間を示す「1989-1999 | 2011-Present」と、近年(2011年)NYに移住して…という、経歴を垣間知っただけでも、また、“Tonight”の歌詞からも、PIROSAINTの音楽に対する烈々としたモノ(熱情)を感じない訳には参りません…!m(_ _)m

※※前期時のTHE RAGNAROK PROPHECYも出身はフロリダですが、現在はカリフォルニアのコロナが本拠なのですよね。(なので記事にちょっと加筆しました。)

P.S.
ちはやふる2。(泣ける。)

【※訂正:3/16】確認不足があり、一部訂正してます。
2014/03/15(土) 22:43 | trackback(0) | comment(0)

GRAVE DIGGER、ブラジルの地へ。と、ミナスジェライス出身のメタラー。(&【5/7~5/24】ツイまとめ。)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

月が変わりましたね。6月です!

しかし…
5月は、というかGW明けてから…(血圧がどうこう以前に)凄まじかったですね…

まさに【シュトルム・ウント・ドラング】状態。

(振り返ってみると、「一難去って(また)~~」が常態化していたような。。。)

流石に?今週の後半はどうにも「ヘタヘタ指数」が通常値を遥かに超えてしまっていたので、帰宅後は程無くして無我夢中?の爆睡をしてしまつたという。。。

…とは申しましても、U.D.O.最新作から烈々と燃え滾る「気鋭」を受け取っておりましたので!

(ドウニカ倒れずに居れました。)

------------------------------------------------------

3週分なのです。

Tue, May 7~Fri, May 24


    silverwinger

  • アトランティスの痕跡か>アトランティスかどうかはマダ??にしても、大西洋で見つかるとは…(今後の調査に激しく期待。) posted at 05/07 08:57:56

  • AMORPHIS “Into The Abyss”。>今週も始まりました!(ホントに気合い入れんとならん) posted at 05/07 09:00:51

  • AMORPHIS “Shades Of Gray”。>エキゾチックでブルータルでリリカル。 posted at 05/08 08:58:20

  • たまには別の所を歩いてみるもんだと思った、昨日の昼休み。 posted at 05/09 08:59:02

  • AMORPHIS “Mission”。>[アモルフィス]ですねえぇ posted at 05/09 09:01:34

  • AQUILA “Valle Mortalitatis”。>砂漠で突如水が湧き出づるような鮮烈デスラッシュ/// posted at 05/10 08:59:06

  • AQUILA “Bestia”。>今週も始まりました! posted at 05/13 08:58:49

  • 今朝は微妙に混んでるな(なんでだ) posted at 05/14 08:58:12

  • OBLIVION MYTH “Between Light and Shadow”。>「気骨っ」な感じが誠に好ましいです posted at 05/14 09:00:39

  • AQUILA “Memoria”。>終盤のリフレインが美し。 posted at 05/15 08:59:41

  • スラッシュメタル\(^^)/\(^^)/ posted at 05/16 08:58:18

  • ASTHMA “Digestive Generation”。>スラッシュメタルのスラッシュメタルらしい好曲= posted at 05/16 09:01:07

  • 事故の影響で西武新宿線のダイヤが大幅に乱れており… posted at 05/17 08:57:46

  • 私が今乗っている電車自体は40分の遅れだという posted at 05/17 09:00:14

  • ASTHMA “Liposuction”。>リフがナイス↑↑↑ posted at 05/17 09:02:51

  • U.D.O.のニュー譜はI can't waitではあるが(待ちませう) posted at 05/20 08:58:07

  • DULCAMARA “New Dawn”。>今週も始まりました! posted at 05/20 09:01:04

  • IN MALICE'S WAKE “Onslaught”。>畳み掛け感= posted at 05/21 08:58:29

  • BEFORE TODAY COLLAPSES “Lionheart”。>→即入手しました。 posted at 05/22 20:07:28

  • 近頃の疲れ易さの原因が(ちょびっと)分かった?ような気がした 昨日 posted at 05/23 08:58:07

  • MyAlterEgo “Proditio”。>!! posted at 05/23 09:01:37

  • 昨晩は届いていたメールでテンション最大級…(になったが寝落ちしてしまた;) posted at 05/24 08:57:50

  • 三浦雄一郎さん、おめでとうございます!(以前、馬場駅ホームの看板でお顔の写真を拝見していたものだ) posted at 05/24 08:59:26

  • BREAK OF DUSK “Hollow”。>パワーメタリック・メロデス楽曲(エッヂ利いてる=) posted at 05/24 09:03:17

------------------------------------------------------

日本では梅雨モードに入った雰囲気ですが、その一方、ジャーマンの鋼鉄団・GRAVE DIGGERはブラジルへ。

すこーし前から、DIGGER様が「BRASIL .....」「BRASIL .....: BRASIL .....」と呟いていたのは気づいていたのですが(ええ)、とうとうその時が到来したと!

毎年ブラジルのバルジニャで行われているロックの祭典「ROÇA 'N' ROLL(→officialサイト)」に出演して(ツイートには「6月1日の20時~」とありますね)、次の日はサンパウロでライブ、というスケジュールなのですねっ。

…但し……、(比較的新しい)Twitterツイートによれば、

「ずっと前から空港で待っている……(※写メ有り)」

  (その約4時間後↓↓)

「ずっと前から空港で待っている……ずっと前から空港で待っている……」

…という状況だったようなのですが、、、(汗)

(が・頑張って下さい、DIGGER様!!)

尚、こちらのフェスですが、今年の出演者は、

新作「ALL IS ONE」のリリースを控えているイスラエルのORPHANED LAND、イギリスのSABBATやSKYCLADでの活動でも知られるMartin Walkyier氏、開催国のブラジルからはFolk/Prog RockバンドのKERNUNNA、ブラック/デスのMALEFACTOR、また、ANEUROSE、…etcとなっているようで。

ANEUROSEは当フェス開催地のお膝元であるミナスジェライス州出身のメタルバンドで、02年頃から活動を始めて、昨年はDemo作「SQUARE IN FLAMES」を世に出しており。

ANEUROSE - “Square in Flames”の3曲


そして…
(facebook見ますに)本ROÇA 'N' ROLLにて、バンドの初フルレングスとなる「FROM HELL」がお披露目予定、というコトでしょうか!
 
こちらはその1stシングルの。→Aneurose - Hunting Knife [OFFICIAL]  

「直」に切り込んで来る音ですね。

P.S.
DIGGER様への想い溢れる「アルゼンチンには来ないのですか?」的なコメントを見かけました。
2013/06/01(土) 19:58 | trackback(0) | comment(0)

チリのプログレッシブ・メタルコア。(&【2/4~2/15】ツイまとめ。)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

次第に持ち直してきたのはいいのだが、どうも時間運用の仕方が適切ではない?のか、思うようにタスクが進行せず。。(来週はもっと滑らかに進めていきたいです。)月末でもあり。

さて、先記事でもちょちょっとご紹介したLUGHUMの新作を強回転中ですが。

「何だろう…この、Heartがずんずんウォームアップされてゆく感じは…!」

(本質的に、音作りを愉しんでいる方々なのでは?という気がする)しみじみとポジにエモーショナルなサウンドにすっかりハマっており。

----------------------------------------------

Mon, Feb 04~Fri, Feb 15


    silverwinger

  • この土日>書けなかったですね; posted at 02/04 08:57:36

  • IMMER “Miscarriages of Justice”。>今週も始まりました! posted at 02/04 09:01:40

  • うおっ、飛行機雲だー(が、流石に電車ん中からだと激写は…) posted at 02/05 08:56:37

  • BASCA “Limpieza Social”。>リズム←(^^)/ posted at 02/05 08:59:40

  • もうちょびっと厚めの靴下さんを履いてもよかったかもしれないです posted at 02/06 08:57:33

  • AETHER REALM “Journey of Discovery”。>折角の雪景色。(うぉぉ…)とてつもなくハマっていますっ/// posted at 02/06 09:01:06

  • 金曜日深夜、観れる可能性大(か?) posted at 02/07 08:58:10

  • SHADES OF RETRIBUTION “kola daor”。>リズム←(^^)/リズム←(^^)/ posted at 02/07 09:01:32

  • 「何回観ても、想絶イルミ!あなたはもう、体験しましたか?」>未だですm(_ _)m posted at 02/08 08:58:29

  • SHADES OF RETRIBUTION “Mora Xo”。>ドス重さ◎ posted at 02/08 09:01:39

  • 強風でガンガン異物が目の中に飛び込み、激痛走りまくり。。。(目下のPrivate Enemy No.1だった) posted at 02/08 20:09:36

  • ダイヤ乱気流。 posted at 02/12 08:57:46

  • TELLUS REQUIEM “Red Horizon”。>今週も始まりました! posted at 02/12 09:01:19

  • TELLUS REQUIEM “Twilight Hour”。>エッジ利いてます= posted at 02/13 20:08:16

  • なんだか今夜の月凄いねー(それこそエッジが) posted at 02/13 20:10:32

  • TELLUS REQUIEM “Sands of Gold”。>インスト域\(^^)/ posted at 02/14 08:58:53

  • 家戻ると体力スッカラカンでm(_ _)m (今日辺りもう栄養Drinkさんに頼るしか…;)) posted at 02/15 08:59:18

  • TELLUS REQUIEM “Invictus”。>好曲!(プログレ然) posted at 02/15 09:03:09

  • 相互直通運転開始で池袋線飯能駅から元町・中華街駅まで最速95分だという。(まぢっすか) posted at 02/15 20:07:35

----------------------------------------------

以前導入して以来、オートでリフォローしてくれるTwitter連動APIをそのまま利用させてもらっているのだが、頻繁にはフォロワーの方(アカ)を確認出来てなかったりで、、、

…失礼してますが(汗)、この度はフォローして下さったようで有難うございますm(_ _)m、

チリ・サンティアゴ出身、5ピースのプログレッシブ・メタルコアのANTARCTICAさん!(「南極」さん!)

(facebook他を拝見するに)昨年2012年の6月に3人のメンバーで前身となるプロジェクトがスタートし、今年はいよいよEP制作に向けて動かれているらしい。

Antarctica- Reset


ANTARCTICAfacebook   official

(こちらの1曲をお試し聴きさせて頂いたのみだが…)

メタルコアのタフネスを前面に押し出しつつも、影響を受けたバンドsにも挙げられている同国のDESTINOSにも相通じるようなロマンチックで甘美な音感エッセンスが盛り込まれている楽曲、とお見受けし。

うむー! EP楽しみですね!!

P.S.
ヨイ日ですね。
2013/02/23(土) 13:01 | trackback(0) | comment(0)

エクアドルのヘヴィメタル/スラッシュ。(と、『為せば成る』な。)

カテゴリー: バンド紹介(南アメリカ)

『為せば成る』。

という感じの現象が時々ありますよね。

先日、自分の自宅用眼鏡のテンプル部が「ポキっ」となったのだが、その修復の為に使用した瞬間接着剤の取説をよくよく読むと、「接着できないもの(云々)」の中に『(メガネフレーム等)』とあったりするのだ。

(つまり、線状のものが厳しいんじゃないかという話。)

…だったんだけども、念を込めて「気合い」?でくっ付けました。

(現に今、メガネ掛けてます。)

そうそう、眼鏡と言えば「PCメガネ」が売れているようで。

そっち系?の環境が長くなってきたりすると、よく、「一日中、パソコン見てるんじゃ目が疲れるでしょ?」と訊かれもするが、もう目が辛いとか苦しいとかという感覚は皆無で。
こうして帰宅後にPCに見てても、痛くも痒くも何とも。←?

(だが、流石に一日の合間くらいは…。)やはりアレはアレの方が?でせうか。

------------------------------------------------

BASCAはエクアドル・クエンカ出身のヘヴィメタル/スラッシュバンド。

1989年にロックをPlayしたかった友人同士で結成されたそうだが、となると歴史の長いバンドと言えるだろうが、メンバーチェンジを経て、現在は5人組となっているようだ。

高評価を得たという「HIJOS DE...」や、その前作と同じスタイルを持つ「TIERRAS NEFASTAS」、そして、現時点の最新作「RESUCITA」で彼らの音楽に接触が可能というコトだが、

facebookを拝見すると、[おすすめアーティスト]には、
「TESTAMENT, SLAYER, DEATH, IN FLAMES, METALLICA, MEGADETH, IRON MAIDEN, SEPULTURA, KREATOR, ANTHRAX, DREAM THEATER, PANTERA」

などが挙げられており。

実は初めて聴かせて頂いたのだが、詩情と熱情が渾然となったヘヴィメタル/スラッシュは内臓の奥へ深く響いてくるもので…。
真に「いい音だなぁぁぁ」と、惚れ惚れと。)


Myspace music player

BASCAmyspace  facebook

「2011年にはNewアルバムのレコーディング準備、2012年には制作に入れるだろう」という風な記載もあるので、新作に触れられるのもそう遠くはないかもしれないですねっ。(やっほー!!)

P.S.
歯磨き中にディガー様の曲が流れてきたら「超ゴキゲン」ですよね。
2012/11/15(木) 23:55 | trackback(0) | comment(0)