2012.02.25 (Sat)

【祝記事】VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の新譜

デイヴィッド・リー・ロスのボーカル作品としては28年ぶり、前作「Van Halen III」から14年ぶりのVAN HALENの新作「A DIFFERENT KIND Of TRUTH」。
(の、リリースを祝って。)

それはそれは…
世界中が待っていた、「待望(まさしく「待って」&「望む」)の」、でありましょうぞ!、なのですが。(モチロン私もです。)

尚、皆さんが書かれたAmazonのレビューを拝見していないので、具体的にどの様な感想が寄せられているか、細かい所を知り得ていないのだが…
ただ、「星(★)五つ」が大多数らしいコトだけはちらっと目に入りました(笑)。

(この記事書いてからゆっくり見させて頂こうと予定しております。)

とは言え、見る前から、「恐らくは…絶賛の嵐ではないのかな??」という気がしておりまして。

というのも、「VAN HALENだから」「皆が愛して止まないデイヴがカム・バックしたから」という、そういうハロー効果などが働かずとも…
ドキドキしながら待望作聴き始めて、自分、直ぐサマに「VAN HALENが奏でるRockは、なんでこんなに極上!なのだろうか?」って思ってしまったので。

正直、日頃、US Rockを専らに聴いている方ではない人間なのだけども(汗)、それでもこの新作の音に触れている時の、「VAN HALEN由来のHappiness(ハピネス)は格別だっ!」という想いがナンだかなんだか、もう、スゴくって。

この感情は己だけのものではなく、聴いた方々がきっと感じているであろう事で、
結果的に、結果として、(廻り廻って、)「ヴァン・ヘイレンは世界バンドになるべくしてなったのだろう」という考えに行き着いてしまう。

まず、何つっても…、デイヴが泣かせます。(号泣…っ)
開放感に満ちた魅惑的なデイヴの(味)ボーカルが弾けに弾け、踊りに踊り。

そのパッションや動性に応じるかのように、大陸的なHALENサウンドが骨太に明朗闊達にダイナミックに相互反応して。
ダイヤモンド・デイヴの光と重ね合わさって、キラキラっとした躍動のケミストリーが誕生していて。

曲の配置も実に入念に考えられているのが実感出来るけども、表情を異にする一曲一曲の、各々個々の有り方で輝きを放って、味わいも特別。

ゆえに、聴いているこちらも心の芯からぱあぁーーっと光に照らされて来ると。

◆12th「A DIFFERENT KIND Of TRUTH」
Different Kind of TruthDifferent Kind of Truth
(2012/02/07)
Van Halen

商品詳細を見る

VAN HALENmyspace   official (オフィシャルではインタビュー他、Tattooの動画も観れるみたいですね!)

多少ながら米(コメ)イタシマス。

洒落たオープニングの“Tattoo”からイッキにContinentalなRockの醍醐味でっすよぉ!(くぅーーー!!)もう、ソノ空気に酔わせてもらえましょう…!
続くブルース・フィーリングの“She's The Woman”はグルーヴィなエディのギターに完全カンペキにやらてしまい。(…痺れて動けませんっ。)
“You And Your Blues”VAN HALENの特徴が出ている「らしい」曲だと思う、Aメロもそうだけどサビの後のフレーズがえらく好きだっ…!というスルメ・ナンバー。(絶対にハマルよね。)
G炸裂のintroもインパクト大な“China Town”は本領発揮のHard Drivinチューン。技っぷりに「スゴっ(凄)!」と震撼してしまいましたあぁぁ。(さっすが魅せますね!)
朗らかで快活な“Blood And Fire”は、端々に「VANさん…だっ!」という珠玉のフレーズがありまして。(ソロもがっつり披露して下さってます。)
“Bullethead”はラフでタフなハードロックで…、Speedに乗ってます~!
太い&太いドラムの音で始まるAs Iも、(走ってる、走ってる!)ガチで粋なブリリアントHR。outroの色合いとか…本当にぐっとキマス。(ヘイレンさんはやつぱり素敵過ぎる…。)
一発で曲名覚えたよ~(※なのにTwitterツイで綴りをミスった私をお許しクダサイ。。)“Honeybabysweetiedoll”は、Rockオマージュ?という畝りに畝っているリフもSo Coolで、雰囲気が滅茶苦茶イイ。
“The Trouble With Never”も反射的に好きにならずにいれないというか、人懐っこさや愛嬌のあるテイストのロック曲。
“Outta Space”は…色めき立つフックがありまくり~!で、「うわぁぁ…、こんなかっちょヨイHRってあるかしら?」と言いかけたが、スバリ此処にあったようです?(ありました。)…歌の心をさくっと捉えたデイヴのボーカルにガツン!てね。(Tension最大レベル↑↑↑)
“Stay Frosty”は(いみじくも)タイトルを体現している感の、リズム&ブルース、R&Rベイスドのトラディショナル・ロックで、出来ればお酒片手にという…?。(うぬ、演奏隊のプレイに聴き惚れますわ。)
大陸的なダイナミズムに活気付く“Big River”はリズム感がすこぶる良いし、さりげなくエディ・ヴァン・ヘイレンのソロがニクい。
ラストの“Beats Workin'”は「デカい懐に抱かれて」気概なアメリカン・ロック!

出身のカリフォルニア、パサデナです。

大きな地図で見る

こうしてデイヴのボイスでVAN HALENを聴ける日が来たんですねぇぇ…(遠い目)

(世界中の人が歓喜にわいていると思うのだけど…!)

夢みたいだが、有難くもコレって、夢じゃないんですねぇぇ…

しかも、
大人しくなっていない、Rock真っ只中の、とてつもなく生き生きしている、
「MEGA MAXなロック・アルバム」を以ってして。
(→→→ヤッター!!!)

本気で恐れ入りました…!

P.S.
雨止んだけど今日はちょっとヒヤっこいんですねっ。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : VAN HALEN

18:06  |  レビュー風の感想かも(ハードロック編)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.26 (Sat)

WHITESNAKE(ホワイトスネイク)の新譜

WHITESNAKEの最新作「FOREVERMORE」。
遅ればせながら、拙いなからも【祝記事】を綴らせて頂きますm(_ _)m

(※先だってカヴァとダグとレブのインタビューを読ませて頂いたが、「流石は愛のメッセンジャー」「流石は熱き情熱家」と、目を細めっぱなしに…。)

(話が重複しますが…)私は、“Crying in the Rain”に初遭遇した時を勝手に「メタルLIFEのスタート地点」にしており、…だから無論「サーペンス・アルバス(白蛇の紋章)」は取り憑かれた様に聴き捲ったのだが、その内過去作にも興味を抱き始めるのは自然の流れで、後追いで親しんでいった白蛇流のハードロックはえも言われぬフィーリングの宝庫だった為に…どっぷりのめり込む事となった。
…という訳で、超名盤の「サーペンス~」は完全無欠なアルバムであって大好きであるが、正直に白状すれば…本当に10代の頃に最も繰り返し聴いたのは「LOVEHUNTER」とかでは?ないかと思う。(ちゃんとカウントはしてる訳ではないので何とも言えない。。)相性が良かったのかな。
…とここまで書いて、久しぶりに“Love Hunter”を聴き直してみた。

→→ボルテージ急上昇←←

(拙文再開。)
白蛇の曲は、音がタフで人間臭くて普遍性がある。
しかも、カヴァデールは目指した世界観を如実に描き切る得難い歌声の持ち主な訳だけども、待望の「FOREVERMORE」を開けてみると、その当時の熱病的な空気を思い起こさせる楽曲が矢継ぎ早やに登場し…。
(もう、、1曲目から目頭を刺激され…。)
アーリーの粋なR&BフィーリングたっぷりのブリティッシュなHRをメイン・フィールドとして、「SLIDE IT IN」以降の華やかさをも加味させた極上の音、であると思う。
少なくとも、自分にとっては。
…いや、私に限らず、デイヴィッドがインタビューのある箇所で答えている通り、多くの方達が白蛇に内在する「ピッタリ」感を覚えるのではないかと。

確かにサウンド面についてはある種の欲目が出てきてしまうのは自分も理解出来なくないのだが…(幾つかそういったご意見を見かけたりも…)、だが、デビカヴァが現在のチームで実現させている-「生き生きしたエッセンスをも散りばめ、白蛇サウンドを色褪せたものにしない」-技と力と想いの結晶はそれはそれで正解だし、現実に立脚したものだろうと思う。
…実は、ダグ・アルドリッジの「如何にダグがデイヴィッドに対して尊敬の念を抱いているか、また、WHITESNAKEに在籍している事を誇りに思い、そして白蛇に対し献身的に最善を尽くして貢献しようとしているか」…を読んで深く心動かされ、またもや涙が…。

◆11th「FOREVERMORE」
フォーエヴァー・モアフォーエヴァー・モア
(2011/03/09)
ホワイトスネイク

商品詳細を見る

WHITESNAKEmyspace

少しですが、曲へのコメントをさせて頂きます↓。

体内の細胞という細胞がざわめくオープニングの“Steal Your Heart Away”
「これぞホワスネ」ホワスネとしか言い様がない音世界。(サビなどはちょっと“Fool For Your Loving”風? )
“All Out Of Luck”は何処かおおらかな気風たゆたうブリティッシュなハードロックで、少々BAD COMPANY的というか。
PVにもなっている“Love Will Set You Free”を聴けば一気に「WHITESNAKE道」まっしぐら。(いぶし銀ですね、いぶし銀。)
出ました!の“Is This Love”なトーンで始まる“Easier Said Than Done”はお得意の人間味な感動的バラードであり。(やはり…素晴らしい声でありますねぇぇぇ。)
“Tell Me How”はこちらもムードすこぶる佳き英国風ロックだが、その実、憎いポイントが幾つかあるんではと。
“I Need You (Shine A Light) ”はハート・ウォーミングでハッピーなナンバー。まさに「Shine A Light」、心に光が射すような。
“One Of These Days”も明るいソフト・ロックで…、うわわ、いい曲だ…。(こりゃ泣かせる旋律だ…。)
“Love And Treat Me Right”は当作の中でも「個人的お気に入り度が最高級」の曲。
“Love Hunter”思い出します…」なテイストもあるが、それだけじゃなく「みんなでROCKしようぜ!」感>が大好きだと思う。
“Dogs In The Street”は今作中で最もメタリックな楽曲ではないかと。サーペンスの頃の感触を覚えるワイルド・ストリートな感。
“Fate Three Well”も優しく、柔らかく、温かい曲。
R&B味もりもりの“Whipping Boy Blues”はブリティッシュ・ロック由来のダイナミズムであり。うーん…、、恐ろしくかっこええんではないか!
思わず【ホワスネ 'N' ロール】という造語を作りたい位?になる“My Evil Ways”では「そうです、WHITESNAKEのROCK&ROLLはたまらんのです…」と再認識。中盤のインストに聴き入れ、聴き惚れ。
タイトルの“Forevermore”は言うなれば「第2の“Sailing Ships”」と考えさせる壮大なパワーバラード。名曲では。

デイヴィッド・カヴァデールが生まれたイギリス・ノースヨークシャーのサルトバーンです↓

大きな地図で見る

「LOVEHUNTER」とか「READY AN' WILLING」や…アーリー・ホワスネの音楽が引き合いに出させるのもナルホドだが、こんなにリアル嬉しい白蛇作品が聴けるとは…
(し…シアワセ過ぎる…)
白蛇に出会えた事、それは「自身の宝」だったのだと。

今年9月には還暦を迎えるカヴァデールの、尽きる事の無い情熱よ…!!!!!
「白蛇に栄光あれ。」そう願ってやみません。

P.S.
簡潔には…書けませんでした…m(_ _)m

レブのインタビューも率直な感じで微笑ましかった。
(どうかWINGERの方もガムバって下さい…!)

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : WHITESNAKE デイヴィッド・カヴァデール

15:37  |  レビュー風の感想かも(ハードロック編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

SCORPIONS(スコーピオンズ)の新譜

勇気を振り絞って…(!)蠍団の最終アルバム「STING IN THE TAIL」を聴いた。

蠍団解散の報道以来、逃避気味だったが、今ここに届いたものがある以上は覚悟を決めて現実を直視し「とどめの一撃」を受けてみた。

先立って、B!誌5月号のルドルフ・シェンカー、クラウス・マイネ、マティアス・ヤプスのインタビューを読んだのだが、最高の形でファンの記憶に残る為にも「今、終止符を打ちたい」し、「昔の方が~~」と言われるのはご免被ると。

このラストアルバムのタイトルに込められた自身への痛烈なテーゼも勿論なのではあるが、前作「HUMANITY・HOUR1」にしても80年代ならもっと売れたではないか、という発言にも(時代の変遷を踏まえた上での)意地とプライドを感じたが…。

何にせよ、自分(と自分の子とも言える「作品」)を晒し続けるのは酷で、難儀なコトなのだろうな…というのは、表に出してしまった以上は批評の対象にされる訳で、しかも活動を続けていればそれが常に続く訳で。

ともあれ、ジャーマンきっての世界的ロック・バンドが放った最終作は実に素晴らしく、蠍団としか言い様の無い切れ味の、明朗で力強いロックで(!)
(アルバムタイトルこそがRock魂だが…)そう、当作には【Rock】という言葉が含まれるのが数曲あるのだが、そんな辺りにもロックへの想いが窺い知れるというか。

曲紹介を少しだけさせてもらいたく。(また追記を…)

オープニングの(~~Hurricaneなリフを持つ)“Raised On Rock”は、現在私の中で「(何時からのカウントか分からんが?)過去最高レベル回数?」に違いないヘビロテ・チューン。一言…「最高」。
改めて(特にサビで)蠍を具現化したかのクラウスの歌い回しだと…
タイトルの“Sting In The Tail”はZEPな雰囲気もある?滅茶苦茶「クール」なロックン・ナンバー。
アリーナ映え必至の“Slave Me”は豪快で且つダークな色合いも添えた蠍団らしい一曲。
“No Limit”は滲み出でる渋さもアゲアゲなハード・チューン!
“Rock Zone”はノリも大変によろしゅうな軽快なご満悦R&R。
“Turn You On”はストレートに歌心を刺激するサビを有するかっちょええ(!)HR。
泣かずに居られない…“Lorelei”は蠍団色に染め上げ抜かれた切なき哀歌。
(ボートラ除けば)事実として蠍団作品の最終曲となるのか…“The Best Is Yet To Come”SCORPIONSが得意としたスコーピオンズによる美しい、美しい名バラード。

◆「STING IN THE TAIL」(邦題:蠍団とどめの一撃)
蠍団とどめの一撃蠍団とどめの一撃
(2010/04/21)
スコーピオンズ

商品詳細を見る

SCORPIONSmyspace

聴いて、読んで、その他、色々考えさせられ…。
って、私個人は「昔は?」とか「未来が?」というより、結構「今が!」という感じの方が強い(健忘)単細胞なのだが(まぁ、思い出せる範囲で時々は思い出なぞも記事にさせてもらったりシテマスが 笑)、
…だけども、蠍団の「足跡」…
「優れた一枚の作品を作る事に拘り続けた」その証を尊重させて頂きたいと。

「記憶」。縁した側(ファン)は忘れないというのはある筈なので。

…2012年まで続くワールド・ツアー>パワフルにRockに飾って頂きたい、と!!!
(と、日本の1メタラーは念願しました。)

P.S.
先程TVから聞こえてきた↓
「偽者には…偽者の苦しみや哀しみがあるんや!」(?)

今日はうかれて?散歩日和でやんした。(イロイロな野花が咲き乱れ。)

「美しい『花』がある、『花』の美しさといふ様なものはない。」
↑の言葉の意味を学生の頃から未だに考えている?のだが(マダ答え出んのか~)、
花は見られて本望を実現する、という話を嘗て聞いたので。
(なんで、咲いている花を見かけたら…なるたけ一生懸命見る様にしてオリマス。)

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : SCORPIONS スコーピオンズ

22:53  |  レビュー風の感想かも(ハードロック編)  |  TB(1)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.20 (Tue)

Whitesnake(ホワイトスネイク)の新譜

そして、Whitesnakeの新譜「Good To Be Bad」を中身を紐解いてみると。
R&B、ソウル色を打ち出しつつ、オーセンティックなブリティッシュハードロックに+α(※このαがスパイス的役目)な香りのする作風となっているが、個人的には初期ホワスネと「Slide It In」、「Coverdale・Page」の各要素を融合しながら深化させた―との印象を受けた(←自分の耳がおかしかったらスマソ)。全体的に円熟味増してこなれているというか。ガツガツしていない余裕感というか。
“All for love”ホワスネファンならばかなりの確率でハート鷲掴み曲ではないかと思われ。Whitesnakeとしか言い様がないテイストで、まずはAメロのデビカバの喉にがっつりやられるが、中盤のギターソロの聴かせ方など“Fool for your loving”を彷彿した次第。多分他のバンドが同様な曲を作ったとしても私はここまで感情移入しないんじゃないかな。(という自信がある)



しかし、デビカバはやはりいい声だねぇ。少々しゃがれてしまうのは承知だとしても、声質が元々エクセレントなので、気にならない。特に低~中音でバラードなど歌わせたら絶品なお人なので。確かに前述の曲などは80年代の彼で聴いてみたかったような我が儘も出て来なくはないが、それでも充分満足であり。声を拝めた?だけでウルトラ有難く。

タイトル曲の“Good to be bad”はファンク志向のハードロックで、Deep Purple時代より彼が好んで作り歌ってきた流れの音かと。(ホワスネ期では“Ready An' Willing”辺りを思い出すかな~。)この手の曲は歌唱力ある人だから歌いこなせるが、無い人が歌うと多分苦々しいものになる(?)。中盤挿入されるダグ・アルドリッヂのソロも染み入る、聴き入るね~。オープンニングの“Best Years”では英国伝統芸に何よりCoverdaleのボーカルが乗っかってくる訳だから、のっけから降参状態となり(粘りとコシのドラミング~)。
“Call on me”は王道のサビを聞かせてくる佳曲。何気ないさりげなくも嬉しいというサビ。これも他のバンドがやっても…(←しつこい。だが、実感)。
皆が首を長くしていたであろうWhitesnakeのアルバムのこの良い按配、良い加減(注:いい加減ではない)は一体…。浸っていたくなるほろ酔い気分?は何者だろうかと考えてしまう。どうにもホワイトスネイクは自身にとって、事実上スペシャルなものらしい。(…けして私だけではなかろうが…)

そう、勿論「サーペンス~」はあまり~にも眩しい。(←この作品に関して別格であるのは自明&周知)だとしても、ホワイトスネイクのアルバムは総じて繰り返し聴ける持ち応えがある。
そして、今回の「GOOD TO BE BAD」は過去のあらゆる経験を昇華して、実にうまい落とし所を見つけたな~と。もしかすると、センス的には最上位に来るアルバムかもしれない。ウム。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : Whitesnake ホワイトスネイク デビカバ Deep Purple ホワスネ

15:12  |  レビュー風の感想かも(ハードロック編)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |