2017.02.09 (Thu)

極・目前状態。

「どうも近頃疲れが残るわい(精神年齢アレなのに)」と痛感している最中、山手線の車内で『疲れをとりたきゃ腎臓を~』という本の広告に出くわした。その時、気にならなかったと言えば嘘になる。いや、ガン見していた。

そんなこんなで?豆もバラ蒔かずに今年の節分も終わっていましたが、1月はといえばネトフリで『シャナラ・クロニクルズ』と『フロンティア』のシーズン1をコンプ。

『シャナラ~』は有名なベストセラーシリーズの一篇を基にしていて、ジャンル的にはファンタジー。
本当のところ、私は「指輪物語全巻読破!」とか「グイン・サーガ、スルーせず!」ではなくって(昔はゲーム・ブックを読んだりもしたし、今もエピカルなメタルを聴かなくもなくもないが)、ファンタジー界隈にそんなにそんなは明るくなく。。
それで観る前は結構構えていたのだが、「中弛みしたり?」という(勝手な)こちらの予想に反して、映像も綺麗で、展開速く飽きさせなかった。

『フロンティア』は18世紀後半、ハドソン湾会社なんかが出てくる北米の毛皮貿易を背景とした時代もの。
野趣溢れる主人公・デクラン・ハープ役はジェイソン・モモア…この顔どこかで?とデジャブってたら『コナン・ザ・バーバリアン』の人だったという。
善悪で割り切れない(そういう殺伐とした世界を描いているので)登場人物達がモリモリ、各々キャラ立ちしていて、脚本も練られていたと。
情報通の酒場の女主人が良かったね。狡猾なまでに非常に頭が切れる男装の美女だが、その実は…みたいな。
面白かった。続章待つ。

あ、今や3つの国籍を有する(スティーブン)セガールぱいせんの映画『沈黙の監獄』も観やした。
もうちょいと動くぱいせんの姿を観たかった気もするが、でも『沈黙の監獄』はストーリーの手が込んでいた。

と、メキシコでは知らない人はいない?という17世紀の文人をヒロインにした『修道女フアナ・イネス』も配信開始になっているので追って観る予定。

************

GRAVE DIGGER様最新作「HEALED BY METAL」愛聴中。

そもそもの前提として、グレイヴ・ディガーpresentsのパワーメタルを耳にした瞬間、宙に向かって拳をブンブン振り回したくなる(※周囲要注意)衝動必至……なのだが、本作はとりもなおさずその傾向強し。

“When Night Falls”“Free Forever”“The Hangman's Eye”“Kill Ritual”もボートラの“Kingdom of the Night”…も、実に、、、実にっっっっっ!アガる!!!

音量高めに設定してクリス氏と一緒にシャウトすれば「うりゃあああ!!!」となって無敵ング(の気持ち)。

************

オーヴァーキルのNew Albumに辿り着くまで極・目前状態。待ったなし。

OVERKILL - Goddamn Trouble (OFFICIAL VIDEO)


この曲もいいいいいい。楽しみすぐる。

P.S.
めっきり冷え込みまして。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : GRAVE DIGGER オーヴァーキル

23:35  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

聴き逃さないように。

この時期、意識的にネトラジのハロウィンチャンネルに触れるよう心がけています。
(Big R RadioのThe Halloween Channelがいいですね~)

“Tubular Bells”(『エクソシスト』のテーマのアレ)を耳にしないと落ち着かないので。

ピアノバージョン。


あとは“Thriller”かな。

--------------------------------------------------------------------

ヤッパリというべきなのか。Abemaの格闘チャンネル、ヤバし。

先の日曜日に生放映されてたアブダビ柔術・グランドスラム 東京大会は…
結局、6時間の長丁場放送していた訳で、(私、ちょいと所用で中座したにしても)何だかもはや目が離せない仕様?になってました。
中村大輔選手、あんな凄い方がいたとは…。寡聞にして存じ上げず。。

昨日、今日もオーストリア・リンツで開催の世界空手道選手権をLive中継してましたしね。←贅沢。
団体戦盛り上がったー。
それはもう、色々~な国から出場していて、空手がいかに世界各地で人気あるか垣間見た気がする。オリンピック種目になる訳だ。
--------------------------------------------------------------------

今月は、遅ればせながら買うたALMAHの新作「E.V.O.」のリスニング・リピーターしてたり。

こちら、【歌心フル】な良質メロディック・メタル/ロックのアルバムでして。

振り返れば、エドゥが活動休止を宣言した時は暗雲たる気持ちになったものだったが(「MOTION」が非常に良かったもんで、『もしや…二度と聴けない…のかぁぁ』と悲観しかけた…)、だがこうしてボーカルとして再び活躍しているのは嬉しい限り。

改めてだが、自ら中心者バンドで曲作りの上手さが生かされてるねって思ふ。

※自覚的にはボーカリストがリーダーのバンドやボーカリストのソロ・プロジェクトを割と贔屓にしがちらしい。
元々は白蛇だし、U.D.O.、ONE MAN ARMY AND THE UNDEAD QUARTET、HALFORD…etc。Lance Kingも次のソロ待ち。

これは歌い手が歌い易い、謡いたくなる作曲が可能(意思・意向を反映し易い)なのかもで、そういう所も大きいんじゃないかと想像してます。

*********
所で、OVERKILLの新曲チェック。

OVERKILL - Our Finest Hour (OFFICIAL LYRIC VIDEO)


キテル。来過ぎてる。

来年にアルバム出るのかな?出たら絶対買うことでせう。

P.S.
ニットものを取り出して洗濯した。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:50  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.19 (Tue)

熱きHeartにヒヤっとBrain。

干し物がソッコウで乾いていきますね。

そんな夏の今、AbemaTVをオンにしている状況が多いのですが、中でもドキュメンタリーやスポーツのチャンネルがヘビロテ。

(『ナショジオアワー』がオキニ。あと、Red Bullのエクストリーム・スポーツなども。)

数日前から23時台~ジャパニーズホラー流しているっぽい。

そして、Netflix。

シーズン的にはホラー/スリラー系に寄りたくなるのですが、
これまで『エスター』『遊星からの物体X ファーストコンタクト』『恐怖ノ黒電話』『インシディアス』『インシディアス 第2章』『ぼくのエリ 200歳の少女』『NY心霊捜査官』辺りは、既に鑑賞済。

『スクリーム シーズン2』等のドラマはイッキ観したいので、時間取れる時に~と。

数日前に配信開始された『ストレンジャー・シングス 未知の世界』も、(ちょい観のプロモだけでも)かなりソソるので是非チェックしたい。

でも、ホラームービーでリアルにゾクゾクっとするのって、実は少ない。

後味の妙に気持ち悪い感じならば、10年以上前に観た『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が残っていたりするけど。

***************

この時期。やっぱりDjentが聴きたくなるんですよね。

***************

PARADOXの新作「PANGEA」。

よいっ。

安心の高クオリティ。音が緻密。【メタル贅沢】感、著しい。

「格好いい」にも様々な系統、タイプ、趣きがあって、例えばDESTRUCTIONから受ける「格好いい」とも異なるが、PARADOXPARADOXで確実に「格好いい」と。

前にも書いたようにチャーリー・スタインハウアーの有機的なボーカルが結び付くと、PARADOXならではの「熱くて」「怜悧」なパワーメタル/スラッシュ…持ち味が生まれるものだと、再確認。

不撓不屈の人に今後も陰ながらエール送りたく思います。

P.S.
冷え茶。美味し。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : PARADOX

00:10  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.12 (Sun)

再び。菖蒲&八国。

「観測史上最も暑い」とか「猛暑になる」の文字列を見る度に、見なかった事にしたい私です。

さて。
4日の土曜に、開催初日の菖蒲まつりに。

始まり間もなくだったからであろうか、開花状況はすこーし物足りなかったような。蕾のままがちらほら。
syobu_02.jpg

ですが、やはり風情。格別。
syobu_01.jpg

syobu_03.jpg

行ってないから何とも言えんが、多分この土日には大分進んだのでは、と。最終日の19日頃には満開を願ふ。

さくっと花を見終わってからは、八国山へ。
hachikoku_001.jpg
時折、ハイカーさん、ランナーさん、犬の散歩連れさんと行き交う。

hachikoku_02.jpg

いつか来た道。(来たハズ。)
hachikoku_03.jpg

将軍塚目指したので1kmは確実に歩いたであろう。(自慢できる距離ではない。)

でも、森林浴に最適なのす。有難や有難や。

P.S.
最終戦、快勝したので。めげない。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

23:55  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.29 (Sun)

兄貴たちの闘魂。

確か先々週の土曜日はかつしかFMの「MUSIC LINE」(~懐かしの洋楽ノンストップ~)流してて。

「お!フォリナーの“Say You Will”かかってるじゃん。」と喜んでいたら、曲の途中でCMへ。

一瞬、「あ~この後がいいトコロなのに…」と狼狽えようとも、CM明けに途中から曲再開してくれるのだから不完全燃焼免除。(そこがいいトコロ。)

いきなりの流れとなりますが、GW中に新宿にちょっとだけ寄ったので。暫く南口の方は彷徨ってなかった。

噂のバスタ新宿。


バスタの最上階。

(※少し加工してます。)
最上階にバスがいるって、なかなか異空間な感じではあった。(ひゅー)

昔、毎日この辺りを通り過ぎていた身としては感慨も深い。

************

DESTRUCTIONの新作「UNDER ATTACK」、バリ聴いてます。

「よくぞこれだけヒネりのアイデアが汲み出し続けられるものだ…っっっ(尽きないなーーー)」

兄貴達にはもう(とっくに)尊敬しかないのですが。そのヒネリがとんでもなくイカシているので。

もっちろん、タイトル曲から突進スタートの#1~4のスラッシュ&ドラマティズムにもぐぐぐっと極まれりだが、#5~ラストまでが「こんなカッチョいいコトってあるのかしら~かしら~」の【音花火】。

誤解を恐れずに言えば、ここ近年作でも自分的最強スルメくだり。タタミカケ。
(って、早くも言い切っちゃうテンション。)

スペシャル感満載のタタミカケだが、秀逸なのは“Elegant Pigs”の歌回しとか。超・Cool。

今年はスラッシュのベテラン勢が、まさに「勢」、勢いバリ増しての力作をぶつけて下っているので。

「勇み心」預かっちょります。

闘魂は続くよ。

P.S.
簡単じゃないのは解っているのだが、女子に続いてほしい。バレー。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : DESTRUCTION

23:55  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.02 (Mon)

PARKはサイコー。(多摩湖周り)

こちらに越してきてから10年以上になります。

北山公園~八国山には菖蒲まつりの開催時期に何度か行っているが、何故か多摩湖周りは未踏だった。

折角遠くない所に住んでいる有難みに(遅ればせながら)気づいた所もあって、土曜日に狭山公園へ。

うむむ、、、

こんな素晴らしい場所がご近所さんだったとは…

いや、北山公園を初訪問した時も相当に感動したのだが、、、

狭山公園も相当に・相当にぃぃぃ良い!

堤防に沿った細長い敷地は勾配があって、私らも俄かサイクリングしたくなったし、サイクラーにも人気あり気というのも頷ける。

特に、入口付近の公園の起伏を一望出来るViewにジワった。(んが、撮り忘れた…)

…代わりと言ってはなんですが、入口の近くではある画。奥の石垣向こう側が湖。
parkinai_001.jpg

堤防からの多摩湖の眺め。
tamalake_01.jpg
tamalake_02.jpg

到着時はまだ雲が多かった。その内、太陽が。
tamalake_03.jpg
※この画、実際は手前にサイクリストな方達が写ってましたが、画像編集処理で。(プライバシー保護)

《日本一美しい取水塔》と看板あり。
他の取水塔を見ていない&熟知してないので何ともだが、きっと看板に偽りなしだろうと思わせる。
syusuitou_01.jp

園内にある十二段の滝。多摩湖の余った水を流すためのものとの事だが、普段(今?)は流れていないのかな。
12taki_01.jpg

こちらも園内にあるたっちゃん池(宅部池)。水面に反映した緑が美し。
tacchan_ike_01.jp

飛び石的な連休前半、心身の保養させてもらいましたyo。

P.S.
レッドブル X-Alpsの放映がまた観たいです。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

22:00  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.22 (Fri)

悲しいなあ。

どれだけ才能の塊みたいな人だろうって、この間もNetflixのライブフィルムを観ていて圧倒されていたのだけど。

スター、間違いなくスター。

さっきも歌って、弾いて、踊りまくる、眩しいばかりの映像を観なおしていて。

でも、もう。

というのが、ざわざわ立ち上ってきて。

あーあ。

悲しいなあ。

悲しいんだけども、

殿下、本当に、本当に有難うございました。

これからも時折、大事に聴かせてもらいます。
23:55  |  メタル雑的雑談(想い語り・余談・閑話etc)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT